« 蕪栗 2022/06/04 | トップページ | 蒲生-大沼 2022/06/13 »

2022/06/25

伊豆沼 2022/06/04

12:30-16:00 晴れ

 午前中,蕪栗沼でツルシギを見ることができなかったので,午後から伊豆沼に行ってみた。
 以前同じように動いて,幸運にも至近距離から黒くなったツルシギたちを見た経験があったからだが,柳の下にドジョウは2匹いなかった。
 しかし,蕪栗沼同様,伊豆沼でも思いがけない出会いが続いた。

 伊豆沼に到着して,伊豆崎のヨシ原の隙間から小さな湾になっている水面を覗き込んだ瞬間…,

220604-22982 220604-23006

 目の前をふわりと大きな影が舞い降り,しばらく水の中にいた後,大きな魚を掴み,飛び去って行った。

220604-23029 220604-23059

 持っていったのは,こんなに大きな魚。

220604-23122 220604-23262

 重さがどのくらいかわからないが,すごい揚力と爪の力。
 片足でぶら下げることになっても落とすことなく,掴みなおして飛んでいった。
 軍用機(V-22)の愛称の「オスプレイ(Osprey)」は,ミサゴの英名だが,こういう姿をイメージして命名されたのかもしれない。

 初っ端からすごい場面と出会ってしまった。
 伊豆沼というフィールドの奥深さ。凄さ。

 近くの電線ではツバメの巣立ち雛たちが親に餌をねだっていた。

220604-24660 220604-24741
220604-24752 220604-24760

 巣立っても親に甘えるのは人間と一緒。

 まずは,落ち着いて伊豆沼農産でハムやソーセージ,赤豚の肉,米,野菜などを購入し,持って行ったクーラーボックスに入れる。
 欲しかった納豆を買い忘れてしまったのが残念。次は忘れないようにしないと。

 買い物の後,伊豆沼北岸の土手を車で流していると,なんとクロハラアジサシたちの小さな群れが水上を舞っている。
 すぐに遠ざかっていったが,飛んで行った方を確認し,当たりを付けて探してみると。

 いた。

220604-26068 220604-26401

 いた,と言える嬉しさよ。

220604-26724 220604-25874

 5/22の鳥の海この日午前の蕪栗沼に続いて,今季3度目の出会い。

220604-32145 220604-26782

 いたのは遊覧船の船着き場の杭の上。

220604-26846 220604-27296

 山ほど写真を撮ってしまったので,そのほとんどをここに置けない状態になってしまったが,アジサシ類お得意の伸び伸びポーズは外せない。
 気持ち良さそう。

 杭の上では,こんなおちゃめな格好も見せてくれた。

220604-25771 220604-27070

 おっとっと。バランスを崩してしまったかな。

220604-32168 220604-32090

 ここがお気に入りの場所だったようで,魚を捕りに周辺に出かけても,すぐに戻ってきていた。

220604-31380 220604-31386

 皆,杭は高い方が好みなのか,この杭をめぐって何度か攻防が見られた。

220604-32259 220604-32268

 上に乗りそうな感じもしたので,恋の行動をするのかな,と,ちょっと期待してしまったが,何のことない,ただの諍い。

220604-32270 220604-32273

 後に来た方が奪い取れず。
 元々ここにいた子が再び定位置に戻る。

220604-32314 220604-32316

 この瞬間,翼と尾羽を広げた。
 1枚1枚の白い羽根の重なりがとてもきれい。
 お腹の黒とのコントラストも美しい。

 かわいい赤い脚がよく見える画像も残しておこう。

220604-27328 220604-26227

 美しくカッコ良いアジサシ類だが,めんこさは脚にある。
 よく見ると,小さな脚にしっかり水かきがある。

220604-31807

 蕪栗沼では水上を低く巡回するように飛び,水上にある何かをついばんでいたが,ここでは普通にダイブしていた。
 ヨシが邪魔をして飛び込む場面を撮れなかったのが残念だったが,飛翔の姿も堪能。

