« 花咲漁港 2011/01/24 | トップページ | 八戸-苫小牧航路 2013/07/13 »

2013/10/26

仏沼 2013/07/15

曇り 09:30-12:00

 苫小牧-八戸航路で海鳥を楽しんだ帰り,3連休だったので,妻と一緒に八戸の温泉で旅行気分を味わい,翌日の午前中,オオセッカに会うために仏沼に寄った。

 子どもの頃,「幻の鳥オオセッカが大潟村で発見される!」と,私の地元・秋田の魁(さきがけ)新聞に大きく掲載されたのがとても印象的で,当時は,自分の目で見ることができるなんて思いもよらなかった。
 オオセッカって,そういう夢の鳥だ。

 数年ぶりに来た仏沼は,看板や道路,駐車場が整備され,こぎれいになっていた。

130715c_0069

130715c_0070

 ラムサール条約登録後に整備されたようだ。
 以前よりさらに有名な場所になったのか,7月中旬の季節外れにも関わらず,私たち以外にも訪れている人たちがいた。

 年のせいか膝に持病ができた妻が,あまり歩きたくない,というので,近い方の駐車場に移動し,一番距離が短い「三角池(オオセッカ)コース」を選ぶ。

130715c_0074

 歩き始めてすぐ,左手に妻がオオジュリンが見つけるが,すぐに飛んでしまい,私は見ることができず。
 右手で盛んにさえずっていたコジュリンに気を取られていたせいだ。

130715s_0282

 砂利敷きの遊歩道には,翅の模様が独特のトンボの姿がある。

130715e_0789_2

 震災前は,トンボやチョウにも興味を持って観察していたが,海にばかり行っていたので久しぶり。
 じんわりとうれしくなる。

 種の名前も忘れかけているが,翅の帯状斑からミヤマトンボかなぁ,なんてつぶやいてみる。(正解は「コフキトンボの♀」)

 トンボは「水辺の昆虫」なので,三角池の周辺にはトンボがいっぱい。
 季節を変えながらトンボ目当てに来ても面白いフィールドだと思う。

130715e_0799

130715e_0805

130715e_0811

130715e_0895

 左から3番目のトンボ科のトンボはとても小さく,ハッチョウトンボかなぁ,なんてこれもいい加減なことを口走っていたが,こちらももちろん違っている。

 図鑑を見ると,家の近くでも見かけるハラビロトンボのようだが,とても小さく見えたのは事実。久しぶりでトンボ勘がすっかりなくなっていた。

 三角池のところを左に折れてさらに進むと,コジュリンが大サービス中。

 イェ~イ! なんて,手を振っているし…。

130715s_0378

130715s_0347

130715s_0371

130715s_0386_2

 さらに進むと,近い所でもさえずっている。

130715s_0499

 肩の部分にあたる小雨覆が灰色なのもばっちり。

130715s_0512

 地方によって「普通の鳥」が違うのだが,コジュリンはここではごく普通の鳥だ。
 あまり聞いたことがないが,宮城県でのヨシ原で棲息しているところはあるのだろうか。

 ところで,ネットで検索していたら,コジュリンは千葉県香取郡東庄町のイメージキャラクター(ゆるキャラ!)にもなっていて,ビックリ。
 無断借用して載せてしまおう!

Img_character_46

 名前は,まんまで,「コジュリンくん」だそうだ。
 がんばれ~!

 そういえば,霞ヶ浦の近くの浮島湿原に行ったとき,たくさんいたことを思い出した。

 妻によるとコジュリンが登場する歌もあるそうだが,今旅行に出かけていないので確認できず。なんでもお茶畑とセットで登場しているそうで,静岡県にいるイメージだったとか。

 こういうチャンスはなかなかないので,後ろ姿もチェック!

