« 野付半島(海ワシ編) 2011/01/23 | トップページ | 珸瑤瑁漁港 2011/01/24 »

2011/10/23

納沙布岬 2011/01/24

※ 震災前の鳥見行です。

07:00 曇り

 冬の道東鳥見行の最終日。

 この日は,釧路の宿を出てから,根室半島先端の納沙布岬に行き,その後,根室半島南側の港を回る予定だった。歯舞港では遊覧船にも乗ることとしていた。

 まずは納沙布岬だ。

 歯舞から出る船が9時出港なので,ここでゆっくり見ている時間はない。

110124c_0085

110124c_0086

 さくっと見て,すぐ次に進もう。

 岬の先端に立ち,海面に浮かんでいる鳥を探すと,クロガモの群れがまず目に入る。

110124s_0001

110124s_0112

110124s_0124

110124s_0141

 ここではお馴染みの鳥で,耳を澄ますと,寒風のようなヒュー,ヒューという独特の鳴き声も聞こえてくる。

 よく見ると,ビロードキンクロも混ざっているようだ。

110124s_0033

 遠かったので小さくしか写っていないが,上の写真では右端の下の個体だ。

 コオリガモもクロガモの群れに混ざるようにして点々と見られた。

110124s_0143_2

110124s_0156

110124s_0168

110124s_0160

 上の写真にも写っているが,かなり黒っぽい個体も見られた。

110124s_0043

110124s_0154

 夏羽になっているのだろうか。まだ1月なのに。

 いつか,コオリガモの夏羽をじっくり見たいと思っているので,今回はその予告編と考えておこう。

 海ガモの定番,シノリガモの姿も見える。

110124s_0067

 シノリガモは♀の方が少ないのだろうか。例によって,♀1羽の後を♂数羽が追いかけている。

 人間なら,モテる女性は限定されるが,シノリガモはどうなんだろう。どんな♀でもこのようにモテモテなら,シノリガモになりたい,という女性も多いかもしれない。

 いずれ,いつもながらユーモラスな光景だ。

 崖下の近い所ではウミアイサの姿も見えた。

110124s_0052

110124s_0018

 こっちは,いつもながらパンクだった。

【出会えた鳥たち】

 

クロガモ,ヒメウ,ウミアイサ,ハシブトガラス,ミミカイツブリ,シノリガモ,コオリガモ,ワシカモメ,ホオジロガモ

 

 

« 野付半島(海ワシ編) 2011/01/23 | トップページ | 珸瑤瑁漁港 2011/01/24 »

0004 北海道/道東」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 野付半島(海ワシ編) 2011/01/23 | トップページ | 珸瑤瑁漁港 2011/01/24 »