« 蒲生 2010/10/11 | トップページ | 飛島 2010/10/22 »

2010/12/23

蒲生 2010/10/16

15:00 晴れ

 前週に蒲生干潟のミヤコドリを見に行っていたのだが,2羽だったミヤコドリが6羽に増えた,という情報があった。

 しかし,現地に行ってみると前回同様若鳥が2羽いただけ。ざ~んねん。

101016s_0001

 念のため海の方にまで行ってみたが,こちらにもいない。プラス4羽の群れは短期間の滞在で移動してしまったようだ。ここのイソシジミがお気に召さなかったのか。
 この2羽がもうちょっとがんばって引き留めてくれたら良かったのに。

 この日は,前回撮影できなかった飛翔写真を狙って,取り回しの良い100-400mmのレンズをカメラに付けて行ったので,そちらの楽しみに切り替えよう。

 で,その成果が次に続く写真だ。

101016s_0023

101016s_0026_2

101016s_0032

101016s_0046

101016s_0049

101016s_0062

101016s_0111

101016s_0115

101016s_0128

101016s_0132

101016s_0141

101016s_0147

101016s_0149

101016s_0150

 この日はハヤブサが2羽いたせいもあり,何度も飛んでくれたので,それなりにチャンスはあった。しかし,なかなか順光側を飛んでくれなかった。

 そして,ようやく順光側を飛んでくれたのが次に続く写真だ。

101016s_0180

101016s_0181

101016s_0182

101016s_0183

101016s_0188

101016s_0189

101016s_0190

101016s_0191

101016s_0204

101016s_0208

101016s_0210

101016s_0211

101016s_0213

101016s_0215

 黒が基調の体に白い色が映え,また,朱色のくちばしがアクセントとなり,とても美しい。
 後半の写真では,水面に映った影も雰囲気がある。

 ところで,宣伝するつもりはないが,C社の 100-400mmレンズ は,超望遠でありながら,軽くて取り回しが良く,レンズの名作だと思っている。飛翔写真を取るのにも良いし,また,小さな船で三脚を使えないような場面では不可欠になっている。

 しかもズームなので,遠近自在に撮影できる。

101016s_0265

101016s_0292

101016s_0294

101016s_0296

101016s_0313

101016s_0327

101016s_0361

101016s_0387

101016s_0379

 画質は単焦点レンズに負けるが,欠点を補って余りあるほど使い勝手が良い。
 一度海でダメにして鏡筒以外を全部交換するほどの修理をしたことがあるが,もう10年も使っており,とても愛着のあるレンズになっている。

 ちなみに元々はN社派だったが,30年以上前,85mmF1.8のレンズが気に入って,すっかりC社派になっている。

 閑話休題。

 この日行ったのは午後の後半の時間帯だったので,逆光になると光がまぶしく,鳥がシルエットになった。

101016s_0072

101016s_0168

101016s_0074

 きらきらした水面がとてもきれいだった。

【出会えた鳥】

ミヤコドリ,ウミネコ,ミサゴ,ハヤブサ

【その他の写真】

101016s_0431

101016s_0432

101016s_0440

101016s_0476

 2羽いたハヤブサのうちの1羽がミヤコドリを襲い,ミヤコドリに逃げられた後,腹いせのようにウミネコを襲った。襲われたウミネコはこの後岸辺まで漂ってきた。
 このハヤブサ,遊んだだけかもしれない。

« 蒲生 2010/10/11 | トップページ | 飛島 2010/10/22 »

0503 宮城県/蒲生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蒲生 2010/10/11 | トップページ | 飛島 2010/10/22 »