« 野付半島 2010/07/18 PM | トップページ | 石巻 2010/09/05 »

2010/09/03

県南田んぼ 2010/08/29

12:30 晴れ

 パソコンの前でず~っと作業をしていたが,たまりにたまった写真の整理にようやく目処が付いた。
 もうお昼近くになってしまったが,久しぶりに出かけよう。シギチの渡りが始まっているのに家にいたのではもったいない。

 しかし,あまりに久しぶりだったので,三脚は忘れるし,フィールドノートも忘れる。万が一のときの替えバッテリーもない。景色撮影用のコンデジもない。ボケまくりだ。

 ともあれ,まずは岩沼の田んぼに到着。

 車を止め,さぁ,これから鳥見だ。というとき,後ろに車が止まった。あれぇ,見たことがある人が乗っている。
 鳥を見つける前に私のほうが見つけられたようだ。

 恥ずかしながら今季初めてフィールドに来たことをお話しすると,今季の休耕田や昨日今日の最新情報などとても親切に教えていただいた。

 弥勒観音菩薩様に見えた。
 後光が差している。
 感謝。

 このとき,偶然,前日にサルハマシギが出ていたという田んぼの数メーター手前にいたらしい。この日の朝にはすでに見つからなくなっていたようだったが,まずは覗いてみる。

 すると,手前にはトウネンがうじゃうじゃおり,奥にはタカブシギが見え隠れしている。今季初フィールドなので,もちろんこんな光景も久しぶり。サルハマシギもいればいたで嬉しいが,このときはこの光景と出会えただけで十分だった。

100829s_0001

 これがこの日のファーストショットだった。

 ここで菩薩様はアメウズがいたという別フィールドに向かう。
 私の方は,もう少し粘って,サルハマシギを探したが,やはりいないようだ。
 あきらめて,南側の田んぼに順次移動していく。

 すると,道端の田んぼにタカブシギがたちがいるのが見えた。さっきは遠すぎたが,今回は撮影可能な距離だ。

100829s_0029

 さらに移動すると,なかなか良い雰囲気の休耕田があった。

 以前ヒバリシギが複数入っていた田んぼのようだ。
  目の前にはさっきの田んぼのようにトウネンたちがせわしなく動いていたが,奥の方を探すとヒバリシギが見えた。

 何を思ったか,1羽が飛んできて,すぐ近くにポンと降り立った。

100829s_0103

 そして,しばらくすると,何羽かのヒバリシギたちが近くに寄ってきて,めんこさを振りまいてくれた。
 たぶん,ここにいた全部が今年生まれの子どもだろう。
 人間でも鳥でも子どもは怖いもの知らずだ。

100829s_0441

 ここにはトウネンやコチドリもいたが,ヒバリシギの撮影に夢中になってしまった。

100829s_0193

100829s_0212

100829s_0224

100829s_0261

100829s_0275

100829s_0280

100829s_0289

100829s_0302

100829s_0315

100829s_0327

100829s_0338

100829s_0350

100829s_0383

100829s_0421

100829s_0422

100829s_0427

100829s_0432

100829s_0441_3

100829s_0463

100829s_0464

 ずいぶんたくさん撮ったようだ。
 上に一気に張ろうと思ったが,ちょっと休憩。

 ヒバリシギはトウネンと並んでとても小さいシギで,しかもほっそりしている。
 小学生のとき痩せっぽちで,いつもクラスで2番目に小さかった自分と重ねてしまい,とても親近感がある。

 また,羽衣が赤っぽいのもとてもチャーミングだし,トウネンと異なり足が黄色いのも嬉しい。背中のくっきりと白いV字もまた嬉しい。

100829s_0467

100829s_0475

100829s_0519

100829s_0531

100829s_0541

100829s_0560

100829s_0562

100829s_0579

100829s_0585

100829s_0597

100829s_0605

100829s_0677

100829s_0681

100829s_0686

100829s_0688

100829s_0692

 いつも撮影した中から選んでレタッチした上で記事用にサイズを小さくし,その中からさらに選んで張っているが,今回は暑くって選ぶのが面倒なのでテキトーに選んで張っていたら結構な枚数になってしまった。

 どのシギもそうだが,下を向いて餌を取るとき,目をつむるのがとてもめんこいと思う。

 しつこく,まだヒバリシギだ。

100829s_0700

100829s_0706

100829s_0715

100829s_0716

100829s_0728

100829s_0739

100829s_0749

100829s_0752

 岩沼ヒバリシギの写真はこれでお終い。
 まだまだ近くで動き回っており,何時間いても飽きなかったが,せっかく色々教えていただいたのにここだけで終わってしまってはもったいない。

