« 春国岱 2018/06/11 | トップページ | 霧多布湿原 2018/06/11 »

2018/08/30

幌戸橋 2018/06/11

09:00‐09:40 曇り

 霧多布湿原に向けて車を走らせていたら,なんか良さげな所があった。河口に近いそれほど広くない川に橋が架かっており,河原にヨシ原があり,ところどころにいい感じで灌木がある。里山も近い。
 少し車を停めてみると,コヨシキリの声が聞こえ,ノゴマが梢でさえずっているのが見えた。お,いいじゃん。
 時間があるし,橋のたもとに駐車スペースもあったので,降りて,少し見てみることにした。

 橋には,幌戸橋,という看板があった。「ぽろとばし」と読むようだ。

180611_p1050_2

 今回の北海道遠征では,野付半島でコヨシキリを山ほど撮影していたので,なんぼ近くでさえずっていようが,コヨシキリの撮影は意識して封印。ノゴマも同じく山ほど撮影していたのだが,こちらの方は,つい,手が出てしまう。

180611_p1030 180611_p1053

 ノゴマと遊んでいると,この鳥も出てきた。

180611_p1161

 何羽かいて,灌木の上にとまったり,ヨシ原の方に飛んで行ったりと動き回っている。

180611_p1550 180611_p1672

 宮城では冬にお馴染みのベニマシコだが,こちらでは夏鳥。
 イチゴミルクのような淡い紅色の冬羽と異なり,紅色が濃い。≪イチゴミルク≫というより,≪梅干し≫という感じ。

180611_p1887

180611_p1720 180611_p2046 180611_p1949 180611_p1926

 緑の背景に赤がきれいだ。
 山の中の赤い鉄橋や森の中の赤い鳥居など,緑に赤が映える美しい風景があるが,北海道では,これ。
 緑に梅干し。

180611_p2114 180611_p2132

180611_p2165 180611_p2189

 北海道に来て以来,ずっとこの風景を見たかったので,すごく嬉しい。
 堪能した。

 ヨシ原の中では,オオジュリンが動き回っていた。

180611_p1444

180611_p1335 180611_p1379 180611_p1322 180611_p1390

 梢でさえずっている姿とはまた違う印象。
 普通に生活しているところの風景

 シマセンニュウもいた。

180611_p1241

 こちらも藪の中にいて,良い感じ。

 上では,オオジシギがディスプレイをしていて,…

180611_p1524

 降りたところを探すと,

180611_p2064

 いた。

 ナビに従って霧多布湿原に向けて車を走らせていて,偶然通りかかったところでこんなに楽しむことができた。ネットで調べてもここの鳥情報は出ていないので,鳥見人が普通に来るところではないと思う。
 当然ながら,鳥たちは,有名探鳥地にだけいるのではない。知らないだけで,北海道では,こんなポイントがたくさんあるのだろう。

 一応目的地に向かう途中だったので,行かなかったが,河口の方はどうだったんだろう。

【ここで出会えた鳥たち】

ベニマシコ,コヨシキリ,オオジシギ,オオジュリン,シジュウカラ,ノゴマ,ハクセキレイ,トビ,シマセンニュウ,マキノセンニュウ,ウミネコ,ウグイス,ノビタキ,カッコウ,アオサギ,ハシブトガラス

« 春国岱 2018/06/11 | トップページ | 霧多布湿原 2018/06/11 »

0004 北海道/道東」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春国岱 2018/06/11 | トップページ | 霧多布湿原 2018/06/11 »