« 八戸港周辺 2019/03/31 | トップページ | 松川浦 2019/12/27 »

2019/10/17

蒲生‐大沼 2019/04/05

08:30-12:30 快晴

≪蒲生≫
 ハクセキレイ,ヒバリ,ツグミ,シロチドリ,カルガモ,ハシボソガラス,ハマシギ,マガモ,メダイチドリコチドリ,ウミネコ,スズガモ,ヒドリガモ,ホオジロガモ,トビ,カワウ,ハシブトガラス,コガモ,オオジュリン,オナガガモ,カワラヒワ,オオセグロカモメ,ツグミ(亜種ハチジョウツグミ?) (23種)

≪大沼≫
 ノスリ,ハクセキレイ,コガモ,ハシビロガモ,オオバン,ヒドリガモ,オカヨシガモ,ツグミ,ヒバリ,ムクドリ,コチドリタカブシギ (12種 +イタチ)

≪赤沼≫
 コガモ,カルガモ,マガモ,コチドリ,ダイサギ,スズメ(6種)


 この日は,シギ・チドリの春の渡りをチェックするために蒲生干潟へ。
 
 シロチドリはここが繁殖地。

1904050927 1904051075
 
 渡りかどうかは微妙なところ。
 
1904051328 1904051352
 
 窪みにはまってじっとしている姿が観察できたが,何をしていたんだろう。
 もしかして,隠れているつもり?
 そういえばミユビシギもこのように窪みにはまるのが好きだ。
 
 コチドリもここで繁殖する。

1904050369 1904050445

 シロチドリはほぼ周年観察できるのに対し,コチドリは観察できなくなる季節がある。

 そして,お腹がゴマまだらになったハマシギも。

19040507821904050634

 これからゴマ同士がつながって黒くなる。
 季節限定で腹黒くなるヒト。

 飛んだ。

19040500171904050246

 翼のパターンが見えた。

1904050249 1904050250

 ハマシギの向こう側に見えたのはメダイチドリ。

1904050268 1904050299

 1羽だけ。
 最初いなかったのが,来て,まもなく,いなくなった。
 まさに通過。

 シギチ以外では,亜種ハチジョウツグミっぽいツグミが入っていた。

1904051211 1904051220

 同じようなのが2羽いたが,撮影できたのは1羽だけ。

 この日は快晴で,空にはヒバリがにぎやかにさえずっていた。

1904050055

 農業センター脇の大沼に移動すると,ここにもコチドリ。

1904052015_20191014085201

 思いがけず,タカブシギも。

1904052145 1904052017

 タカブシギは内陸性のシギなので,海に近い蒲生干潟で見た記憶はない。
 以前は,岩沼や亘理の田んぼでよく見たが,震災時の津波で田んぼが壊滅して以来,復旧後も田んぼ回りがしずらくなり,どこに探しに行けば良いのかわからなくなっていた。
 なので,ホントに久しぶりに出会うことができた。

 この冬,大沼にはハシビロガモがどっさり入っていたが,まだ少数が残っていた。

1904052190 1904051476

 上の左側の写真に写り込んでいるのは震災時の津波でやられたフェンスの残骸か。
 ハマシギの翼のパターンを掲載したので,この子の分も。

1904051407 1904051422

 翼鏡は緑色。

 オカヨシガモもまだ残っていた。

1904051497

 最後,この近くの赤沼もちょこっと覗いてみると,ここにもコチドリがいた。

1904052231_20191014090601 1904052260

 この日はコチドリの群れがこの周辺を渡っていたのか。
 コチドリはこの周辺でも繁殖するが,この子たちが居つくかどうかは不明。

« 八戸港周辺 2019/03/31 | トップページ | 松川浦 2019/12/27 »

0503 宮城県/蒲生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 八戸港周辺 2019/03/31 | トップページ | 松川浦 2019/12/27 »