« 蔵王刈田岳 2018/07/01 | トップページ | 苫小牧演習林 2018/07/13 »

2018/09/13

仙台‐苫小牧航路 2018/07/13

04:30-09:30 曇り → 濃霧
 
 この3月,30年以上勤めてきた職場を一旦卒業したので,これまで我慢してきた北海道をゆっくり満喫しようと,仙台港から船に乗った。
 北海道には,この13日から21日までの滞在予定。
 
 まずは,振り出しの航路鳥見。
 デッキに雨水が溜まっている状態ではあったが,雨は上がったようなので,何とか鳥見はできそう。

180713_0483

 この日は,雲が厚く,光に乏しい暗い状態がなかなか解消せず。さらに,9時半頃からは濃霧が立ち込め,鳥見を中止せざるを得なかった。
 条件はあまり良くなかったが,雨がザーザー降っていたり,最初っから霧が立ち込めているよりは,ずーっと,まし。デッキに立てただけでも幸運。

 しかも,今回は,久しぶりに,本当に久しぶりに,黒いウミツバメがたくさん飛んでいるタイミングにぶつかった。
 何年も何年も昔,デッ キのすぐ下をずっと飛んでいたことがあったが,それ以来。
 今回は,すべての個体が遠く,ケシ粒のようだったが,個体数はかなりのものだった。

1807132231_2

 群れで浮いていることもあったが,基本的には1~2羽ずつ,ずっと遠くを飛んでいた。

 条件が悪かったので,まともな写真は1枚も撮影できなかったが,ドキドキもしたし,かなり興奮した。来年もこの時期に乗ってみたい,と思わせるほど。
 写真に写っているのは,クロコシジロウミツバメかコシジロウミツバメかのどちらかだと思うが,腰の白い部分に線が入っているように見えるので,コシジロウミツバメの方と思う。

 ハイイロウミツバメも観察でき,撮影したが,こちらもこんな感じ。

1807132666

 この航路は,トウゾクカモメも多く観察できるが,オオトウゾクカモメも観察できる。
 出現率はトウゾクカモメより低いが,出たときは結構近くまで寄ってくることが多い。好奇心があって覗きに来るのか。それとも,何かほかのメリットがあるのか。

1807131418

1807131416 1807131353 180713_1423 1807131417

 今回も,かなり近くまで寄ってきてくれた。

 また,6月に乗った八戸‐苫小牧航路では,まだ観察できなかったが,今回は霧で海が見えなくなるまでの間,フルマカモメが継続的に観察できた。

1807131726

180713_1862 1807131684 1807131866 1807131764

 白いタイプが出てくるのを楽しみにしていたが,黒いのや灰色のばかり。残念ながら,白いタイプが出る前に霧がかかってしまった。

 ただ,霧がかかる前,海が凪いで,背景がすごくきれいになった時間帯があった。

1807132502

1807132351 1807132577 1807132376

 背景のうみがとてもきれい。
 こういうときは絵画のような写真が撮れる。

 東北太平洋側はオオミズナギドリがとても多く,今回も大きな群れと何度か遭遇した。

1807130345

 こういう群れの中に,コアホウドリやクロアシアホウドリも混ざっていることがある。
 上の写真にもコアホウドリが写っている。

 この航路で,黒いミズナギドリは,ハシボソミズナギドリとハイイロミズナギドリが主に観察でき,6月はハシボソミズナギドリを確認できたが,今回はハイイロミズナギドリが観察できた。

1807130158

 暗い画像を明るく補正し,かつ,トリミングしているので,ざらざらした画面になり,見づらいが,くちばしが長めで,おでこがなだらかに見える。

1807130479

 鳥以外では,この日,ミンククジラと思われるクジラを2回観察できた。ゆっくりと泳ぎ,ときどき小さな背びれを見せてくれた。2回とも1頭だけではなく,少なくとも2頭。
 撮影できなかったのが残念。

 イルカは撮影できたが,前回と同じく,同定できない小さなイルカだった。

180713_2002

 この小さな背びれのイルカは何なんだろう。
 カマイルカの子どもなのかなぁ。それにしては,親の姿が近くに見えなかった。

 ボケボケの写真だが,下のイルカは,カマイルカの背びれの特徴が出ていた。

180713_1994

 そういえば,いたと思われるウトウやウミスズメをメモしていなかったのは,きちんと見ていなかったせいかもしれない。

【観察できた鳥】

コアホウドリ,ハイイロミズナギドリ,オオミズナギドリ,ハシボソミズナギドリ,オオトウゾクカモメ,フルマカモメ,ウミネコ,クロアシアホウドリ,コシジロウミツバメ,ハイイロウミツバメ

« 蔵王刈田岳 2018/07/01 | トップページ | 苫小牧演習林 2018/07/13 »

0000 航路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蔵王刈田岳 2018/07/01 | トップページ | 苫小牧演習林 2018/07/13 »