« 羅臼 2019/03/23 | トップページ | 竜飛 2019/03/29 »

2019/08/27

羅臼~紋別 2019/03/24

晴れ

 前夜泊まった羅臼の宿は,部屋から海が見えた。

 清新な気持ちになる夜明け。

A40a0014

 海が大好きなので,部屋にいながらにして海を感じることができるのは最高の幸せ。
 
 運よく晴れていたので,朝日を拝むことができ,

P3241222

 手前にはオジロワシが佇んでいた。

1903240096

夜明けの海を出勤するウ。

Sp1903240003

 オオセグロカモメに,

1903240053

 カモメ。

1903240061_20190824060701

 さて,出発。
 と思って外に出たら,昨夜の雪が車に積もってガッチガチに凍っていた。

P3241301 P3241316

 車の雪を下ろしてエンジンをかけると,表示された気温がマイナス7℃となっていた。
 南の方では桜が咲き始めているこの時期,こちらはまだこんなだ。
 なぜか嬉しくなる。

 さて,羅臼を出発後,斜里 ,網走を経て,紋別まで海沿いを回ったのだが,この日は,寂しいことに丸1日何も特筆するべきことがなかった。

 最後に行った紋別のオホーツク流氷科学センターでクリオネを見て,今回の遠征を締めることとなった。

P3241380 P3241383 

 今回の遠征はコオリガモの黒い姿を見ることと歯舞漁港からの船に乗って根室半島沖の海鳥を見ることが目的だったが,どちらも叶わず。
 成果と言えば,標津漁港でビロードキンクロ♂を至近距離から堪能できたことと知床でオオワシのワシ柱を体感できたことくらい。
 良いことも少しはあったが,全般に低調な遠征に終わってしまった。
 あまり考えずに突撃してしまったのだが,もっと事前に情報を集めてから,もう少し慎重に動くべきだったかもしれない。

 いつもながらの反省。

 ちなみに,帰りの航路も,特筆するべき成果はなかったので,記録は省略。

 

« 羅臼 2019/03/23 | トップページ | 竜飛 2019/03/29 »

0004 北海道/道東」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 羅臼 2019/03/23 | トップページ | 竜飛 2019/03/29 »