« 伊豆沼-蕪栗沼 2008/11/1-2 | トップページ | 伊豆沼‐蕪栗沼 2008/11/15-16 »

2008/11/12

県南沿岸 2008/11/09

08:30 曇り

 伊豆沼・蕪栗沼通いが続いたので,今週はお休み。沿岸の水鳥をチェックに鳥の海方面に行ってみた。カイツブリやカモ,カモメなど,どの位きているかな~。

 カイツブリの仲間では,年中見られるカイツブリに加え,カンムリカイツブリとハジロカイツブリを鳥の海で見つけることができた。このどちらもこの周辺では冬鳥となっている。

081109e_420  ハジロカイツブリはまだまだ少なく,見つけたのは,スズガモ群れに混じっていた2羽だけだった。何といってもハジロカイツブリの魅力はペコタン,ペコタンと潜水を繰り返すこと。かなり遠かったが,この行動はよ~く観察できた。もう少しシーズンが進んで落ち着くともっと近くまで寄ってくるだろう。
 これからの時期,磯浜漁港の近くの海では,海上に浮かんだ数十羽の群れが一斉にぺこぺこと潜水と浮上を繰り返すパフォーマンスも見ることができる。楽しみだ。

081109e_072 081109e_117 081109e_398081109e_047_up  カンムリカイツブリの方は,散らばってずいぶんたくさん入っていた。まだ夏羽が残っているものからすっかり冬羽になっているものまで,様々なタイプがいた。鳥の海の中だけで20~30羽はいただろう。
 右端に,カンムリカイツブリの「冠」をアップしてみた。こうして見ると,ガメラシリーズに出てくる「ギャオス」の頭に似ている。口を開くとギザギザの牙がありそう。

081109e_461 081109e_494  ここに張ったのは周年いるカイツブリだが,写真を見ると左側のは,「ちびくろサンボ」によく似ている。くちばしが先行して冬の装いになってるのか。とてもめんこい。
 カイツブリの仲間では,ミミカイツブリとアカエリカイツブリの2種を見つけることができなかった。これらはたぶんこれからなのだろう。盛期になれば,この周辺だけで日本産カイツブリ5種全部を見ることも可能になる。

 カモ類の方はほとんど揃ってきた。

081109s_006081109e_449_2 081109e_444  鳥の海 にはマガモがとても数多く入ってくるが,下の「観察できた鳥」にメモしたように,他のカモもずいぶん入っていた。種類だけ見ると,盛期か,それ以上だ。ただし,どのカモもすべてが完全に婚姻色になっている訳ではなく,まだエクリプス羽が残っている個体も多かった。エクリプスから婚姻色に移行中の姿を見るには今がチャンスだ。何となく無防備な感じがして好ましく思う。

081109e_084 081109e_088 081109e_131  まだ来ていないだろう,と期待していなかったホオジロガモも入っていた。思いがけなかったので,嬉しい再会だった。
 頬が白くなっている♂は見つけられなかったが,メスタイプの♂(くちばしの先がオレンジでないもの)がいたので,これから白黒のきれいな色に変わってくるのが観察できるだろう。こいつらは,相変わらず潜ってばかりで水面上にいる時間の方が少ない。

081109e_524 081109e_511 081109e_509  ヨシガモはここでこんなに多くの個体を見たのは初めてだ。
 ♂だけでも20羽はおり,それに♀も加わっている。♂♀同数だとすると40羽の群れ,ということになる。おそらく通過中の群れなのだろう。これだけの数がここに居つくとは思えない。
 ヨシガモたちもかなり遠かったが,無理矢理撮影して,補正した。♂たちはまだ髪(?)が伸びきっていないようだ。日本シリーズでMVPを取った岸(仙台出身! 今思い返しても爽快なピッチングだった!)のようになるのはまだ先だ。

 さて,次はカモメだ。

081109e_006 081109e_158_up081109e_377 081109e_263  カモメ類のチェックには,松川浦漁港から釣師浜周辺を回ってみた。
 種類も数もまだまだという感じだったが,オオセグロカモメやユリカモメが普通に見られるようになっていた。もうシーズンインと言っても良いだろう。オオセグロカモメはこの時期,相変わらず人相が悪い。どうみても悪者顔だ。これが春先になると頭が真っ白になり目の周りに赤いくまどりができて少しマシになる。

 また,松川浦でも釣師浜でも,セグロカモメ各1羽と出会った。もっと南ではごくごく普通なのだろうが,オオセグロカモメばかりのこちらではセグロカモメが珍しい。

081109e_299 081109e_199 081109e_317 081109e_243  オオセグロカモメやユリカモメは,この周辺ではごくごく普通の冬カモメだが,今の時期は再会がとても嬉しい。いるだけでも嬉しいのだが,飛んでいる姿が特に良い。
 カモメ類は飛ぶ姿がとても美しい上に,それほど速く飛ぶ訳でもない。ゆったりと羽ばたいて,空中にふんわりと浮かぶようにして飛ぶ。また,ひとつ撮り逃がしてもどんどん新しいのがやってくる。近くにも来る。だから,撮影もしやすいし,飽きることがない。

081109e_394 081109e_213 081109e_218  釣師浜の砂浜に立っていると,クロガモやシノリガモ,ビロードキンクロ,ウミスズメ,アビ類などを観察できるが,今は時期尚早だ。着水したカモがあって,どきっとしたが,残念ながらこれはスズガモ。この個体は白い帯がとても目立っていた。
 防波ブロックの上にはいつもどおりウミウたちがいて,お腹がとても白い幼鳥が混ざっていた。右端は気持ちよさそうに伸びをしているところ。 

