« 歯舞漁港 2019/01/04 | トップページ | 尾岱沼漁港 2019/01/05 »

2019/03/08

花咲漁港 2019/01/05

08:00-09:00 曇り

 この日は,道東の港を回って鳥見をする予定。
 一応,コオリガモやシロカモメが狙いにはなるが,何も出なくても,港回り自体が楽しみ。

 まずは,宿からほど近い根室市内の花咲漁港へ。

 

 ここに前回来たのは2011年1月24日だから,震災の2か月と22日前だった。

 あのときは,港内にチカがたくさん入ってきていて,大勢いた釣り人たちが,バケツ単位で大量に釣り上げていたのと,チカを追いかけて入ってきたのか,ゴマフアザラシもいたのが印象的だった。
 
 この日は,前回来たときと比べると釣り人の姿がとても少なく,少しさびしい雰囲気。
 港内の水面に浮かんでいたのは,クロガモ。

1901050003_2

 前日と異なり曇天模様だったが,くちばしのオレンジがいつもどおり鮮やか。

190105a0112

 そして,前日出会えなかったコオリガモが入っていた。

 コオリガモは,尾の動きがとてもチャーミング。

190105a0179

 上の3羽中,真ん中の個体だけ尾を立てている。
 ボディガードに挟まれた大統領のようだ。

 下の個体は尾を水面に浸けて時計回りに回っているところ。
 尾が弧を描いている。

190105a0319

 くるくる回って,その後潜るのだが,潜水前に頭の毛をペタンと寝かせて,頭の形が変わる。

190105a0324 190105a0325

 長い尾が水面に円を描く。

190105a0328 190105a0329

 で,潜水。

190105a0330

 潜るときに長い尾だけが,ピロ~ンと,水面に立つように残る写真が撮れれば良かったのだが,タイミングが合わなかった。

190105a0331_2

 これもだめ。

190105a0209

 翼を広げて潜っている,ということは,ペンギンのように水中で飛ぶ,ということかな。

 これは少しましだが,美しくないなぁ。

190105a0262

 水面から尾羽だけ,もっと長く出ていて,水しぶきがもっと少ないのが良いのだがなぁ。

 ひとりだったら,ず~っと時間を忘れてこれを見ていたかもしれないが,同行者がいたので,適当なところで切り上げる。苦情を言う人ではないが,ほどほどにしておいた方が良い。

190105a0542_2

 寄ってくるシノリガモ。

190105a0695_2

 これは何だっけ?

190105a0270


« 歯舞漁港 2019/01/04 | トップページ | 尾岱沼漁港 2019/01/05 »

0004 北海道/道東」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歯舞漁港 2019/01/04 | トップページ | 尾岱沼漁港 2019/01/05 »