« 鳥の海 2019/02/10 | トップページ | 蒲生 2019/03/09 »

2019/03/22

大沼‐赤沼 2019/03/09

12:00-13:00 晴れ
 
 蒲生に行った後,大沼方面にも,ちょこっと寄ってみた。
 大沼は,相変わらずハシビロガモがたくさん入っていて,2月に来たときと同じように,ぐるぐるパフォーマンスをしていた。
 密集してぐるぐる。

1903090014_3

 大勢でぐるぐる。

1903090785

 あら。ふたりでも,ぐるぐる。

190309a0804

 ふたりだと効率が悪そう。

 洗濯機のようにぐるぐる水流を起こすことで,藻や昆虫,小魚,プランクトンなどを引き寄せて,幅の広いくちばしで漉して食べる。選り好みできるような食べ方ではないので,寄ってきたものは,何でも食べているのではないだろうか。

 このような食べ方はハシビロガモの専売特許。
 ぐるぐる回るから,古来,<めぐりがも>,<くるまがも>などの異名もあったようだ。

 このオカヨシガモは,ここではあまり見かけないが,この日は1羽入っていた。

190309a0876

 移動中なのだろうか。
 
 蒲生では出会えなかったダイサギは,こちらには,1羽だけいた。

1903090087

 季節が変わると亜種ダイサギが北に帰り,亜種チュウダイサギが戻ってくる。
 この個体は亜種ダイサギの方だろうか。
 足の色がピンク色になってきている。

 コガモもまだいて,天気が良かったので,とてもきれいに見えた。

190309a0716 190309a0739

 この前の蒲生の記事で,春を告げる鳥,と書いたツグミがここにもいた。

190309a0742 190309a0748

 カワラヒワの姿も春らしい感じ。

190309a0896 190309a0948

 近くの田んぼに移動すると,やっぱりツグミ。

190309aa1118 190309aa1123

 ムクドリの背景には,オオイヌノフグリが写り込んでいた。

190309a1115 190309a1059

 これが咲くと,もう春。

 帰り,寂しくなってきた赤沼の中では,ハシボソガラスがお辞儀しながら鳴いていた。

190309a0990 190309a1032

 この前に寄った蒲生では,ハシブトガラスがお辞儀しながら鳴いていたが,こちらの方が本家本元。
 

【観察できた鳥】

ツグミ,コガモ,ハクセキレイ,マガモ,オオバン,ハシビロガモ,スズメ,カルガモ,オカヨシガモ,ダイサギ,ヒバリ,ハシボソガラス,ムクドリ


<この日の昼食>

P3090064

 しぶき亭のカツ丼。850円也。

« 鳥の海 2019/02/10 | トップページ | 蒲生 2019/03/09 »

0510 宮城県/大沼周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳥の海 2019/02/10 | トップページ | 蒲生 2019/03/09 »