« 県南沿岸 2008/04/29 | トップページ | 加美‐石巻 2008/05/04 »

2008/05/06

庄内 2008/05/03

(酒田) 06:30 晴れ
(羽黒山) 10:00 晴れ

 今日から4連休。ゴールデンウィークだ。こういうときは体がなんぼ疲れていても寝ていられるもんじゃない。朝3時半に目を覚ましてしまった。早すぎるのでだらだらとネットを見ていたら,仙台は天気が悪いらしい。天気が良いのは庄内方面だ。
 こんなことしている場合じゃない。すぐに出かけないと。

080503s_009  酒田港に着いたのが6時半頃。天気予報どおり晴天だ。途中の月山・湯殿山の風景は最高だった。これだけでも足を延ばした甲斐があった。
 ここまで来れば飛島に日帰りで行けば良さそうなものだが,そういう訳には行かない。この連休は近場にいる,と宣言してしまった。タイミングさえ良ければ当たるかもしれない,という日和山公園に行くことにした。

080503s_002 080503s_003  ここは,何年も前,酒田までの時間がわからず,早く着きすぎたときに探鳥して以来だった。もうこの公園の土地勘はなかったが,それほど広い公園ではなかった。晴天のためか,人がとても多く,お年寄りたちがラジオ体操などで集まっていた。犬の散歩の人たちも多かった。会う人,会う人,皆にこやかだった。

080503e_004 080503e_017 080503e_035  さて,鳥の方はタイミングが合わなかったようで,さっぱり。
 カワラヒワとムクドリ,それとアオジ程度。それでも奥の方に行くと,センダイムシクイの声が聞こえてきた。続いてエゾムシクイの声もする。ちらっと目の片隅を横切ったので高木の上の方を見てみると,ムシクイ類が動き回っている。ムシクイ類はお腹だけ見ていると何が何だかさっぱりわからない。でも,緑っぽいのでセンダイかなぁ。

 日和山公園を外してしまったので,人の迷惑も顧みず,酒田港に行って,この日飛島に渡る人たちを見に行った。例年だったら,私もこの便に乗るはず。誰か知り合いはいないか。

 しばらく船着場や券売所をうろついたが誰もいない。もしかして,と思い,2階の食堂にいたら,いた。岩手の最も鳥の匂いがするお2人だった。この方々にお会いするだけで飛島行きを我慢することができる。飛島は日帰りでも4時間位は鳥見できたが,今回は内地にこだわろう。

 後で,この日飛島航路で凄いのが出た,と聞いた。山形初記録が出たらしい。
 羨ましくはないぞ。

080503s_014  この後,コシアカツバメ狙いで庄内の海沿いを南下して,加茂水族館(くらげ展示で有名)から由良まで巡回したが,こちらも外れ。鶴岡の高館山も良いようだが,事前勉強をしてこなかったのでどこからどう行って良いのかわからない。
 この後は羽黒山に行って,羽黒山もはずしたら,月山に行くことにした。

 羽黒山には10時に着いた。
 いつもは早朝に来るので羽黒山山頂に登る有料道路を通ったことがないのだが,初めて400円払って通ってみた。と,言っても上まで車で行くと何しに来たのかわからなくなる。車を坂の途中のスペースにとめて,林道に入った。

080503e_103 080503s_015 080503s_020  この日ははずれ続きだったので,山に入ってびっくり。生き物の濃度がとても濃い感じだ。スミレ類やミヤマカタバミ,タムシバ,ツツジなど,山野草はそこら辺にたくさん咲いているし,(ヒメ?)ギフチョウが何頭も飛んでいる。脇の藪の中では小動物か鳥かわからないが,ガサゴソと音がする。
 乾いた所から楽園に来てしまった幸福感だ。

080503e_064 080503e_050  歩き始めると,林道から鳥が何羽も飛び立った。休日でも観光客が歩くような場所ではないので,のんびりと林道で餌を探していたのだろう。まさかこんな近くにいるとは思わなかった。油断していた。
 残ったのはこのクロツグミだけだった。この画で雰囲気がわかると思う。

080503e_095 080503e_076 080503e_079  ここでしばらく動かないでいると,藪の中からとても賑やかな声と音がする。この時期お馴染みのブンブンいう音だ。2羽のキビタキがなわばり争いをしているようだ。1羽が見える所に出てきてくれ,チャンスを沢山くれたが,撮影はうまくできなかった。
 動きが早く,葉の陰に入ってしまうので手持ちで撮影したのだが,暗かったため手ブレの嵐だった。

080503s_022  それにしても,ここは凄い。朝早くない時間だったが,鳥のさえずりで周囲を取り囲まれていた。クロツグミやキビタキのほか,ウグイス,ヤブサメ,ツツドリ,イカルなどが盛んに鳴いていた。鳥のさえずりに包まれるのは今季初だった。
 鳥の姿は見えないが,じ~んと幸せを感じる。鳥の楽しみは何も鳥を見るだけではない。

