« 羅臼 2018/07/16 | トップページ | 野付 2018/07/17 »

2018/10/12

羅臼沖 2018/07/17

09:00-11:30  晴れ

 楽しかったシマフクロウの夜が終わり,新しい1日が始まる。
 この日は,羅臼港から,知床ネイチャークルーズの船に乗ることとしていた。 
 この船は,イルカ・クジラウォッチングの船で,乗る人たち全員それ狙い。時期的にはシャチも期待できるので,わくわく。楽しそうに会話する人たちが微笑ましい。
 私は,密かに海鳥も期待。
 出航してすぐに出たのがイシイルカ。

1807170001 1807170002

 苫小牧‐仙台,苫小牧‐八戸の定期航路でも,年中,よく見るイルカ。
 独特のイチョウ型の飛沫を上げ,水面下ギリギリを泳ぎ,姿はほとんど見えない。

 幸先は良かったのだが,イルカ・クジラの仲間は,結局,最初に出たこのイシイルカだけだった。

 一方,海鳥の方は,かなり楽しめた。

 まず,ドカン,と来たのが,ハソボソミズナギドリの群れ。

1807170040 1807170046

1807170073 1807170109

 定期航路でも,大きな群れが観察できるのだが,ここでは至近距離から観察できるのが全然違う。

1807170164_2

1807170198

 距離が違うと,迫力が違う。

1807170412

 遠くを飛ぶ大群を撮れば良いのか,近くの海面を飛び立つ個体を撮れば良いのか,嬉しい悩み。

1807170438 1807170574

1807170576 1807170625

 乗船客のうち,鳥目当ては私ひとりだけだったと思うが,誰でも,このような光景には心を動かされると思う。

1807170974

 盛期には,もっともっと大きな群れが見られる,というが,この規模でも十分。

1807171081 1807171139

1807171140 1807171142

 1羽1羽一体何を考えているのだろう。

1807171214_2

 至近距離,といえば,フルマカモメも近かった。

1807170739

 この船は,クジラ類を探すために,停船して,海中をソナーで調べるときがあるのだが,そういうとき,船の脇に寄ってきた。
 この船では,以前もこんなことがあった。
 この鳥は,どうも停まっている船の近くに寄ってくる性質があるようだ。漁船から魚のおこぼれをもらうことを学習しているのか。
 
 船尾の方にいることが多いようだ。

1807170759_2

 正面から見ると,独特の管鼻がよくわかる。

1807170776

 海鳥は,ミズナギドリやウミツバメなど,管鼻を持つものが多いが,フルマカモメの管鼻が一番目立って,立派。
 独特の形状の管鼻を,このような至近距離で見ることができるのは,羅臼沖ならでは。
 
 写真を見ると,このフルマカモメは管鼻が1本だが,以前,2本合わさったような個体とも出会ったことがある。複数の個体を観察して個体差なども楽しみたかったのだが,残念ながら,今回はこの1羽のみだった。

1807170880

 この個体は,よくいる黒っぽいタイプだったが,カモメのように白いタイプのフルマカモメとも,いつかは至近距離で出会いたいもの。定期航路では何度か観察できているので,いないことはないと思う。

 この他にも,次々に海鳥が出て,とても楽しめた。

 細かいのが浮いている,と思ったら,アカエリヒレアシシギだった。

1807171480

 ヒレアシシギも,定期航路では,アカエリヒレアシシギとハイイロヒレアシシギが混ざって,千単位,もしかすると万単位の群れを,普通に見ることができる海鳥。

1807171256_2 1807171503

 しかし,この海域では,小さな群れに分かれて,いくつか浮いていたのみ。

1807171457_3

 トウゾクカモメは1回飛んでいるのを見ただけだが,出会うと嬉しくなる鳥。

1807170660 1807170661

 こんなユニークな尾羽の海鳥はそういない。

 水が澄んでいて,波もそれほどなかったので,ウミスズメが潜水しているところも写真の端っこに写っていた。

1807171438

 海鳥の中ではもっとも可愛い鳥のひとつ。

1807170922 1807171423

 クジラやイルカの仲間は最初にイシイルカと出会っただけで,同乗の方々には残念な結果になってしまったが,海鳥は何かがずっと出続けてくれ,とても楽しむことができた。

 船長は,クジラやイルカをぜひとも見せようとがんばってくれたが,結果が出ず,乗船客以上に気の毒だった。以前と変わらず,うるさいほど口数が多く,おしゃべりな船長だったが,結果が出ず,モチベーションがすっかり落ちてしまった感じ。

 午後の便も予約していたのだが,沖では風があって海が荒れている,という理由で欠航。陸では,天気も良く,風もなく,洋上の風を見るアプリで確認しても,風がないようだったが,船長の判断なので,やむなし。

 残念。

【出会えた海鳥】

アカエリヒレアシシギ,ウトウ,ウミスズメ,トウゾクカモメ,ハシボソミズナギドリ,フルマカモメ


« 羅臼 2018/07/16 | トップページ | 野付 2018/07/17 »

0004 北海道/道東」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 羅臼 2018/07/16 | トップページ | 野付 2018/07/17 »