« 船橋海浜公園 2018/12/01 | トップページ | 大潟村 2018/12/29 »

2019/03/01

大潟村 2018/12/28

14:15-15:10 地吹雪時々曇り
 
 年末の恒例となった大潟村参り。
 大潟村のハクガンやヒシクイのほか,男鹿半島南磯の海鳥や行き帰りの仁賀保,象潟のカモメ類などが楽しみ。
 
 今回は,天気予報が最悪だったので,途中,雪の事故で通行止になる可能性がある。
 仁賀保,象潟に寄るには月山越え~酒田・象潟ルートになるが,通行止になったときの迂回路がないので,東北道~秋田道を選択。寄り道せず,直接大潟村に行くこととした。
 
 自動車道でホワイトアウトになる怖い思いをしたくないので,日が昇ってから自宅を出発。(朝のさらさら雪をトラックなどに舞いあげられると,前が全く見えなくなる。それがまだ暗い時間帯だと最悪。目隠し運転状態になる。)

 しかし,案の定,東北道で事故が頻発。東北道で通行止が重なり,一般道に降りても自動車道から逃げた車で渋滞。
 午前11時頃に到着するつもりが,現地に着いたのが午後2時過ぎとなってしまった。

 現地も,雪と風で地吹雪状態だったが,秋田のこういう天気の日は,ときに雪・風が止んで穏やかになり,また,ときに晴れ間も見えることがある。

1812280040

 今回は,猛禽や冬小鳥を捨て,ハクガン一本に絞っていたが,走り回ってもなかなか見つからず,もどかしい思いが募る。

 しかし,まもなく,木々の向こうに飛んでいる姿が見えた。

1812280245

 昨年もそうだったが,大学の農場に入っていたようだった。

 ここは,以前から猛禽や小鳥類で楽しめた場所だが,ハクガンも入るようになった。

1812280292

 数羽から30羽程度が飛来していた頃は数を数えていたが,もう数え切れなくなってしまった。
 
 シジュウカラガンもトキも人の手で羽数回復が実現しているが,ハクガンもそう。ここまできたのは,力を尽くしてきた方々のおかげ。ハクガンは民間レベルだから,なおさら凄い。

1812280655_2

 ネット情報によると,前年期で約470羽日本に飛来してきたようだが,今年はどのくらい飛来してきていたのだろう。

1812280665

 嬉しいことに,右上がりで増えていく個体数。

181228a3084

 宮城や新潟でも観察できるようだが,個体数が圧倒的に多いのがここ。

181228a3109

 日本に来るハクガンの大部分がここで越冬するようだ。

181228a3283

 この日は,ときにどさどさと雪が降ってきたが,その中のハクガンも良いもの。

181228a3286

 きれい。

181228a3408

 真っ白な体と翼の黒のコントラストがとても良い。

181228a3450

 ひと昔前までは,ハクガンが複数いる場面を見られるなんて,夢のまた夢だった。
 それが,こんな情景。

181228a3584

 信じられないくらい幸せな気持ちになる。

 この日は,遅く到着してしまったので,1時間程度の鳥見となったが,入ってくる場所がわかったので,翌日はゆっくりと楽しもう。

181228a3606


 

« 船橋海浜公園 2018/12/01 | トップページ | 大潟村 2018/12/29 »

0205 秋田県/大潟村」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 船橋海浜公園 2018/12/01 | トップページ | 大潟村 2018/12/29 »