« 苫小牧研究林 2019/03/21(4) | トップページ | 標津漁港 2019/03/22 »

2019/05/28

苫小牧研究林 2019/03/21(5)

08:00-12:00 曇り

 この日の記事として,これまで,シマエナガ,ホオジロガモ,クマゲラなどについて書いてきたが,今回が最終。

 ブラキストン線の南側では,メジロはごくごく普通に見られる鳥なので,いても撮影対象にしない人も多いと思うが,北海道ではメジロの扱いが違っているかもしれない。
 
 1903213023 19032133054

 この日,メジロは,研究林入り口に近い所の高木でぐぜっていたほか,園内を流れる川と遊歩道が交わる場所にずっといて,そこに人が何人か集まっていた。

19032133070

 このメジロ,この木から染み出てくる樹液をさかんに舐めていた。
 甘い樹液を出すカエデの仲間の木だったのかな。
 
 ここであまり見ない鳥としては,キクイタダキも,この日はあちらこちらで目にすることができた。

1903212594

 この鳥はいつも針葉樹にいるが,なぜなのかよくわからない。
 食べ物に関係しているのか,それとも,安全に関係しているのか。
 ただ,常緑の針葉樹にいると,葉の緑とこの体色がよく合って,きれいなのは確か。

 ♂は,繁殖期には頭頂にある菊の花を開いて,中のオレンジ色を見せてくれるが,この日は残念ながら,閉じたまま。

1903212609

 オレンジの花は,トクサツガガガ(NHK名古屋放送局)のダミアンが吉田さんにトゥクン♡としたような恋に落とす秘密兵器。
 秘密兵器なので,日頃,滅多に見せるものではない。
 
 シマエナガと同じように,この鳥も珍しく地面に降りていた。
 いつもは針葉樹の高い所にいることが多い鳥だが,この日は,発生していた小さな虫を食べるため,地面に降りてきたのだと思われる。
 
1903212284 1903212286

 この写真も頭頂がよく見えるが,オレンジ色がちょっとも見えない。
 もしかすると♀だったのかな。

 1か月ちょっと前の2月9日に来たとき,キバシリをたくさん観察できたが,この日もたくさんのキバシリと出会うことができた。

1903211606

 上は,太い木にちっぽけなキバシリが張り付いているところ。
 ちっぽけでもけなげに生きている姿が愛おしさを募らせる。

 ゴジュウカラと異なり,キバシリは下に移動できないので,ある程度上の方まで行くと,別の木に飛び移ることとなる。

1903211209

 下に移動できない,とはいえ,頭を上にした姿勢ばかりではない。

1903212641 1903212662

 餌を取るためには下だって向く。

 虫がだいぶ発生してきていたので,やはり虫を食べていた。

1903212664 1903212667a

 食べたあとの満足したかのような表情。

1903212669

 写真で瞬間瞬間を切り取ると,キバシリはこんな表情を見せることが多い。

 常連メンバーのアカゲラ(亜種エゾアカゲラ)は,この日も観察できた。

1903211516

 そして,こんな格好も見せてくれた。

1903211565

 鉄棒につかまって逆上がりをしているよう。
 人間だったら腹筋が辛いと思うが,このヒトはどうなのか?

1903211574 1903211575

 地面に降りている所も見たことがあるが,鉄棒運動のようなこともやるとは…。
 意外に器用なことができる鳥だった。

 ハシブトガラやヒガラは,いつきても観察できるここの住人。

1903211434

1903212761

 毎回出迎えてくれるめんこい鳥たち。 
 いつもありがとう。

 あ,そういえば,ルリビタキもまだここに残っていたっけ。

1903211317

 さて,ここはお昼まででお終い。

 車に戻ると,その辺にハシブトガラス。

19032133131

 北海道のハシブトガラスは本州とは何か違うような気がする。
 ここにいるのは皆賢そうで温和だが,別のところにいるのは,ずる賢く狂暴なのもいる。
 群れの中の1羽に悪意のある目で睨みつけられ,その直後,糞爆弾を食らったこともある。
 人間を下に見ているのではないだろうか。

 午後からは空路で道東に移動する。

 まだ雪が残っていたが,なんと,水芭蕉がもう咲いていた。

1903210799

 福寿草も春の訪れを告げる花。

1903213120

 東日本大震災が発生したのは3月11日。
 仙台はちょうど福寿草が咲き始める時期だったので,この花を見るたびに思い出す。

【観察できた鳥】

ホオジロガモ,マガモ,ホシハジロ,カケス,シジュウカラ,メジロ,ハシブトガラス,エナガ,クマゲラ,アカゲラ,ヒガラ,ハシブトガラ,ヤマガラ,ヤマゲラ(?),キバシリ,ヒヨドリ,トビ,キクイタダキ,ツグミ,

« 苫小牧研究林 2019/03/21(4) | トップページ | 標津漁港 2019/03/22 »

0003 北海道/道南」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 苫小牧研究林 2019/03/21(4) | トップページ | 標津漁港 2019/03/22 »