« 飛島 2018/10/13-14 | トップページ | 大沼 2018/10/21 »

2019/01/26

蒲生 2018/10/21

07:30-09:00 晴れ
 
 蒲生海岸は昔からサーフィンを楽しむ人が多かったが,向洋海浜公園の立派な駐車場ができてからは,さらに来やすくなったようだ。この日は大会があったようで,海岸も海もにぎやか。音楽を流して盛り上げていた。

181021a1260

 この方々は,ごみ拾いなどしている姿も見る。立派な人たちだと思う。

 この脇を,長靴履いた鳥好きの緑色のおっさんが通過し,干潟の方に向かった。

 砂浜には,いつものシロチドリとミユビシギ。

1810210865 1810210031

 砂の上を駆けるミユビシギ。

1810210781 1810210938

 地面から浮いている。

1810210825

 そして,ハマシギ。

1810210193_2

 寝ているようで,目を開けて,警戒を怠っていない。

1810210044 1810210069

 動き回っている姿も良いが,こういう光景も好き。

18102100774

 心が穏やかになる。

 下の子は,くちばしが砂で汚れているのが良い。

1810210200

 なんだろう。ハマシギって,東北の田舎の真っ赤なほっぺの女の子を連想させるような,めんこさがある。

 砂浜には,こんな足跡があった。

181021a1256

 犬の散歩をしていた人。大きめの鳥の足跡はカラスか。小さな目の足跡は上に写真を張ったシギたちのどれかか? もっとちっぽけな足跡もある。スズメかカワラヒワ?
 
 干潟の方には,今季,ずっといるダイゼン。

1810210316

 砂の中からゴカイを引っ張って食べる姿も面白いが,カニを食べる姿も楽しい。

1810210328 1810210332

 鳥の海で見たホウロクシギと同じように,カニを捕らえてすぐに食べるのではなく,砂をほろってから,食べる。

1810210352

1810210360 1810210361_2

 捕らえたカニを放り投げて砂をほろうので,逃げられないかと心配になる。

1810210632 1810210638

1810210645

 下の写真を見ると,カニが半分にちぎれている。

1810210652

 砂をほろうだけではなく,小さくして飲み込みやすくしている。

 光の塩梅が良かったので,きれいな写真を何枚も撮影できた。

1810210669

 シギチのほか,震災前,広大なヨシ原が広がっているときには,山ほど入っていたオオジュリンも,この日,観察できた。

1810210323

 ヒヨドリの渡りも。

1810210737 1810210742

« 飛島 2018/10/13-14 | トップページ | 大沼 2018/10/21 »

0503 宮城県/蒲生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 飛島 2018/10/13-14 | トップページ | 大沼 2018/10/21 »