« 苫小牧-仙台航路 2010/06/20 | トップページ | 苫小牧周辺 2010/06/26 »

2010/08/16

仙台-苫小牧航路 2010/06/26

04:00 晴れ

 前週に妻と船に乗ったのだが,どうも消化不良で物足りない。よくよく考えたら,コアホウドリを見ていないんだった。いるはずなのに見逃してしまったか。
 太平洋フェリーの2等とB寝台がインターネット予約で40%割引だったのもあり,つい,また乗ってしまった。

 3時半には目が覚めてしまい,ゆっくり身支度を整えてデッキに出ると,東側の海が赤くなってきていた。

100627c_0002_2100627c_0005

100627c_0007

 晴れていても曇っていても海上の夜明けはいつも気持ち良い。

 さて,午前11時に苫小牧に到着する30分前までの5時間半が勝負だ。

 まず現れたのが,クロアシアホウドリ。
 前週も数多くの個体と出会えたが,この日はさらに多くの個体を観察することができた。

100626e_0018

100626e_0025

100626e_0032

100626e_0034

 朝の日の出の時間帯は,海面がほんのり赤く染まって,その中にいるクロアシアホウドリがとてもきれいだった。

100626e_0293

100626e_0586

100626e_0315

100626e_0331

100626e_0358

100626e_0433

100626e_0625

 その後,日が昇っても次々に現れ,そして,飛び去って行った。

100626e_0724

100626e_0725

100626e_0726

100626e_0728

100626e_0730

100626e_0737

100626e_0740

100626e_0752

 上の個体は,船が近づいて慌てて飛んだクロアシアホウドリだ。
 顔が良く見えないが,上尾筒(尾の付け根)が白いのがよくわかる。こういうタイプを見つけると嬉しくなる。
 飛んだ姿を後ろから見るとこんな感じだ。

100626e_0799_2

 比較対照用に,この後すぐに出た黒いタイプの後ろ姿も張っておこう。

100626e_0873

100626e_0876

100626e_0910

100626e_0937

100626e_0946

 見たかったコアホウドリも出たには出たが,ただ一度だけ。
 しかも遠ざかって行く後ろ姿を見られただけだった。

100626e_0098

 午前4時を少し回った時間だったので,海がほんのり赤くなっている。

 オオトウゾクカモメは前回に続き,今回も登場してくれた。
 午前4時45分頃の時間帯だった。

100626e_0442

100626e_0457_2

100626e_0474

100626e_0475

 遠くにぽつんと見えた後,船の前方を斜めに横切って飛び去って行ったが,近くに寄ってくれなかったのが残念だった。

100626e_0510_2

100626e_0511

 それでも前週の写真よりはマシなのが撮れた。
 翼の白い斑が不規則な形で出ているのはどうしてなんだろう。

 オオミズナギドリも観察できたが前週ほどにぎやかではなかった。
 前週は岩手県南部から宮城県にかけての海域だったが,ここは青森県から北海道にかけての海域だ。場所が違う。
 もっと南の方が数多く見られるようだ。

100626e_0410

100626e_0416_2

100626e_0421

100626e_0443

100626e_0457_5

100626e_0460

100626e_0676

100626e_0684

 オオミズナギドリより小さい黒いミズナギドリは,この日あまり数は多くなかった。
 ハシボソミズナギドリもいたが,近くで撮影した黒いミズナギドリは全部ハイイロミズナギドリのように見えた。

100626e_1236_3

100626e_1309_3

100626e_1411_3

 ハシボソミズナギドリとハイイロミズナギドリは互いに似ていて,正直よくわからないが,ハシボソミズナギドリはもっとおでこが突き出ていて,くちばしが小さいように思う。
 翼と体の比からくる雰囲気も異なる感じだ。ハシボソミズナギドリの方が翼が小さくはばたきが速い感じ。

100626e_1237

100626e_1248

100626e_1285

100626e_1286

100626e_1296

100626e_1305

100626e_1315

100626e_1367

100626e_1406

100626e_1417

100626e_1444

 上は全部同一個体だ。
 下はたぶん別個体。

100626e_1160

100626e_1166

100626e_1198_2

100626e_1199

100626e_1207

100626e_1220_2

100626e_1225

100626e_1230

 比較的近くから撮影できたので,あとで参照できるよう多めに張っておいた。

 今回の収穫はハイイロミズナギドリだけだったが,コアホウドリも見られたし,良し,としておこう。

100627c_0025

 苫小牧には定刻の11時に到着。
 午後5時半まで時間があるので,今回は北海道に上陸して少し覗いてみることとした。

 ところで,この日アマツバメも1羽海上で観察していた。
 この季節でも渡っていたのだろうか。

【出会えた主な鳥】

クロアシアホウドリ,コアホウドリ,オオミズナギドリ,ハシボソミズナギドリ,ハイイロミズナギドリ

« 苫小牧-仙台航路 2010/06/20 | トップページ | 苫小牧周辺 2010/06/26 »

0000 航路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 苫小牧-仙台航路 2010/06/20 | トップページ | 苫小牧周辺 2010/06/26 »