誰もが憧れるように私にとっても憧れの鳥だった。このときは静かな林の中,この鳥を独り占めだった。