« 蒲生 2018/09/07 | トップページ | 竜飛 2018/09/15 »

2018/12/07

竜飛 2018/09/14

14:00-16:00 晴れ

 9月中旬,竜飛では,ハチクマの渡りがピークになる時期。
 しばらく行っていなかったが,何年かぶりで竜飛に向かった。

 予定は9月14日から9月16日までの3日間。
 初日の14日は午後2時に到着し,竜飛岬の先端に登ったが,鳥見人が誰もいないさびしい状態。この日は,肉眼で見える範囲内では,タカも全く飛ばなかった。

Img_0736

 最短距離の白神岬がこんなにきれいに見えていただけに,残念。

1809140048

 タカは見られなかったが,北から渡ってきたと思われる鳥たちがいて,心が折れるのを支えてくれた。

 こちらは,ホシガラス。

1809140438

 初めてここにきたときも,ここにいて,居つきのハヤブサに捕食されてしまったのを目撃した思い出の鳥。何年もここで見ていなかったが,久しぶりに出会うことができた。

 もちろん,この鳥は,海の近くではなく,高山にいるのが普通の鳥。
 宮城県では,蔵王のハイマツがあるところに行かないと会えない。
 それが,こんなところにいて,人前をウロチョロしている。

1809140382

 ここで見るまでは,渡る鳥とは思っていなかったが,ここにいるということは,そういうことなのだろう。
 
 後ろの青は空ではなく,海。もっというなら,本州最北,マグロがいっぱいいる海。
 竜飛ならではの光景だ。
 間違いなく,このときは,このヒト,本州最北のホシガラス。

1809140031

 ホシカラスのほか,渡ってきた鳥では,コサメビタキが目の前に来てくれた。

1809140486_2

 色合いは地味だが,目がくりっとして,とってもめんこい鳥。
 写真写りが良い鳥で,写真のめんこさでは,鳥界ナンバーワンかもしれない。

 他にもいたかもしれないが,動かないでタカを待っていたので,目の前に来た鳥しか見ておらず,確認できた渡り鳥はこの2種のみ。

 この他には,ここ生まれと思われるシジュウカラ幼とホオジロ幼がすぐ近くをチョロチョロしていた。

1809140071 1809140242

 この日は初日なので,タカが見られなくっても焦りはない。
 明日がある。

Img_0719 Img_0720 Img_0725 Img_0727

Img_0741 Img_0744 Img_0746 Img_0749

Img_0753 Img_0762 Img_0763 Img_0764

Img_0765 Img_0768 Img_0773 Img_0774

Img_0777 Img_0794 Img_0811 Img_0814

Img_0835 Img_0837 Img_0846

 この日は車中泊。

« 蒲生 2018/09/07 | トップページ | 竜飛 2018/09/15 »

0105 青森県/津軽半島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蒲生 2018/09/07 | トップページ | 竜飛 2018/09/15 »