« 立山 2018/06/01-02 | トップページ | 春国岱 2018/06/09 »

2018/08/22

野付半島 2018/06/08

14:30-15:30  雨

 エトピリカを見たくて北海道に渡った。

 お昼頃に根室中標津空港に到着し,初日は船に間に合わないので,とりあえず野付半島に寄ってみるが,雨が降りやまず。無理して雨の中を歩いてカメラ・レンズを使い物にならない状態にしたのでは来た意味がなくなる。やむなく,車で探鳥をすることにした。
 
 野付半島ネイチャーセンターに向かって車を走らせていると,右側の野付湾に2羽のタンチョウが見えた。

180608_p0010_2

 通り過ぎるか迷ったが,北海道ならではの鳥なので,車を止める。

 首までずっぽし水に突っ込んで,何やら食べていた。

180608_p0007_2

180608_p0029

 優雅なしぐさも良いが,このように「生きてる!」という感じがする姿も好き。

 野付ネイチャーセンターを通り過ぎて車道沿いの鳥を探してみるが,雨のせいか何も見つけることができない。
 車を止めて,車内から鳥を探していると,タカのようなシルエットの鳥がひらひら飛んで,目の前を横切り,すぐ近くにとまった。

180608_p0182

 カッコウだ。

 雨のせいで羽が濡れているが,すごく近い。
 画質を落としているので,ネット上では見えないかもしれないが,雨が降っているのも写っている。

 よく覚えていないが,このとき,近くで鳴いていたのだろう。喉が大きく膨らんでいる。

180608_p0190

180608_p0185_2

 カッコウの仲間4種のうち,ホトトギスとジュウイチは,叫び系のさえずりで口を大きく開く。ツツドリとこのカッコウは響かし系のさえずりで,口をあまり開けずにさえずる。上の2枚の写真では,たぶん,上が「カッ」,下が「コウ」と鳴いていたのではないか。ちなみに,「叫び系」,「響かし系」というのは,今考えた造語で,一般的には言っていないと思う。

 カッコウは,ヨーロッパからユーラシア全域に分布しているようだが,この鳴き声から,どの言語でも,この鳥をカッコウと言っているらしい。

 カッコウは,仙台市の鳥にもなっている。

 他人の巣に托卵する悪い鳥を市の鳥にするなんて,という人もいるようだが,カッコウにはカッコウの事情があると思う。体温の変動が激しく,自分では卵を孵化させることができにくい,という説があるようだが,いずれにせよ,自分の子を自分で育てられない,というのはとても悲しい,寂しいことと思う。子どもも自分の本当の親に育ててもらえない。

 そもそも,托卵という方法はとても効率が悪く,不合理な方法だ。自分で卵を温めて生まれた子どもを,自分で育てた方がよっぽど効率が良い。托卵しようと巣の周辺をうろつくと親に攻撃される上,卵を見破られることもある。托卵相手の巣に卵を産むことができると,一足先に孵化したカッコウの雛が,托卵先の卵を全部落として殺してしまうが,その結果として,万が一,托卵先の鳥が減ってしまうと,カッコウ自身も繁殖できなくなってしまう。カッコウが托卵しても相手が数を保ってくれないと,カッコウ自身が困ることとなる。ジレンマ。不合理だ。
 ちなみに,托卵するのはカッコウの仲間だけではなく,さまざまな種の鳥が托卵している,という記事を読んだことがある。今,サクッとネット検索してみたら,スズメがツバメの巣に托卵した事例やムクドリが種間托卵をする例が掲載されていた。托卵はカッコウ類の専売特許ではない。

 長々と書いてしまったが,何を言いたいのかというと,托卵するからといって,カッコウを悪者扱いしないで,ということ。みんな生きていて,色んなヒトがいて当然,ということ。

 また脱線してしまった。

 気分転換にカッコウのうん○。

180608_p0236

 飛んだところ。

180608_p0244

 カッコウは大きな毛虫が大好きだが,今回は,それを採って食べるところも観察できた。

180608_p0265

 サギやウ,カイツブリなどが魚を食べるときなどは,一気に飲み込むが,このカッコウは,長い毛虫をだらんと口に加え,どうするのかと見ていたら,次第に短くなっていった。

180608_p0271

180608_p0334

180608_p0337

 雨で気分が落ち込みがちだったが,カッコウが遊んでくれたおかげで,少し復活。
 この後,野付半島ネイチャーセンターの遊歩道を歩いてみたが,天候のせいか,何も出ておらず,静かに雨が降っているだけだった。
 この日は,翌日朝に落石から出る船に乗るため釧路に宿泊するので,早々に引き上げ,一路釧路へ。
【釧路のお泊り】

Dsc00252 Dsc00255 Dsc00256 Dsc00257

Dsc00263


 

« 立山 2018/06/01-02 | トップページ | 春国岱 2018/06/09 »

0004 北海道/道東」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 立山 2018/06/01-02 | トップページ | 春国岱 2018/06/09 »