« 大沼周辺 2007/11/17 | トップページ | 大潟村 2007/11/21 »

2007/11/22

蕪栗 2007/11/18

09:00 雨のち曇り時々晴れ

 夜にサッカーのTV観戦をすると,いつも飲みすぎる。前夜は,若い世代の日本代表がベトナム相手にがんばっていたので,なおさらだった。で,翌朝,案の定わずかにアルコールが検知され,0値になるまで時間がかかってしまった。後悔先に立たず!

071118_s_030071118_s_048  まず,蕪栗沼南西側の田んぼを覗いてみたら,期待どおりガンの群れが入っていた。ゆっくりと驚かせないように寄っていって,さて,もっとじっくり見ようか,と思ったとき,電線にとまっていた小さな猛禽を見つけた。おぉ,コチョウゲンボウだ。近すぎて,私と目が合ってしまい,すぐに飛んでしまったが,ガンの入っている田んぼの真ん中に止まってくれた。

 コチョウゲンボウは,秋田の大潟村で♂♀両方を超至近距離から撮影したことがあるが,そのとき,誰も通らない真っ白な雪原の中,車が雪に埋まってしまいJAFのお世話になった,という思い出の鳥。あの時は,携帯電話の電池がなくなりかけるし,派遣されたJAF担当者が場所を探せず,迎えに歩いたり,と,大変な思いをした。その後,その大切な写真データをハードディスクの故障でなくしてしまう,という後日譚も付いている。

071118_s_071 071118_s_141 071118_s_154  それだけに,出会うととても嬉しくなる鳥だ。ただ,広く区画されている田んぼの真ん中なので,どこからも遠い。じっと動かずにいてくれているが,撮影はむずかしい。雨が上がって日が出てきたので,陽炎も上がってきている。下手な鉄砲も打ちゃ当たる方式で撮影してみたが,条件が悪すぎた。右端の写真は,手前にガンを入れてみたが,実はさらに手前にタゲリの群れも入っていた。タゲリたちは,気が付くと,いつの間にかいなくなっていた。

071118_s_212 071118_s_260  コチョウゲンボウがあまりにも動かないので,あちらこちらを見ているうち,このコチョウゲンボウの向こう側にヒシクイを見つけた。5羽いる。このヒシクイたち,マガンと同じ大きさに見える。蕪栗沼で多い亜種オオヒシクイとは別の亜種ヒシクイのようだ。結局,この広大な田んぼ区画を一周して,最初の場所に戻ることになったが,今度は,大きな鳥がとても近い。

071118_s_236 071118_s_238  上にも書いたように,蕪栗沼では亜種オオヒシクイが多いので,このような亜種ヒシクイに出会えると,嬉しくなる。しかも,違いを比較できるように,マガンたちがすぐ近くにいる。並ぶと確かに大きさは同じように見えるが,首の太さや頭の大きさがやっぱり違う。ヒシクイの方がボリュウム感がある。体形的には武田鉄也とか西田敏行に近いものがある。比較するとマガンの方がすらっとしている。

071118_e_033 071118_s_265 071118_s_270  次,蕪栗沼の北側に移動して土手の上からガンの大きな群れをチェックすると,すぐにカリガネを見つけることができた。このときは,ほとんどのガンが首を翼に突っ込んで寝ていたので,見つけられたのは幸運だった。全部で(たぶん)6羽。少なくとも成鳥が4羽いたようだ。今季この周辺で継続して観察されている群れなのかもしれない。すっかり居ついてくれているようだ。嬉しい限りだ。

071118_s_331 071118_s_342 071118_s_415  いつものように車の中に三脚を立てて撮影していると,後ろに見覚えのある車がとまった。Kkさんだった。お久しぶり。車の外に出て,ご一緒させてもらうことにした。県外からいらした鳥見の団体さんもやってきて,一緒にカリガネ見学を楽しむことができた。中には,初見,という方もいて,その喜びが伝わってきて,こちらも嬉しくなった。

071118_e_044  その後,一旦,Kkさんと分かれて田んぼを回るが,マガンの群れに気を取られて,すぐ頭上にいたハヤブサを飛ばしてしまった。2羽いたが,気が付いたのが姿を見たからではなく,声に気付いたから,というお粗末。急いで,プラス補正をかけ撮影したが,遅きに失した。このハヤブサたちは,すぐ近くを優雅に旋回していたが,撮影できたのは,どんどん遠ざかっていく後姿だけだった。残念。

071118_e_045 071118_e_048071118_e_051  すぐその後,土手の反対側の田んぼを回っていると,ちっちゃな鷹が目の前の田んぼに降り立った。デジスコで撮影すれば,超アップできる距離だが,多分その暇はないだろう。慌てて,デジ眼を手に取って,撮影したが,先ほどの空抜けのハヤブサを撮影した補正そのままだった。すっかり白が飛んでしまい,さらに,プラス補正分,ぶれてしまった。レタッチしたが,これ以上どうしようもない。
 このときは,とても小さく見えたので,ツミに間違いないと思ってたが,これってハイタカ以外の何ものにも見えない。あ~,失敗。

