« 奥松島 2008/12/13 | トップページ | 奥松島 2008/12/20-21 »

2008/12/19

県内沿岸 2008/12/14

(北釜海岸)13:00 曇り

 前日不完全燃焼だったので,午前中,奥松島方面に寄ってから,AIさんに教えていただいた北釜海岸に向かった。

 ここに来たのは初めて。仙台空港に近接した海岸だ。AIさんによると,ビロードキンクロの50羽以上の群れが3個も入っていた,という。

081214e_471  邪魔にならない場所に車を止め,防風林を抜けて,土手に上がる。すると,南北に広い砂浜が広がり,その向こうに海が見えた。
 さっそく土手の上から双眼鏡で見渡すが,見つからない。う~ん。今度は望遠鏡で北側から探すと,いた。南側の海の結構遠い場所にポツポツと黒い点が浮かんでいる。

081214e_499 081214e_513 081214e_531  砂浜を10分ほど歩いて近くに寄るが,それでも遠い。
 望遠鏡で見ると,ビロードキンクロの群れに,クロガモ,スズガモが混ざっている。アビもあちらこちらに浮かんでいる。さらに遠くにはアカエリカイツブリの姿も見える。ビロードキンクロは少なくても50羽はいたと思う。♀のような地味なタイプが多かったが,成鳥♂も多数入っている。黒い体に赤いくちばし,そして目の付近の白斑がとてもきれいだった。感激だ。AIさんありがとう。

 写真撮影距離ではなかったので,望遠鏡で見て楽しんでいたら,AIさんご夫婦もやってきた。お話していると,今回はクロガモが増えてビロードキンクロが減ったという。
 もしかすると,さらに南下したのか。数年前まで磯浜漁港北側に何年か続けてビロードキンクロが来ていたのを思い出した。

 もしかして,と思うと,じっとしてられなくなった。日が暮れる前に移動しよう。

 そして,磯浜漁港。…,…,はずれ。

081214s_010  そうそううまくはいかないものだが,実際に現場で見てみないと,いつまでもぐずぐず思ってしまうので,やむなし。
 磯浜漁港では港内にスズガモが3羽入っていただけで,北側の海には何も観察できず。漁港南側は例年であればクロガモの群れが漁港内から観察できるが,座礁したジェーン号がまだ横たわっているため,何も見えず。この船,いつまで放置しておくのだろう。

 歩いてジェーン号の向こうに行くと時間がかかりそうなので,車で移動し,釣師浜から海を見てみることとした。

081214s_013 081214e_648 081214e_683  と,移動していたら,途中,海に何か浮かんでいるのが目に入った。道路脇の空地に車を停めて,海岸に行ってみると,クロガモの群れだった。ちょうどジェーン号に隠れて見えなかった場所だった。例年どおり来てくれていたようだ。
 ここでは,さっきのビロードキンクロたちとは比較にならないほど近くで観察できる。海辺に立つとやや遠ざかっていったが,すぐにまた寄って来てくれた。

081214e_731 081214e_832 081214e_941  クロガモは名前のとおり真っ黒なカモだが,くちばしだけが鮮やかなみかん色だ。もちろん1羽だけでもきれいなのだが,大きな群れになると,なお見事だ。
 このときは,晴れてきた空を映して海が青くなり,また,クロガモたちの体に傾きかけた日が当たってくれた。青い海にみかんを散りばめたような光景だ。

081214e_763 081214e_787 081214e_802 081214e_724 写真を撮る,というより,「すごいなぁ~」,「きれいだなぁ~」という言葉の代わりにシャッターを押していた。たぶん誰かが近くにいれば,このときの空気の中に言葉が消えていっただけと思うが,言葉の代わりに,カメラのコンパクトフラッシュのなかに同じような写真が山ほど記録されていっていた。お馬鹿だ。

081214e_720 081214e_846 081214e_778  せっかく沢山撮ったので,中から,3タイプのクロガモを張っておこう。
 左から,♂,♀,♂幼鳥だ。♂幼鳥はおとなの色合いに近づきつつあるが,♂独特のくちばしのふくらみがまだ見られない。最初,もしかするとエクリプスかな,とも思ったが,図鑑の解説によると,♂エクリプスは,黒い羽色が褐色味を帯びているだけのようだ。であれば,幼鳥とは明確に区別できる。

081214e_911 081214e_701 081214e_703 081214e_640  興奮の時間が流れ,落ち着いてくると,クロガモたちの声が聞こえてきた。
 クロガモ(♂)たちの声は,どの図鑑の解説でも,「ピィー,ピィー」などと無機質に記載されているが,私は,北風のヒュー,ヒューいう音 に聞こえた。冬ガモの声が北風の音。…。海のいたる所から「風の音」が聞こえてきていた。正直,感動した。
 たぶん今までも聞いていたとは思うが,それと気づかずに聞き流していたかもしれない。何てもったいないことをしていたのだろう。

 この後,予定どおり釣師浜を覗いたが,海には何もなし。カモメも少数だった。

 この日は,ビロードキンクロも良かったが,一番の収穫は,クロガモの「声」だった。今度から,クロガモと会うときは,きっと,きっと,耳をそばだてることとする。

【観察できた鳥】

本文のとおり

【写真】(その他の鳥たち。ほぼ時系列。)

081214e_011 081214e_065 081214e_184 081214e_213 081214e_322 081214s_007 081214e_270 081214s_008 081214e_360 081214e_361 081214e_410 081214e_415 081214e_985 081214s_016 081214s_015

« 奥松島 2008/12/13 | トップページ | 奥松島 2008/12/20-21 »

0504 宮城県/岩沼-亘理」カテゴリの記事

0514 宮城県/南沿岸」カテゴリの記事

コメント

yamameさん、こんにちは!
お蔭様で、昨日私も北釜に行き、ビロードキンクロ、クロガモ、アビを見ることができました!
ただあまりに遠く、写真は悲しくなるものばかりでしたが・・・。

投稿: りもふ | 2008/12/22 11:08

そうですね~。
私も土曜日に再訪しましたが,やはり遠かったです。肉眼だけでは見つけることさえむずかしかったです。
もうちょっと近ければ良いのに,と思うものの,これだけたくさんのビロードキンクロを見ることができるポイントって貴重ですよね。

投稿: yamame | 2008/12/22 23:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 奥松島 2008/12/13 | トップページ | 奥松島 2008/12/20-21 »