« 仙台-苫小牧-仙台航路 2010/07/03-04 | トップページ | 野付半島 2010/07/16 »

2010/08/20

苫小牧周辺 2010/07/03

 帰りの船の出航を待つ間,一週間前に行った水場に再び行ってみた。
 前週は暑さ対策のために日陰を求めてだったが,この日は雨が降りそうだったので,屋根を求めてだった。

 この日出た鳥は前週とほとんど重なったが,クロツグミがお休みで,代わりにクロジが出てくれた。
 また,ヤブサメとキビタキ成鳥♂が大サービスだった。

<クロジ>

 クロジはアオジと同様,藪の中でごそごそ動き,また,高木の上でさえずっているイメージがあるが,ここではすぐ目の前に姿を現してくれた。

100703e_0205

 蔵王などに行くと,ホーイ,チヨ,チヨと独特のさえずりをよく聞くことができるが,姿を探すと遠くの木のてっぺんだったりしてがっかりすることが多い。それがこんな近くだ。
 炭のように黒い体色がとてもうれしい。

100703e_0185

100703e_0215

100703e_0254

100703e_0267

<ヤブサメ>

 ヤブサメは前回も登場してくれた鳥だが,今回は大サービスで,さまざまなポーズを決めてくれた。

100703e_0407

 前回同様,なかなか見ることができないヤブサメの姿を,心ゆくまで堪能することができた。しみじみと嬉しく,1人でにこにこしながらシャッターを切りまくった。
 この気持ちは,長年ヤブサメの姿をみることができなかった人間でないと,理解できないと思う。

100703e_0366

100703e_0377

100703e_0384

100703e_0385

100703e_0397

100703e_0401

100703e_0406

100703e_0427

100703e_0432

100703e_0456

100703e_0462

100703e_0475

100703e_0541

100703e_0546

100703e_0547

 この姿の鳥が藪の中で,シシシシシシシシ・・・・,とさえずっている,と思うと何ともいえない。

<キビタキ>

 キビタキは前回同様水浴びにもきた個体もあったが,成鳥の♂がすぐ手前にとまってくれた。驚くほどの至近距離だった。ピントが合うかどうか心配するほど近かった。

100703e_0585

100703e_0574

100703e_0576

100703e_0601

100703e_0607

100703e_0609

 水浴びに来た♂は前回同様若い個体だった。
 黒くなるべき所がまだ灰色っぽい。

100703e_0329_2

 ♀も前回同様顔を出してくれ,尾をぴっと上げためんこいポーズを見せてくれた。
 きれいな色の♂も良いが,地味な♀も目がつぶらで,負けていない。

100703e_0103

<ウグイス>

 ウグイスは小さな池の周囲を回るようにして動き,手前に来たときはびっくりするほど近くに現れることがあった。

100703e_0279

 上の写真は前週撮影したものよりずっとめんこく撮れていると思う。

<シジュウカラ>

 そういえば前週は出てこなかったかもしれない。
 冬になれば家の庭にも毎日現れる鳥だが,出てきてくれればやはり嬉しい。

100703e_0286

 文鳥にも似て,小鳥の基本的なめんこさと美しさをもっている鳥だと思う。
 背中の緑色がかった色がチャームポイントだ。

 

<ヒガラ>

 最後,本人には申し訳ないが,水浴び後のびしょびしょ姿を張って,今回のメモをしめることとする。

100703e_0057

 この写真を見た人がみんなニコニコしてくれると嬉しい。

 めんこいな~。

« 仙台-苫小牧-仙台航路 2010/07/03-04 | トップページ | 野付半島 2010/07/16 »

0003 北海道/道南」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 仙台-苫小牧-仙台航路 2010/07/03-04 | トップページ | 野付半島 2010/07/16 »