071118_s_695 071118_e_279  白鳥地区の南駐車場に車を停めると,すでにKkさんが来ていた。足早に蕪栗沼の方に歩いていくと,遠くに見えるKkさんの動きに緊張感がない。事前に情報があったオジロワシもヘラサギもいないのか。ちょっとしょんぼりしかけたが,近寄っていって,沼が視野に入るところまで来て,びっくり。前週とは景色が一変していた。何と,ナント,沼にヒシクイが山ほど入っていた。

071118_s_685 071118_s_631 071118_s_587  マガンも何割かいるが,ヒシクイが大半だった。それも亜種オオヒシクイ。盛期には沼の反対側にごっちゃり入って,水際に生える植物の根っこを食べているが,沼の水面にこんなに沢山浮いているのは見たことがない。もしかして,移動中にここに寄っているのだろうか。次週はどうなっているか楽しみ。さっき田んぼで見たヒシクイ(亜種ヒシクイ)も,このオオヒシクイの移動に混ざって来ていたのだろうか。

071118_e_122 071118_s_508 071118_e_125  そちこち見ていると,Kkさんがオオタカ成鳥を見つけてくれた。さっきいなかったので,今,ここにとまったのだろう。オオヒシクイに目が行ってしまっていたので,私単独では見つけられなかっただろう。感謝。遠かったものの,デジスコで遠景を抑え,さて,しっかり撮影しようとしたら,ふわりと浮かんだ。狩りの標的を見つけたようだ。ここから,目の前で凄いシーンが繰り広げられた。

071118_e_127 071118_e_133 071118_e_149 071118_s_535  私は気付かなかったが,このオオタカ,小さなカモを見つけたらしい。襲ったものの,一回失敗。二回目も失敗。襲われたカモも,必死で逃げようとするので,簡単ではない。でも,その間にダメージを負わせていたのだろう。三回目には,がっちりと捕獲し,水の中に押さえ込んで動かなくなった。息の根を止めるために,水中に抑えていたのかもしれない。しばらくこのまま動かなかったが,数分後に仕留めた獲物を葦の中に持ち去っていった。

 私たちの見えない所で,羽をむしって,ガツガツ食べていたに違いない。カメラのファインダー越しの観察となったが,大迫力シーンだった。そうそう見られるものではない。本文の中に写真を張り切れないので,時系列に従って,下に張っておくことする。

071118_e_199 071118_e_206  さて,このときまで,いつもいるチュウヒが出てこないので,どうしたのだろうと思っていたが,噂をするとすぐに飛んでくる。一度見たら,あっちにもこっちにも飛び始めた。移動すると,すぐ近くから飛び立つ始末。ここはチュウヒ天国なので,ここにくれば,ほぼ確実にチュウヒに出会うことができる。

 蕪栗沼の歩道はきれいに草刈されており,とても歩きやすくなっていた。

 この後,車でこの周辺を巡回してみたが,特筆すべき鳥は出ずじまい。しばらくガンの群れを見て楽しんだが,落雁を待たずに,切り上げることとした。

【観察できた鳥】

スズメ,マガン,ハシブトガラス,ノスリ,ハシボソガラス,ムクドリ,ヒヨドリ,コチョウゲンボウ,ヒシクイ,タゲリ,オオジュリン,カシラダカ,モズ,カワラヒワ,カリガネ,ホオジロ,ハヤブサ,ダイサギ,ツミ?,コハクチョウ,オオハクチョウ,ツルシギ,モズ,ベニマシコ,アオサギ,オオタカ,マガモ,カルガモ,キンクロハジロ,オナガガモ,コガモ,ツグミ,カイツブリ,チュウヒ,ウグイス,カワセミ,セグロセキレイ,ハクセキレイ,コチドリ,ホシハジロ,ミコアイサ (41種)

【写真】(左上から,オオタカの狩り×18,ツグミのアップ,ヒシクイ飛翔,ヒシクイ三態,朝のマガン×2,夕方のマガン×3,ミコアイサ,きれいになった歩道,沼風景×2)

071118_e_127_2 071118_e_130 071118_e_133_2 071118_e_134 071118_e_136 071118_e_139 071118_e_140 071118_e_141 071118_e_142 071118_e_143 071118_e_144 071118_e_146 071118_e_147 071118_e_148 071118_e_149_2 071118_e_150 071118_e_172 071118_s_516 071118_s_724 071118_e_272 071118_s_644 071118_s_655 071118_s_668 071118_e_018 071118_e_024 071118_e_067 071118_e_110 071118_s_468 071118_s_713 071118_s_477 071118_s_690 071118_s_691

« 大沼周辺 2007/11/17 | トップページ | 大潟村 2007/11/21 »

0502 宮城県/蕪栗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大沼周辺 2007/11/17 | トップページ | 大潟村 2007/11/21 »