080503s_027 080503e_115 080503s_030  一旦山頂に登って,観光客の賑やかな参道をしばらく降り,左に折れると,南谷に行き着く。ここはとても雰囲気が良い所で,羽黒山に来るなら,ぜひ寄りたい場所だ。小さな沼に木々の新緑が映ってとてもきれいだ。
 時期になると,水生昆虫やトンボ,両生類なども面白い所だ。

 10キロ以上の機材を担いで山を登り降りしたので,疲れていた。正直ここの雰囲気に浸って,癒されているだけでも良かった。

080503e_113 080503s_032 080503s_033  しかし,嬉しいことにこの山はどこにでも鳥がいる。疲れた体を癒してくれるようにまず現われてくれたのがトラツグミ。最初は気が付かなかったが,コサメビタキもぐちゅぐちゅ呟くようにさえずりながら周辺の木々を飛びまわっている。イカルなどの声も,引き続き聞こえてきていた。最高の雰囲気だ。

 昼日中にも関わらず「声のブッポソウ」(コノハズク)の声も聞こえてきた。何年ぶりだろう。久しぶり。感激だ。記憶していたより高い声だった。ギャーという声もしたが,何年も見ていない「姿のブッポソウ」も来ているのだろうか。そこまでは期待しすぎか。

 しばらく休憩してすっかり疲れを取った後,再び参道の階段を登って山頂まで行き,そして車まで戻った。帰りの降りて行く林道は午前中と違い,とても静かだった。やはり,山の鳥の声を楽しむには早朝,遅くても午前中でないといけない。

080503e_152 080503e_167  この後,月山ビジターセンター向かいの池に寄ったら,カシラダカ,アオジ,ビンズイ,コサメビタキなどの姿を見ることができた。カシラダカは冬鳥なので見間違いかと思ったが,たぶん間違いないだろう。ビンズイは冬の平地か夏の亜高山で見ることが多いが,この時期はこんな所でも会えるんだ。

080503e_121 080503e_136 080503e_171  コサメビタキは,南谷で木々を動き回る影を観察していたが,近くで姿を見るのは久しぶりだった。ヒタキ類はみんな器量良しだが,なかでもコサメビタキが一番めんこいと思う。頭が大きいプロポーションで,目がくりくりとしている。人間でいうと小さな子どものめんこさだ。目の周りが白く,めんこさをまた際立たせている。たまらない。

080503s_034  この日は晴れた土地を求めて「外れ」から始まったが,羽黒山で盛り返し,最高の1日になった。写真はほとんどないが,鳥見は何も鳥を見ることだけではない。
 オオルリやコルリ,アカショウビンなどがまだ到着していないようだったが,これからますます良くなってくことだろう。

 帰り道,月山ワインを買って,家でおいしくいただいた。
 この連休,田植えで忙しかった方々には申し訳なかったが,すっかり楽しませてもらった。

【観察できた鳥】

(日和山公園)
スズメ,カワラヒワ,ハシブトガラス,ムクドリ,ツグミ,ヒヨドリ,シジュウカラ,アオジ,トビ,メジロ,カケス,コゲラ,センダイムシクイ,エゾムシクイ,トビ,ホオジロ,ハシボソガラス (17種)

(羽黒山)
センダイムシクイ,ウグイス,ヒヨドリ,メジロ,キセキレイ,ツツドリ,クロツグミ,ヤブサメ,シジュウカラ,キジバト,ヤマガラ,キビタキ,イカル,トビ,ハシブトガラス,アカゲラ,アオゲラ,ゴジュウカラ,トラツグミ,コサメビタキ,コノハズク,コゲラ,カシラダカ,ビンズイ,アオサギ,コチドリ,ノジコ (27種)

« 県南沿岸 2008/04/29 | トップページ | 加美‐石巻 2008/05/04 »

0405 山形県/羽黒山」カテゴリの記事

0411 山形県/庄内」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
めでたしめでたし!の一日だったんですね!
GW中 高館山の探鳥会に参加してきましたが
オオルリ・キビタキ・コマドリなど 10種ぐらいの夏鳥を楽しめました。
私は鳴き声しか聞けませんでしたが 下池付近にはクイナやバンもいました。
野草も多く楽しかったですよ。

投稿: ど★れどれ | 2008/05/08 09:30

ど★れどれさん,おはようございます。

高館山も良さそうですね。コマドリは通過個体でしょうか>
下見も兼ねて冬に上池下池をちらっと覗いてきましたが,今回は近くを通り過ぎただけでした。まだしっかりと探鳥したことがない場所なので,いつかゆっくりと行ってみたいところですね~。

投稿: yamame | 2008/05/09 05:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 県南沿岸 2008/04/29 | トップページ | 加美‐石巻 2008/05/04 »