081109e_564 081109e_571 081109s_013 この日は,最後に大沼に寄ってみた。アメリカコハクチョウが入ったとのご連絡を頂いていたので,ダメ元のつもりだった。で,結局ダメ。コハクチョウがたくさん入っていたが,黄色い所がちょびっとだけの個体はなかった。
 通過したのかもしれないし,また,近所の田んぼに出かけたままだったのかもしれない。居ついているなら近いうちにきっと会えるだろう。

 ガンを見にいくと,ついつい珍ガンを探し出そうと肩に力を入れてしまうが,この日はな~んにも考えていなかったので,の~んびりと,脱力して冬水鳥の始まりを楽しんできた。

【観察できた鳥】

(カイツブリ類)
カンムリカイツブリ,ハジロカイツブリ

(カモ類)
カルガモ,コガモ,ヒドリガモ,スズガモ,マガモ,ホオジロガモ,オナガガモ,ホシハジロ,ハシビロガモ,ヨシガモ

(カモメ類)
ウミネコ,オオセグロカモメ,セグロカモメ,ユリカモメ

(その他)※主なもの
オオバン,ハマシギ,カワウ,ウミウ,ウミアイサ

【写真】(鳥の海で見つけたハマシギは約90羽だった)

081109e_012 081109e_023 081109s_022 081109e_479 081109e_107 081109e_101 081109e_112 081109e_429 081109e_158 081109e_165 081109e_295 081109e_306 081109e_373 081109e_331 081109e_233 081109e_286 081109e_179 081109e_368 081109e_335 081109e_349 081109s_010

 

« 伊豆沼-蕪栗沼 2008/11/1-2 | トップページ | 伊豆沼‐蕪栗沼 2008/11/15-16 »

0504 宮城県/岩沼-亘理」カテゴリの記事

0514 宮城県/南沿岸」カテゴリの記事

コメント

yasです。珍ものを求めずゆったり鳥見って自然を楽しむ原点ですよね。相変わらず勉強になります。ところでカンムリカイツブリの冬羽がギャオスというのは同感です。私ガメラ映画のファンでした。

投稿: yas | 2008/11/13 21:26

 私の両親の実家が男鹿の入道崎だったので,小さい頃は,夏休みの間入道崎で過ごすことが多かったのですが,そこの夏祭りの金魚すくいでとても印象に残っている出来事がありました。

 爺ちゃんと孫たちが金魚がたくさん泳いでいる水槽の前に座ってじっとしているんです。
 何をしているのかと思って,覗きこむと,何とすくい網代わりのモナカの皮を水槽の底に沈めて「うるかし」て,それをついばみに集まる金魚を楽しんでいたのでした。これを見て,金魚をすくってやろうと,ギラギラと欲をむきだしにして行った私は,自分がとても恥ずかしくなりました。

 珍鳥探しも面白いのですが,たまには,モナカの皮をうるかすような鳥見も良いものです。
 と言いつつ,明日はまたギラギラ感一杯でフィールドに行くと思います。

 ところで「でした」って過去形ですか。
 平成ガメラシリーズも良いですよ。2006年公開の「小さき勇者たち」は泣けます。

投稿: yamame | 2008/11/14 18:43

私も思わずギラギラしてしまいます。同感です。ところで”でした”は私の得意先エリア山形では過去形ではないようです。現在進行形のように使います。秋田ではあまり使わないようですが。
*今も怪獣物は好きです。実はもっと好きなのは鳥の祖先の恐竜です。鳥好きに恐竜好きは多いですよね。

投稿: yas | 2008/11/14 22:52

 はじめまして。突然のコメントで大変恐れ入ります。
 私は、「ガメラ医師のBlog」管理人のガメラ医師と申します。映画ガメラに関する情報収集Blogを更新しており、こちらの記事にはガメラの検索から参りました。
 拙Blogでは従来より、ガメラに付いて言及された様々な記事をまとめておりまして、この度11月15日付けの更新、
ガメラ:08年11月第三週の小ネタいろいろ
http://blog.goo.ne.jp/gameraishi/e/88570632807c6f5a9d9b2d9617132b8b
中にて、こちらの記事(ギャオスに似ているカンムリカイツブリ)をご紹介させて頂きましたので、ご挨拶に参上した次第です。差し支えなければ拙Blogもご笑覧頂ければ幸いです。
 長文ご無礼致しました。それではこれにて失礼します。

投稿: ガメラ医師 | 2008/11/15 17:36

yasさん
そうですね。「でした」はそうでした。山形出身の妻は山形人と電話で話すとき連発していました。

ガメラ医師さん
はじめまして。「小さき勇者たち」でエキストラ出演されたんですね。この映画はガメラ映画の中で唯一映画館に行けませんでした。後でDVDで見ましたが,とても良かったです。
それにしてもがんばっていますね~。

投稿: yamame | 2008/11/16 07:49

こんにちは!
昨日、一昨日と、鳥の海に行ってきました。
カンムリカイツブリはいつ見ても可笑しな顔ですね!
3羽いたはずのコブハクチョウが見かけなかったことが気になります。

投稿: りもふ | 2008/11/17 11:43

カンムリカイツブリはそうですね。

コブハクチョウはすっかり忘れていて,いなくなったことに気付きもしませんでした。北海道と茨城を行き来しているのならばもう南下したのでしょうが,カゴ抜けだとしたら別の場所に移動したんでしょうね。
どこかで話題になっているかも。

投稿: yamame | 2008/11/17 22:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伊豆沼-蕪栗沼 2008/11/1-2 | トップページ | 伊豆沼‐蕪栗沼 2008/11/15-16 »