« 福江島 2018/09/22 | トップページ | 福江島 2018/09/24 »

2018/12/20

福江島 2018/09/23

06:20-15:20  曇り
 
 朝早すぎるとまだ暗いと思って,現地到着を6時目安にして行ったら,なんと,前日観察していた場所は人で一杯。
 
 狭い場所で人の迷惑になるのも嫌なので,やむなく東側の岬先端に近い場所に移動。

P9220623

 移動すると,こちらは先客1人と私の2人だけ。
 後から数人来たものの,スペースを広く使って,ゆったりと観察することができたし,もしかすると,こちらの方が,より良いポイントだったかもしれない。

 岬突端に近いため,見晴らしが良いことに加え,渡っていくタカの姿をより観察しやすく,小鳥類も見やすかった。

Img_1043 Img_1045 Img_1046 Img_1049

Img_1054

 竜飛崎は,岬先端に防衛省の施設があるため,一部見通しが悪くなっているが,こちらの方は自然物だけで,見通しも良い。
 眼下には大瀬崎灯台が見えた。

P9220754

 以下にこの日撮影した写真を張っていくこととなるが,この日は,曇天だったため,光の条件が悪く,残念な写真が多くなってしまった。

 こちらのポイントは,小鳥類も観察しやすく,サンショウクイやコムクドリの大きな群れがこの周辺に溜まっていた。

 こちらはコムクドリの群れ。

1809232586

1809232561_2

 こちらはサンショウクイの群れ。

1809232820_2

1809232817 1809232836

 サンショウクイは,渡っていくのをためらうように何度か周辺を飛び回っていたが,一瞬,目の前に止まった。

1809232794 1809232813

 こんなに多くのサンショウクイを一時に見たのは初めての経験。

1809232941

 よく見るとコムクドリも混ざっていたようだったが,それにしても凄かった。

1809233017

 地図を見ると,この先は,中国・台湾方面になるのだろうか。
 いずれにせよ,白神‐竜飛間の距離どころではない距離が,陸と陸の間に横たわっている。たぶん,数百キロ単位の距離。
 一緒に見ていた方は,1羽たりと生きてたどり着けるとは思えない,と言っていたが,この鳥たちの幸運を祈らずにはいられない。

 また,この周辺に限らず,ここまでくる途中の道路にも,キセキレイがたくさん入っていたが,群れを形成するようにはなっていなかった。
 小鳥類の珍しいところでは,コウライウグイスが目の前を飛び,また,ハイイロオウチュウが前日にいた西側のポイント近くに入っていた。

1809236014

 残念ながら,コウライウグイスは撮影できなかったし,ハイイロオウチュウは遠かったが,多くの小鳥類がここを通過している,ということがわかった。
 渡りかどうかわからないが,ほかに,メジロやイカル,キビタキなどもいた。
 
 今年は,札幌の西岡公園でハリオアマツバメを堪能させてもらったが,この鳥も,何回か群れで姿を見せてくれた。

1809232216

 天気が良ければもっと良かったのに,と残念。
 
 さて,猛禽類。
 
 小鳥類が結構入っていたので,チゴハヤブサやハヤブサにとっては,絶好の狩場になっていたと思う。

1809235013

 ハヤブサは間違って前日の記事に張ってしまったが,この日の撮影が正解。

1809232393

 撮影した写真はなかったが,ハヤブサ属では,他にチョウゲンボウも飛んでいた。

 ハイタカ属では,オオタカとツミ。

1809234502 1809234178

 アカハラダカも飛んでいたようだが,私は確認できず。

 こちらのポイントは,海を背景に目線より下を飛ぶことも多かったため,上からの撮影もしやすかった。

1809234868

 出現頻度は低かったが,ミサゴも渡りだったのだろうか。

1809232638

 前日堪能したハチクマは,この日も,驚くほどの数を観察できた。
 
 タカの渡り全国ネットワークのネット上の記録を見ると,6時から9時までの3時間で855羽となっていたが,実感ではもっともっと飛んでいたように感じた。

1809230678 1809231127

 いずれにせよ,これまでのハチクマ人生では想像だにできなかった膨大な(!)数のハチクマを,この日も,体感できた。

1809234698

 そして,この日は,場所が良かったせいか,より至近距離を飛ぶハチクマも観察できた。

1809231757 1809233090

 幅広の翼と広い背中。

1809233109

1809233124 1809235243

 白い顔。♂成鳥の独特の風貌。

1809233603_2

1809235273 1809235294b

 黒い顔。

1809235807

 目線の高さをこちらに向かって飛んでくることも。

1809235964_2

 次の個体は,“そのう”が大きく膨らんでいる。
 ここは,カウントされた個体だけで,今シーズン1万5千羽を超えているが,これだけの数のハチクマが,長距離の渡りに備え,この周辺で栄養補給していることを考えると,すごいこと。