220604-28522 220604-28549

 翼の先が尖った鳥は,W型になっている飛翔形も押さえておかないと。

220604-28748 220604-29182

 ヨシの向こう側の水面を狙っている姿。

220604-31619 220604-31750

 水面バックの飛翔。

220604-32245 220604-32194

 群れは全部で7羽。
 うち6羽はクロハラアジサシで,1羽はハジロクロハラアジサシだった。

220604-30511 220604-30535

 ハジロクロハラアジサシは,気が付いたらそこにいた。

 頭にヘッドホンをした冬羽とは会ったことがあったが,夏羽とは初対面。
 これまでも来ていたのだろうが,少数が通過する鳥なので,出会いは運任せ。ここにこの時期に行けば会える,という鳥ではない。
 黒い体に白い翼の美しい姿は,憧れの姿で,たぶん自分は一生会えないだろう,と思って諦めていた。

 そういう鳥が,いた。

220604-32498 220604-32523

 こういうときって,歓喜で興奮しまくると思いきや,人間って,あまりに思いがけないと,心が現実に追いつけなくなる。
 会いたくて会いたくて,会いたい気持ちが募って,狙って,探して,見つけたときの爆発するような嬉しさ,興奮はなかった。
 一途にじっと見るのみ。

220604-32539 220604-32572

 恋していた女性に振られ,すっかり諦めた後,思いがけず逆告白されてしまったときのような感じか。
 経験はないけど。

 一度飛んだが,じっとしているとまた飛んできて,目の前の竹にふわりと止まった。
 
220604-32616 220604-32617

 と思ったら,また飛んでしまった。

220604-32680 220604-32681

 ユリカモメやズグロカモメは頭だけ黒くなるが,この子は体全体が黒くなる。
 白い翼と黒い体の対照。

220604-33031a 220604-33074

 長年夢見ていた美しい姿が,現実に,目の前にあった。

 こちらに向かってくる姿。
 大サービスだ。

220604-30573 220604-30578

 Wの悲劇ならぬ,Wの歓喜。

220604-32993 220604-33263

 ♪ もう 行かないで~ そぉばにいて~ ♬

 夢のような時間だった。

 アジサシたちを見ている間,またもや魚を持っているミサゴが現れ,悠然と飛び去って行った。

220604-31083 220604-31217

 この日は,クロハラアジサシとハジロクロハラアジサシなどでお腹一杯になったので,もう帰っても良いかな,と思いつつ,一応は内沼の方も眺めながら一周してから帰ろう。

 と,内沼に寄ったら,この光景。

220604-33806 220604-33890

 なんと,ここに写っているのだけでも12羽のセイタカシギ。
 ここに12羽いるとき,道路を挟んで反対側の田んぼにもいた。

220604-34686 220604-34877

 上の画像には計3羽しか映っていないが,遠くの方にもう1羽いて,こちらには計4羽。

220604-34720 220604-35003

 最初の12羽と合わせて,計16羽ものセイタカシギが入っていた。谷津並みの数だ。
 12羽の集団の方では交尾も行われていたようだ。

 田んぼの方にはケリもいた。

220604-34102 220604-35373

 3工区を探してもおらず,がっかりしていたが,ここにいた。
 現場で教えていただいた方に感謝。
 その場では気づかなかったが,写真を見ると,幼鳥もいたのかな。

 何といっても,ケリは,飛翔の姿が美しい。
 これを見ずしてケリを見たことにはならない。

220604-34899 220604-35043

 気が強く,トビにでも突っかかっていくので,飛ぶ姿を観察するチャンスは多い。
 ただ,お願いだから,セイタカシギとは仲良くやってほしい。

 セイタカシギは交尾していたようだが,ここでの繁殖の可能性はどうなんだろう。

【観察できた鳥】
ウグイス,ハシボソガラス,スズメ,オオヨシキリ,ミサゴ,ヒヨドリ,トビ,カンムリカイツブリ,キジバト,ツバメ,シジュウカラ,ムクドリ,キジ,ヒバリ,クロハラアジサシ,ハジロクロハラアジサシ,ハクセキレイ,アオサギ,ダイサギ,セイタカシギ,ケリ,カルガモ (22種)

(その他画像)
220604-23542 220604-23575 220604-23630 220604-23771 220604-24032 220604-24248 220604-24534 220604-27570 220604-24013 220604-24281 220604-24364 220604-24375

 

« 蕪栗 2022/06/04 | トップページ | 蒲生-大沼 2022/06/13 »

0501 宮城県/伊豆沼」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蕪栗 2022/06/04 | トップページ | 蒲生-大沼 2022/06/13 »