« 龍飛崎 2008/0914-15 | トップページ | 伊豆沼-蕪栗沼 2008/09/23 »

2008/10/04

岩沼 2008/09/20

10:00頃 晴れ(だったかな?)

 17日に北海道の息子が帰ってきていたので,亘理の荒浜にはらこ飯を食べに行った。まだ地物が出る時期ではないが,せっかく宮城に帰って来たので食べさせたい。

 で,午前中に鳥の海やその周辺田んぼを回ることになったのだが,見事にな~んにもいない。浜辺もず~っと歩いてみたが,出会ったのはイソヒヨドリくらい。こんなに何もいないのは珍しい。

080920s_011 080920s_014  ただ,珍しく,田んぼではチュウサギ(?)の死んだのを見つけ,港ではウミウの死んだのを見つけた。鳥を研究する人にとっては嬉しいものだろうが,あまり気持の良いものではない。田んぼのは近くに寄れなかったが,港のウミウは足元に横たわっていた。見ていると,棒っきれで突いて,息子がくちばしをこじ開けた。
 捕まえた魚をがっちりくわえて離さないよう,上くちばしの先がググッと曲がっているのが興味深い。嫌う人もいると思うので,顔をカットしてくちばしだけ張っておく。

080920s_017 080920s_019  はらこ飯は,1度家族で入ったことがあるこぎれいな店に入ってみた。「ふくや」がまだ営業していれば,弁当を買ったのだが,もう廃業しているので仕方ない。
 ここのはこんな感じ。たぶん,とてもおいしいのだろうが,私にとっては,いくらが柔らか過ぎ,サケがしっかりしすぎで厚すぎた。炊いたご飯の味も全然違うし,あら汁は上品すぎ。店によって違うので,合う合わないがあるのだろう。
 息子は私に気を遣ってか,おいしいともまずいとも言わなかった。

 さて,鳥だ。

080920s_006 080920s_021 080920s_023  この後,岩沼田んぼの要所を点検したが何もいない。AIさんの駐車している車を見つけたのだが,くるりと回って戻ってみるといなくなっていた。お会いしたかったのだが残念。
 田んぼは,まだ稲刈りが始まっておらず,頭(こうべ)を垂れた稲穂が一面に広がり,田んぼ全体が黄金色にざわざわ揺れている。通ると米の香りがした。

 用水路には小さな魚が群れを作っていたが,この時期,まだ小さな稚魚がいるのだろうか。メダカだとすれば凄いことだが,何だったのだろう。
 網を積んでおけば良かった。

080920s_025 080920e_089080920e_639  岩沼田んぼの最後のポイントに差しかかってきたところで,ようやくシギチたちと出会うことができた。最初にタシギを見つけたのだが,良く見るとタカブシギやエリマキシギもいる。それと,ジモティと思われるコチドリも。
 他に全くいなかったのに,この休耕田だけにこんなに集まっていた。シギチではこういうことが良くある。こういう田んぼを見つけられず,かつ,実は沢山入っていたということが後でわかったときは,とても落ち込むことになる。

 このとき,息子はすっかり夢の世界に入っていた。起こしても簡単に起きる奴ではない。観察に参加したのは撮影し始めてしばらくしてからだった。

080920e_461 080920e_007 080920e_036  ノートを忘れてしまいメモできなかったが,タシギは7~8羽,タカブシギとエリマキシギは各1羽だった。タカブシギは最初近かったが,警戒心が強く,徐々に離れて行って,最後には田んぼの一番遠い側に行ってしまった。エリマキシギはこちらを気にしているのかいないのか,田んぼの真ん中付近をずっと動き回っていた。

080920e_316 080920e_332 080920e_380  一方,タシギはどんどん近寄って来るものもいて,比較的近い所で羽づくろいする姿を見せてくれた。
 ジシギでは尾羽の枚数を数えるのが「通」のような感じがしたので,尾羽を狙ってみたが,角度が悪く撮影できず。しかし,元々,撮影できたとしても私にとっては「豚に真珠」で,あまり意味がなかった。それよりなにより,タシギはパッと見でもわからないと…。あ。これってタシギで良かったよね~。

 息子が飽きてきたようなので,今度は名取田んぼへ。

080920e_026 岩沼から名取に行く途中,こんな施設ができていた。「だてもん市場」だ。先日来た秋田のババにはけちょんけちょんだったが,実はかなり頑張っていると思う。仙台・宮城デスティネーションキャンペーンの一環でできた施設と思うが,中に入ると仙台・宮城どころか東北のうまいもんで一杯だった。
 しょっちゅうこの辺をうろつく立場で言わせてもらうと,自由に使えるきれいなトイレができて,また,昼食や買い物も楽しみな場所ができた。

 栗原地方に地震があったり,衆議院選挙が実現しそうになるなど,DCには向かい風だらけだが,せっかくの機会なので,沢山の観光客を宮城県に迎えたいものだ。地元では多くの人たちが迎える準備をしている。また,こちらにはうまいもんがたくさんある。

 さて名取。

080920e_681 080920e_670 080920e_709_2  最初に見た田んぼでいきなりこの鳥と出会った。尾を上下に動かしていたので,遠目にはイソシギに見えたが,近づいて見ると何とタカブシギだった。警戒心が強いシギのはずなのだが,田んぼの脇に車を止めたらこんな近くに寄れてしまった。警戒して歩み去るまでの1~2分間,至近距離で観察&撮影できた。

 名取田んぼでもシギチはここだけだった。

 この後赤沼~大沼を巡回したが,こちらはカモ類が増えていたものの,特に何もなし。
 この日は「はらこめし」ついでの鳥見だったが,シギチが入っている1枚の休耕田を見つけることができたおかげで,そこそこ楽しめた。
 息子とは久しぶりの鳥見だった。

【観察できた鳥】

※ フィールドノートを忘れて記録なし。

【写真】(タシギのオケツ写真有)

080920e_041 080920e_056 080920e_058 080920e_622 080920e_028 080920e_421 080920e_587 080920e_046 080920e_561 080920e_526 080920e_532 080920e_461_2 080920e_380_2 080920e_381 080920e_382 080920e_387 080920e_447 080920e_487 080920e_514 080920e_516 080920e_658 080920e_660 080920e_689 080920e_738 080920e_705 080920e_707

« 龍飛崎 2008/0914-15 | トップページ | 伊豆沼-蕪栗沼 2008/09/23 »

0504 宮城県/岩沼-亘理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 龍飛崎 2008/0914-15 | トップページ | 伊豆沼-蕪栗沼 2008/09/23 »