« 苫小牧演習林 2018/07/13 | トップページ | サロベツ‐メグマ 2018/07/15 »

2018/09/17

大雪山旭岳 2018/07/13

06:30-13:30  曇り→雨→晴れ・曇り
 
 10年前,とても気持ちの良い鳥見ができたので,もう一度来たかった場所。
 
 10年前の記事 →
 
 6時のロープウェイの始発で姿見駅へ。
 登って行く途中,濃霧のため視界ゼロだったが,姿見駅に到着すると霧はなかった。天気はいまいちだったが,何とか鳥見ができそう。
 第3展望台に直行する。

 第3展望台に到着する直前の雪渓でノゴマと遭遇して,少しの足止めを食う。

1807140059 1807140037

 天気が芳しくなかったせいか,第3展望台には私ともう1人だけ。

 ギンザンマシコ♂が出たのは,到着して15分ほど経ってから。

1807140105

 あたかも待ち合わせをしていたかのように,すぐに出てくれた。

 しかし,天候が悪く,薄暗い中の撮影。

 AUTOにしていたISOは6400になっていたが,暗かった画像をレタッチしても,結構見れる。この程度ざらざらなのは許容範囲。昔はISO6400なんてあり得ない数字。画質を保持するため,ISO400を限度に考えていた時期もあったが,カメラの進化はすごいものだ。
 ある程度のトリミングもできる。

1807140144_2 1807140168 1807140205 1807140224

 ギンザンマシコは,最初,近くの松に止まっていたが,さらに近くに寄ってきてくれた。
 高山の鳥は人を恐れない傾向があるが,この鳥もそのようだ。

1807140225

 明るい光の中だともっときれいな色が出るのだろうが,赤というより鉄錆色。赤より黒の方が勝っている。上の赤い羽が雨や霧で濡れて,下の黒い羽の色が出ているのかな。
 ただ,こちらの方が,鮮やかな赤より,強い,たくましい感じはする。
 これはこれで味わいがある色だ。

1807140272

 下に降りて,高山植物が咲くなか,何か食べていたようだが,何かわからず。

1807140390

 次の写真では甲虫をくわえている。ゴミムシの仲間かな。
 植物系のもののほか,動物系の虫なども食べるのだろうが,殻が固そうだ。

1807140463_2

 写真のデータを見ると,来てから飛び去るまでの時間は5分間。

1807140495

 しかし,この5分がとても長い時間に感じた。
 この間の撮影枚数は400枚を超えていた。
 ドーパミン出まくりの幸福な5分間だった。

 初っ端に幸運がド~ンとやってきたが,この後,全然出なくなってしまった。
 そして,霧が濃くなり,そして,雨も降ってきた。雨は最初霧雨程度だったが,だんだんと本降りになってきた。もう1人いた鳥見の方は姿見駅に一時避難に行ってしまった。
 私の方は,雨と霧の中,粘ってみたが,1~2度遠くに姿が見えたのみ。たぶん,目の前に広がる松林の中のもっと近くにもいるのだろうが,姿を見せてくれない。
 鳥も出ないし,ひとりぼっちになるし,さびしい思いをしていると,目の前にエゾシマリスが来てなぐさめてくれた。ただ眺めていて,写真は撮らず。

 雨が上がったのが10:40頃。
 山の天気は変わりやすいというが,みるみるうちに霧が晴れ,青空も見えてきた。この後も霧がかかったり,雲が濃くなったりの繰り返しの天気となったものの,とにもかくにも雨は止んでくれた。
 雨が上がってまもなく,駅で雨宿りしていた方が帰ってきたほか,天候回復待ちをしていたのか,他にも鳥見の人たちがやってきて,ひとりぼっちだった展望台がにぎやかになってきた。

 そして,ようやく出てくれたのが♀。

1807140575

 最初遠くに見えたが,すぐ近くに飛んできてくれた。

1807140626

 やはり人を警戒することはない。

 驚くほど近くに来た。

1807140662 1807140712 1807140742 1807140830

 何やら赤い実を食べる。

1807140865

1807140771 1807140796 1807140812 1807140823

 次々に食べる。

1807140872

 このヒトが出てきてくれた頃から,間が多少開くことがあっても,次々に姿を見せてくれた。

 ♂は一度に1羽しか出てこなかったが,♀は一度に2羽出てきたこともあった。

1807141109

 上の写真は♀がさえずっているところ。
 以前来たときも♀がさえずっていた。

 2回来て,2回とも,さえずっていたのは♀だけ。♂がさえずるところを見ていない。
 この鳥,♀の方が♂よりさえずるのだろうか。
 
 ♂は朝一番で出てきたときほどには近づいてくれなかったが,天気が回復してくれたおかげで,朝より赤い姿を見せてくれた。

1807141360

1807141217 1807141262 1807141271 1807141272

1807141279 1807141319 1807141344 1807141367

1807141398

1807141399 1807141409 1807141420 1807141415

1807141442

 こんな感じで,松の上の方を動き回っていた。松の葉の根元の所をくわえている写真があるが,何を食べていたのだろう。
 
 ♀も同様。

1807141057

1807141109_2 1807141149 1807141181 1807141202

1807141480

1807141484 1807141485 1807141486 1807141487

 特に♀は,遊歩道の脇の人の見える所に,ず~っと出ていて,観光客や登山客がスマホで撮影していた。

1807141552 1807141554

 タイミングが合えば,こんな状態になる。

 前半戦は天候に恵まれなかったが,最終的には,ギンザンマシコをまたもや堪能。
 満足。悔いなし。

1807141465

 緑の背景に梅干し1個の風景。

1807141540_2

 好き。

 今回の北海道は,欲張って色んな所に行くこととしており,この日も230kmほど移動することとしていたので,13時過ぎには切り上げる。

【出会えた鳥】
ノゴマ,カヤクグリ,ハクセキレイ,ウグイス,ギンザンマシコ,ウソ,ベニマシコ,カッコウ,ビンズイ,ホシガラス,ハシブトガラス (下の駅周辺にいた鳥を含む。)
 
【花たち】

1807140001 1807140002 1807140003 1807140005

1807140566 1807141565 1807141561 1807140609

1807141567 1807141575 1807141577 1807141581



« 苫小牧演習林 2018/07/13 | トップページ | サロベツ‐メグマ 2018/07/15 »

0002 北海道/道央」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 苫小牧演習林 2018/07/13 | トップページ | サロベツ‐メグマ 2018/07/15 »