« 幌戸橋 2018/06/11 | トップページ | 蒲生 2018/06/26,29 »

2018/08/31

霧多布湿原 2018/06/11

10:00-12:30  曇り

 霧多布湿原に行くのは初めて。
 事前勉強全くなく,釧路空港に行く途中にある,ということと,「湿原」という言葉に惹かれ,急遽行くこととしたので,どこに行って,どう歩けば良いのかわからない。
 スマホに「霧多布湿原」と入れて検索したら,「霧多布湿原センター」という施設がヒットしたので,まずはここに行くこととする。

 付近まで来て,ようやく湿原の壮大な面積に気が付く。認識が甘かった。本州にある湿原とはスケール感が全く違っていた。

 レンタカーのナビのとおりに車を走らせていたら,すぐ目の前をオジロワシが通り過ぎ,びっくりして車を停めたら,もうここが霧多布湿原だった。

Dsc00310

 ここからさらに車を走らせ,ようやく,霧多布湿原センターに到着する。
 この施設は湿原の中にあるのではなく,小高い丘の上に建っていた。

Dsc00315_2

 情報を仕入れようと,玄関前にいた人に声をかけたら,普通のお客様。関係者ではなかった。

 周辺を少し見てみると,歩けそうな遊歩道がある。
 まず,ここを歩いてみよう。

Dsc00314

 この木道は,それほど長くなく,くるりと回って,まもなく湿原センターに戻ってくるコースだった。鳥は芳しくない。エゾセンニュウがけたたましく鳴いていた程度。
 センニュウは相変わらず,仙遊。

Dsc00318 Dsc00321 180611_d0319 180611_p2290

180611_p2296 Dsc00322

 もう一度,湿原センターに戻り,今度は中に入って,スタッフの方を探したら,ちゃんと中のカウンターにいた。とても感じの良い女性スタッフ。
 鳥を見たいと言うと,どんな鳥を見たいのか尋ねられ,親切に,ていねいに,コースや最新情報を教えてくれ,パンフレットと手書きの地図をいただくことができた。
 感謝,感謝。先を急がずに,最初っから聞けば良かった。

 彼女に教えていただいたとおり,まず,センター近くの林に入ってみる。

 入ってすぐ,シマエナガやハシブトガラ,コゲラなどの群れと遭遇する。
 鳥たちは木々の高い所にいて,茂った葉が邪魔をし,さらに動きが速いので,写真撮影には厳しかったが,にぎやかに鳴きかわしながら,私の周囲を飛び回ってくれていた。
 とても幸せな気持ちになる。

180611_p2301_2 180611_p2420_2 180611_p2345 180611_p2417

 教えていただいたコースは丘の上まで。すぐに歩ける短いコースだったが,思いがけずに見れた林の鳥たちで,とても楽しかった。

 時間がまだまだあったので,湿原の木道の方にも行ってみる。

Dsc00323

 パンフを見て最初に行ったのは,奥琵琶瀬木道。木道入り口の看板には奥琵琶瀬野鳥公園と書いてあった。この木道もそれほど長くなく,ゆっくり歩いても5~10分程度で歩ける距離。

180611_p2532

 最初に目についたのが等間隔で並んでいたアオサギ。
 全く動かないので,作り物が置かれているようだった。

 この奥にはタンチョウがいた。

180611_p2541

 遠いなぁ,と思っていたら,こちらに飛んできた。

180611_p2668 180611_p2709

180611_p2784

 カッコウが鳴いていたが,こんな場面とも遭遇した。

Vs_180611_p2559

 ちょっとわかりにくいが,上にノビタキがいて,下にカッコウがいる。
 たぶん,カッコウがノビタキの巣に近づいたのだろう。ノビタキがものすごい剣幕でカッコウに攻撃し,追い払っていた。

 追い払われたカッコウは20mほど離れた木に移動したが,また隙を狙って,托卵しようとするのではないか。 しかし,ノビタキは警戒して近寄らせないし,ノビタキの巣に産んでも見破られる可能性もある。自分で卵を温めて育てることができない悲しさ。

 一方のノビタキは戦々恐々。

180611_p2607

 次は,琵琶瀬木道に行ってみる。

 こちらは主要道に広い駐車スペースがあり,ここに車を停めて,水辺まで真っすぐ歩くコース。ここもそれほど長くないコース。入り口から水辺まで約500m。

 鳥はあまり見えず,確認できたのはオオジュリンとノビタキ程度だったか。たぶん,タイミングが悪かったのだろう。タイミングが合えばもっと色々出てきそうな雰囲気があった。

180611_p3018

 水辺まで歩くと対岸をオジロワシが飛んでいた。

180611_p3034

 初めて行ったので,今回は,下見,という感じでさっくりと回ってみたが,タイミングが合えば,花も,鳥も,もしかすると昆虫類も面白いところかもしれない。時期的には,もう少し後の方が良さそうだ。

 一路,釧路空港へ。

【観察できた鳥】

センダイムシクイ,ウグイス,コヨシキリ,カワラヒワ,エゾセンニュウ,ツツドリ,オオジシギ,シジュウカラ,シマエナガ,コゲラ,カッコウ,ヒガラ,ハシブトガラ,アカゲラ,エゾムシクイ,ヒヨドリ,アオサギ,ツバメ,タンチョウ,ハシブトガラス,ハシボソガラス,カッコウ,ノビタキ,シマセンニュウ,ハクセキレイ,マキノセンニュウ,ベニマシコ,オジロワシ,ヒバリ


« 幌戸橋 2018/06/11 | トップページ | 蒲生 2018/06/26,29 »

0004 北海道/道東」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 幌戸橋 2018/06/11 | トップページ | 蒲生 2018/06/26,29 »