盃山をひと回りして降りると,馬見ケ崎川に出る。冬はやや下流側にコガモがいつもいる。この日のコガモは凍るような寒さの中,冬の昼なお低い陽を浴びて,浮かんでいた。