« 石巻 2008/09/28 | トップページ | 伊豆沼 2008/10/07 »

2008/10/12

石巻 2008/10/04

09:40 晴れ

 前週「2匹目のドジョウ」をゲットしたので,3匹目もいるかもしれない。この日はあまり潮が引かないようだが,とりあえず出撃だ。

081004s_001081004e_020 081004e_023  ところが,案の定,干潟が手前に全く出ておらず。シギチたちは遥か彼方だった。嫌な方に予想が当たってしまった。東側から歩いて行くとホウロクシギが手前にいたが,私とシギの間をスタスタと釣人が歩いて行って飛ばしてしまった。やむなし。
 南側に回ると,前週もいたハジロカイツブリが,近くで潜水を繰り返していた。

081004e_109 081004e_072  南側をず~っと歩いて西側の角までくると,ようやくトウネンの15羽程度の群れが近場に佇んでいるのと出会った。トウネン以外は何も混ざっていなかったが,ここにしかシギチがいない。干潮になる11時過ぎまではここで粘ってみよう。
 手前のトウネンたちを見飽きて,遠くを眺めていたら,北側の草むらの上空をノスリやチョウゲンボウが飛んでいるのが見えた。前回もいたかもしれないが,確認したのは今季初だ。撮影できるような距離ではなかった。

081004e_173 081004e_187  干潮といっても,この日の最低潮位が85.2cm,前週の最低潮位の34.1cmと比較すると50cmも高い。干潮時間が近づいても,わずかに潮が引いてきたかな,と感じる程度だった。
 前週は近くにいて何とも思わなかったメダイチドリでも,近くに飛んで来てくれたときはとても嬉しく感じた。

 やや動きが感じられてきたので,遠くのシギチたちをスコープで覗くと,コアオアシシギやツルシギ,ダイゼンなどが見え,さらにツルシギとは雰囲気が違う赤い足のシギが動いているのも見えた。
 アカアシシギとは思うが,スコープで見ても遠くて確信が持てない。

 ちょうどそんなとき,Sさんが姿を現してくれた。お久しぶりだ。鳥の渡りとともにいろんな方と再会できるシーズンだ。
 早速,このシギの次列風切が白いのを確認いただいた。ありがたい。間違いなし。

081004e_341 081004e_405 081004e_411 081004e_441  Sさんとともにしばらく待っていると,ようやくアカアシシギがこちらの方にスタスタと歩いてきた。1回目は途中で引き返して行ったが,2回目はかなり近くまで寄って来てくれた。
 アカアシシギを県内で見るのは久しぶりだ。ツルシギと似ていることは似ているが,くちばしが太めの上,足が短めなので全体の印象が全く違っている。
 偶然だが,足の蹼(みずかき)も撮影できていたのが嬉しい。

 ただし,近くにいたのはわずかの時間で,来たときに歩いて来たのと同じように,スタスタと歩み去って行った。

081004e_609 081004e_614  再び戻って来てくれることを願いながらSさんと待っていたとき,キアシシギの声が聞こえ,飛ぶ姿も見つけることができた。双眼鏡で追いかけていくと,岸から程近い場所に降りてくれたようだ。
 すぐさま移動して見てみると,何となんと,こんなにもきれいなキアシシギだった。最初は警戒している様子だったが,まもなく石のステージに上がってくれた。

081004e_666 081004e_667 081004e_679  キアシシギはごくごく普通のシギだが,この個体は新鮮な羽がとてもきれいで,また,このときは光の当たり具合も良かった。翼に白い点々があるのは子どもの証拠。今年生まれの無垢な体だ。
 頭掻きをしているときの表情が,何とも言えず気持ち良さそうだった。

 この後,元いた場所に戻ったが,徐々に潮が上がってくる時間になってきた。お腹もすいてきたので,Sさんと別れて,この場を後にした。

081004e_714 081004e_743 081004e_749  引き上げながらその辺を覗いてみたら,ノスリが例年来ている場所に今年も来ていた。周りにまだ馴染んでいなかったのか,トビやカラスに追いかけられるシーンが見られた。さっき遠くから見えたチョウゲンボウはタイミングが悪く,このときは見つけられなかった。
 昨季はケアシノスリも観察できたが,今季はどうなんだろう。

 これ以上整理する画像データを増やすと自分の首を絞めることになるので,このまま家に戻ろうとは思ったが,ちょこっとだけ,赤沼・大沼・蒲生に寄ることとした。それほど写真の枚数は増えないだろう。

 まずは赤沼。
 ここはちょっと前の時期に比較するとずいぶんとカモ類の数・種類が増えてきた。カルガモ,コガモのほか,オナガガモ,マガモ,ヒドリガモ,ハシビロガモも入ってきている。シギチの姿はなし。

081004e_783_2 081004e_770 081004e_811_2 081004e_816_2  次の大沼。
 ここは釣り人がとても多く,カモ類の姿は思ったより少なかった。これからなのだろう。ぐるりと回ってすぐに立ち去ろうと思い,一応は岸辺を覗いてみた。すると,思いがけずシギチがそこにいた。2羽のハマシギだった。撮影枚数が増えてもやむなし。
 ハクセキレイの子どももいたので,ついでのつもりでシャッターを切ったら,こんなにめんこく撮れていた。

081004e_829 081004e_981 081004e_888 081004e_934  蒲生では,スコープと双眼鏡だけを持って歩きはじめたが,ここでもシギチと出会ってしまった。中の干潟には何もいなかったのだが,防潮堤の外側にオオソリハシシギ4羽とダイゼン1羽の群れとキアシシギ3羽の群れが入っていた。
 逆光気味で条件が悪かったが,シルエット気味になって雰囲気がとても良かった。見ている間にアオアシシギも飛んできた。

081004s_012  津波対策工事の状況が気になって,奥の養魚場の方を覗いてみると,しばらく前とは風景が変わってきていた。最終的にどのようになるのか,まだ見えてこないが,今とは全然違う風景になるのは確実だ。より野鳥が訪れやすい環境になることを願う。
 姿は見えなかったが,カワセミの声が盛んに聞こえてきていた。

 この日は,偶然,信号三色のシギが揃った日になった。

【観察できた鳥】

オナガガモ,ヒバリ,カワラヒワ,スズメ,コガモ,ダイゼン,ホウロクシギ,ヒドリガモ,マガモ,トウネン,ハマシギ,トビ,ハシボソガラス,ハクセキレイ,ノスリ,メダイチドリ,チョウゲンボウ,コアオアシシギ,ツルシギ,アカアシシギ,ハヤブサ,タヒバリ?,キアシシギ,アオアシシギ,イソヒヨドリ (25種)

【写真】(赤‐黄‐青の順)

081004e_312 081004e_341_2 081004e_377 081004e_400 081004e_404 081004e_409 081004e_441_2 081004e_534 081004e_560 081004e_570 081004e_649 081004e_672 081004e_920 081004e_930 081004e_951 081004s_009

« 石巻 2008/09/28 | トップページ | 伊豆沼 2008/10/07 »

0503 宮城県/蒲生」カテゴリの記事

0510 宮城県/大沼周辺」カテゴリの記事

0513 宮城県/石巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 石巻 2008/09/28 | トップページ | 伊豆沼 2008/10/07 »