130715s_0504

130715s_0508

130715s_0507

 名前が似ているオオジュリン♂夏羽は純白のマフラーをしたような襟足なのだが,コジュリンはマフラーを巻いていない。
 比較用にオオジュリンの背中側がわかる写真も張っておこう。

040530_0119

 同じ仏沼だが,2004年5月に撮影したものだから,もう9年も前のものだ。

 さて,本命のオオセッカだ。

 オオセッカは,シューティングゲームの効果音のような独特の声でさえずりながら,ヨシ原から飛び上がり,ヨシ原の中に降りていく。
 基本,姿が見えるのは飛んでいる間だけなので,撮影はあまり期待していなかった。

 しかし,ここは何しろ個体数が多いので,フレンドリーな個体と出会うことができた。

 撮影もバッチリ。

130715e_0819

130715s_0589

130715s_0601

130715s_0700

130715s_0722

130715s_0714

130715s_0736

130715s_0763

130715s_0772

130715s_0790

130715s_0806

130715s_0807

130715s_0818

130715s_0825

130715s_0829

130715s_0840

 どの写真を選んだらよいか迷うくらい。

 コジュリンと同様,後頭部や背中側も張っておこう。

130715s_0656

130715s_0666

130715s_0674

130715s_0695

130715s_0766

130715s_0797

130715s_0828

130715s_0839

130715s_1081

 オオセッカという鳥は,背中に一番特徴があると思う。

130715s_1145

 薄茶色の背中に黒褐色の大きな縦斑が並ぶのはオオセッカだけだし,幅広く長い尾羽も特徴的だ。

 止まっている写真を押さえると,飛翔写真も撮影したくなるのが人情だ。

130715s_0902

130715s_0901

130715s_0907

130715s_0911

130715s_0914

130715s_0915

130715s_0920

 口の中まで見える。

130715s_0922

130715s_0923

130715s_0924

130715s_0933

130715s_0934

 背中の模様や尾羽もバッチリ。

130715s_0956

130715s_0958

130715s_0966

130715s_0970

130715s_0971

 大きく口を開けて,一所懸命にさえずっている。

 オオセッカは,飛び上がっては降りるさえずり方が基本だが,ヨシにつかまったままさえずることもある。

130715s_1232

130715s_1233

130715s_1234

130715s_1235

 口の中の色は,種によって違う。
 確か,オオヨシキリは赤,コヨシキリは黄色,ノゴマは黒。

 オオセッカは何色?

130715s_1236

 そういえば,私が夢中でオオセッカを撮影しているとき,妻も近くにいたはずなのだが,辛抱してよく待っていられたものだ。

 短い散策路を時間をかけて歩き,帰り際も未練たらしく撮影する。

 アップだけではなく,周囲の環境もわかる写真。

130715s_1011

 正面顔。

130715s_1104

気を~付けぇ!

130715s_1206

【この日出会えた主な鳥たち】

コジュリン,オオセッカ,コヨシキリ,オオジュリン,オオヨシキリ,ノスリ,チュウヒ,カッコウ

【その他写真】

130715s_0146

130715s_0405

130715s_00168

130715e_0774

130715s_0885

130715e_0885130715c_0075130715s_1273

« 花咲漁港 2011/01/24 | トップページ | 八戸-苫小牧航路 2013/07/13 »

0101 青森県/仏沼」カテゴリの記事

コメント

Yamame様
おかえりなさい。復帰を心待ちにしていた一人として本当にうれしく思います。
「R」に慣れてきてしまったので、更新までの日数はちょっと我慢しなければなりませんが、また以前のように、鳥などに対する愛情あふれる素晴しい文章とともに「鳥が大好き!」を拝見できることは何よりの楽しみです。
今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: およよ | 2013/10/31 22:35

およよ様

何もないことにすっかり体が慣れてしまったので,コメントいただき,うれしい限りです。

初めっからわかっていたことですが,Rの方法だとなんにも残らないので,しっかりと記録できるこちらの方に戻ってくることにしました。…,結構重いですけど。

最近,仕事や家事で時間が取れないので,まずは月に1回の更新をを目指すことにします。
更新が少なく大変申し訳ないのですが,あまり更新を期待せず,たまに覗いていただければ幸いです。

投稿: yamame | 2013/11/03 17:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花咲漁港 2011/01/24 | トップページ | 八戸-苫小牧航路 2013/07/13 »