 そう,そう,ヒバリシギを撮影中,独特の涼やかな声を前触れに,アオアシシギが2羽舞い降りてきたんだった。

100829s_0616

100829s_0622

100829s_0619

100829s_0639

100829s_0662

100829s_0665

 岩沼の田んぼを徐々に南下したが,シギチが入っている田んぼはこの周辺だけだった。

 次に,教えていただいた亘理の田んぼに向かう。
 ここは数年前に来たっきりで,最近はとんとご無沙汰になっていた。

 エリマキシギがいる,ということだったが,まもなく見つけることができた。
 しかし,最初に見つけた個体は草の中。出てこないかといらいらしながら待ち,出てきそうな所に,そ~っと車を動かしたら飛んでしまった。

100829s_0803

100829s_0791_2

100829s_0814

100829s_0817

100829s_0824

 大失敗。
 1羽だけではなく4羽はいたようだ。

 しかし,さらに進むと,慣れっこい個体が待っていてくれた。
 草に隠れるようなシチュエーションでは,相手も警戒しやすいので面倒だが,お互いにいるのがわかって,その場に馴染みさえすれば観察するのも撮影するのも楽チンだ。

100829s_0909

100829s_0853

100829s_0866

100829s_0880

100829s_0890_2

100829s_0904

 ♂♀の別がわからないシギチにあって,エリマキシギは♂♀がわかりやすい。大きいのが♂で小さいのが♀だ。

 この個体は近くにいたタカブシギと比較するとかなり大きかったので♂のようだ。
 これも今年生まれの幼鳥かな。

100829s_0958

 エリマキシギも目をつむるとこんな感じになる。

 ここは花が咲いてる休耕田が多かったが,タカブシギのこんなショットも撮影できた。

100829s_0835

 タカブシギの写真でなく,タカブシギのいる写真。
 後ろにある花はミズアオイで良かったかな。確か天然記念物だと思ったが,この周辺では普通だ。

 タカブシギもチャーミングだったので,もう少しだけ張っておこう。

100829s_0943_2

100829s_0948_2

100829s_0952

 ここにはタカブシギの親戚筋に当たるとみられるクサシギもいた。

 クサシギは地味でおとなしいシギ,という印象だ。小中学校のクラスでは,休み時間でもあまりしゃべらずおとなしくしている子が必ず1人はいたと思うが,そんな感じ。
 そういえば,このシギも1人でいるところを見ることが多いような気がする。

100829s_0784

 この個体はこれからどこに行くのかわからないが,この周辺では越冬もしているシギだ。 

 巡回している間,ジシギも何羽か見かけたが,暑くって識別する気力・体力なし。

Sp_100829s_0933

 チュウジシギも結構入っているらしいが,これはタシギかな~?

 午後からの巡回だったので,もうこの時点で4時過ぎ。
 時間があればもう1周したかったが,急がないとここで終わってしまう。

 次は空港西側の休耕田だ。
 いつも東部道路上から休耕田を見ていたが,ここで探鳥をしたことはなかった。

 勝手がわからないまま回り始めると,すぐにトウネンの群れが入っている田んぼを見つけた。群れの中にイソシギが入っていたのが嬉しい。

100829s_1010_2

100829s_0998_2

100829s_0999

100829s_1016

100829s_1019

 イソシギがトウネンやヒバリシギの群れに混ざっている光景はとても珍しいと思う。
 トウネンたちがたまたまイソシギがいる田んぼに降り立った,ということなのだろうが,とても新鮮な光景だった。

100829s_1073

100829s_1055

100829s_1057

100829s_1058

100829s_1076

 農道をはさんで反対側の田んぼの畦には,イソシギ4羽の群れが入っていた。

 そうこうしている内に日が傾き,光が赤っぽくなってきた。
 日没前の光を浴びたシギたちはとてもきれいだったが,残念ながらもう時間切れだ。

100829s_1248

100829s_1083

100829s_1128

100829s_1102

100829s_1131

100829s_1140

100829s_1156

100829s_1161

100829s_1176_2

100829s_1180

100829s_1216

100829s_1240

100829s_1258

100829s_1276

 ヒバリシギも良いが,最後と思ってトウネンも撮影する。

 めんこいな~。

100829s_1122

100829s_0973

100829s_1031

100829s_1117_2

100829s_1283

 この日はこれでお終い。

 日没サスペンデッド。

 次週に続く。 ・・・,と思う。

【出会えたシギチ】

コチドリ,トウネン,ヒバリシギ,エリマキシギ,アオアシシギ,クサシギ,タカブシギ,イソシギ,ジシギsp

【その他の写真】

 嘴がまだらになっているチュウサギがいたが,黒から黄色に変わりつつあるのか,それとも,黄色くなった嘴が泥で汚れているのか?

100829s_0067

100829s_0760

100829_0769

100829s_0785

100829s_1297

100829s_1324

« 野付半島 2010/07/18 PM | トップページ | 石巻 2010/09/05 »

0504 宮城県/岩沼-亘理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 野付半島 2010/07/18 PM | トップページ | 石巻 2010/09/05 »