1809234454 1809234467 

 次の写真は,夕方,ハチクマが木に止まったところ。
 この日は飛ばないで,渡るのは翌日以降になると思うが,多くのハチクマに滞在され,栄養補給のために食われる方はたまったものではない。

1809235937_2

 何が食われているのだろう。

 海背景の,上からの写真も結構撮影していた。

1809231275 1809231338

1809231408 1809231462 1809231518 1809231672

 洋上を飛ぶハチクマ。

1809231951

1809232403 1809234558

 ここには限られた枚数しか張れないし,そもそも撮影したのも,飛んでいたハチクマのごくごく一部。

1809234681

 飛んでくるときは,どんどん続けて来るので,楽しいったらなかった。
 崖の下から湧いて出てくるようにして,洋上に多くのハチクマが同時に舞っているときも何度かあり,また,渡るのをためらって山々の上空を舞っていることも多かった。

P9220924 0931

P9220748 P9220750

 真上を多くのハチクマが旋回することも幾度となくあった。

P9220822

P9220883

 夢のような光景だった。
 
 なお,ハチクマの出が途絶えたとき,周辺の虫なども観察したが,ここはギンヤンマが多く飛んでいて,ナガサキアゲハやモンキアゲハの姿も見ることができた。モンキアゲハは最近仙台でも繁殖するようになったが,ナガサキアゲハは初見。撮影できなかったのは残念だったが,見ることができただけで幸せ。
 
 ギンヤンマについては,トンボを捕らえて貪り食っている場面を見ることができた。

 草むらで捕まえる。

P9220795

 私がいる近くに運んできて貪り食う。
 下にいるのがギンヤンマで,上にいるトンボが,食われている方。
 右側に食いちぎられた頭が転がっている。

P9220816

 この後,獲物を持って飛んで行ってしまったが,食い残しの頭だけが残っていた。

Img_1064

 トンボはこいつにも食われていた。
 きれいな虫だが狂暴な奴。アオメアブ。
 食っている,というより,体液を吸っている,と言った方が正確か。

1809235508_2

 食われているトンボを連張りしたが,トンボ自身肉食なので,常に,より小さな虫を自分のごはんにしている。
 
 こちらは普通種のアオバハゴロモ。美しい虫だ。
 こう見えてカメムシの親戚。

1809231067

 結構たくさんいた。
 
 チョウは,モンキアゲハなどの大きな黒いチョウ以外にもこんなのがいた。
 竜飛にもボロボロになったヒメアカタテハがいたが,こちらはヒョウモンチョウの仲間のようだ。チョウの仲間は,このように翅がボロボロになっても頑張って生きている個体を目にすることがよくある。

P9220857

 誰かをこの姿に重ねている,というわけではないのだが,いつも,こういう姿を見ると心を動かされる。

 こちらはトノサマバッタ。

1809235341

 私が育った秋田の実家近くには,ショウリョウバッタやクルマバッタは沢山いたものの,トノサマバッタがいなくって,テレビや図鑑などで見るだけの憧れのバッタだった。今住んでいる所には普通にいるバッタだが,いまだに出会うと嬉しくなるバッタ。
 このときも思わず撮影してしまった。
 前日午後に続き,この日も鳥を堪能。
 時間になると,別行動で島内観光していた妻がレンタカーで迎えに来たので,鳥見はお終い。
 宿に向かう。
 
 宿の料理は,きびなごの刺身を始め,地場のものがたくさん出てきて,とても美味しかったが,驚いて,また,嬉しかったのはこの漬物。

Img_1097

 左から,山形(温海)の赤かぶ漬け,次に仙台の長なす漬け,右端のも山形の漬物に似ている。遠く離れた五島列島でも,東北と同じような漬物があるのか,と思って,感激しながら聞いたら,これは地元の物ではない,とのこと。まさに,「そのもの」だった。
 
 そういえば,お酒は山形(鶴岡)の大山がデフォルトだったし,売店にも,山形のでん六豆が売られていた。山形とつながりがあるのか,それとも,山形商人の努力の成果か。

« 福江島 2018/09/22 | トップページ | 福江島 2018/09/24 »

9903 長崎県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 福江島 2018/09/22 | トップページ | 福江島 2018/09/24 »