« 歯舞航路 2011/01/24 | トップページ | 伊豆沼 2011/10/29 »

2011/10/26

歯舞漁港 2011/01/24

※ 震災前の鳥見行です。

10:30 晴れ

 このメモを書き始めるまで気づいていなかったが,写真データの撮影時間を見ると,遊覧船はずいぶん早く帰ってきていたようだ。9時前に出港したとは言え,もう少し長く海上にいたかった。

 歯舞漁港内にはコオリガモが至る所に入っていたので,航路から帰ってきてからは,漁港内でもコオリガモを楽しませてもらった。

 この鳥見行ではコオリガモの潜水を確認するのが目的のひとつだったので,潜水写真は山ほど撮影させてもらった。

 一連の写真ごとに番号を付けて掲載することとする。

【1】 翼は開いているものの,固くすぼめられている。 

110124s_1302_3110124s_1305_3110124s_1306110124s_1307_2 


【2】 なかなか撮れない水面キッスから始まる潜水。
 

110124s_1339110124s_1340110124s_1341110124s_1342

 

【3】 水面下に消える中央尾羽に表情がある。 

110124s_1360110124s_1362110124s_1363110124s_1364

 

【4】 姿が消える直前,中央尾羽が水上に伸びる。 

110124s_1398110124s_1399110124s_1400110124s_1401

 

【5】 至近距離での潜水光景。 

110124s_1417110124s_1424110124s_1426110124s_1429110124s_1430110124s_1431110124s_1432110124s_1433

 

【6】 正面向きから始まる潜水。 

110124s_1440110124s_1442110124s_1443110124s_1444

 

【7】 背面向きから始まる潜水。 

110124s_1450110124s_1451110124s_1452110124s_1453

 

【8】 中央尾羽が鞭のように水面上を踊る。 

110124s_1462110124s_1469110124s_1470110124s_1471

 

【9】 潜水時の翼の質感はこんな感じ。 

110124e_0181110124e_0198110124e_0199110124e_0200

 

【10】 姿が消えた後,水面にアーチがかかる。 

110124s_1531110124s_1534110124s_1535110124s_1536

 110124s_1537

  潜水光景は以上でお終い。

 岸壁近くにも普通にいたので,アップの写真を撮影するのもむずかしくなかった。
 アップ写真をさらにトリミングして拡大するとブロマイド写真ができる。

110124s_1335_up

 クチバシは,先端の一部と顔側半分が黒で,間にピンク色がはさまっている。
 顔が影になったように黒っぽいが,これは影になっているわけではなく,元々こういう色だ。

 また,虹彩の色が独特で,何かと似ているなぁ,と悩んでいたが,そう,そう,カンロ飴だった。

110124s_1327
 

 コオリガモの目はカンロ飴だった。

 次のは,図鑑やまともな媒体にはほとんど掲載されない,後ろ姿のコオリガモだ。

110124s_1329
 見づらいが,足の大きさや形がわかる。

 胸はこういう風になっている。

110124s_1548

 黒いエプロンをしているようだ。
 ちなみに,自宅にある私のマイエプロンと同じ色だ。

 この個体は何だったのだろう。
 1羽だけこんなのがいた。

110124e_0212

 くちばしにピンクが見えないし,全体に黒褐色で白い色に乏しい。

 あまり良い写真は撮れていなかったが,普通の成鳥♂冬羽と並べてみよう。

110124s_1601

110124s_1530

 最初は,若鳥♂かな,とも思ったが,中央尾羽がしっかりと伸びている。
 写真図鑑ではよくわからなかったが,COLLINS BIRD GUIDE や 野鳥の会のフィールドガイドのイラストでは,夏羽の背中がこんな感じだ。

110124s_1603
 顔の白黒模様はまだその兆候も見られないが,冬羽から夏羽に換わりかけている個体だったのかもしれない。

 ところで,このコオリガモの英名は, Long-taild Duck となっている。直訳すると オナガガモ だ。船に乗っているとき,ガイドのおじさんに,「オナガガモって,コオリガモのことか?」と聞かれたが,あながち間違いではなかったかもしれない。

 ちなみに,オナガガモの英名は Pintail だった。

 この後,11時前にはこの港を後にした。
 

【出会えた鳥たち】

コオリガモ,スズガモ,ヒメウ,オオセグロカモメ,ワシカモメ

« 歯舞航路 2011/01/24 | トップページ | 伊豆沼 2011/10/29 »

0004 北海道/道東」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歯舞航路 2011/01/24 | トップページ | 伊豆沼 2011/10/29 »