« 蔵王-蒲生 2007/06/09 | トップページ | サイカチ沼周辺 2007/06/16 »

2007/06/16

岩沼-鳥の海 2007/06/10

(岩沼) 08:40 曇り
(鳥の海) 12:00 曇り

 この日は天童のばぁちゃんの家で目が覚めた。前夜,KANさんから美味しそうな天童情報をいただいたが,起きるとザーザー降りの雨だった。こりゃあダメだ。羽黒山や月山,蔵王もこの日は無理。雨が降っていない所を考え,思い切って太平洋沿岸まで移動することにした。

 自動車道で行くと,山形北ICから仙台空港ICまで,1時間ちょっと。通行料金(通勤割引&軽自動車料金)は1,400円だった。意外に近かった。

070610a_735 070610a_024 070610_0015 まず最初は岩沼へ。田んぼを回って雰囲気を楽しむだけでも良いと思ったが,前夜サギ類のことが話題になっていたのを思い出し,ここのサギ類を全部揃えることにした。コサギ,チュウサギ,ダイサギ,アマサギ,アオサギ,ゴイサギ,ササゴイ,ヨシゴイの8種が揃って,ストレートフラッシュだ。この周辺はサギ類の宝庫なので,ヨシゴイさえ見つければ楽勝だろう。まずはダイサギ,チュウサギ,ゴイサギをほぼ同時にゲット。チュウサギ,ダイサギの2種は田んぼのあちらこちらで見られ,最も多かった。

070610a_660 070610a_709 070610a_114  アマサギは分散しているのではなく,ところどころに20羽前後の群れがモチャっと固まっていた。婚姻色真っ只中の個体が多く,このようなド派手な顔の個体がいたる所で見られた。目の周りを青く,口を赤くし,頭を茶髪に染めている。化粧っ気なしの白いアマサギが可憐に見えた。ササゴイは,田んぼの畦や五間掘川で数個体見ることができた。

 難易度が高めのヨシゴイは南浜中央病院近くの橋近くで観察できた。ただ,至近距離にいてもヨシの陰で撮影は難しかった。意外にてこずったのがコサギとアオサギだが,これは鳥の海周辺でゲット。最終的には,無事,カードをすべて揃えることができた。サギ類のストレートフラッシュ完成。

070610a_268 070610a_610 070610a_442  小鳥類ではコヨシキリ。今季初めてのじっくり観察だったので,ついつい夢中になってしまった。オオヨシキリが近くで鳴いても,ホオアカやモズが来ても,コヨシキリ以外の鳥には目が行かなかった。同じ場所で同じ個体を数百枚撮影してしまう始末。帰ってからの写真整理が大変だった。

070610a_399 070610a_406 070610a_333  コヨシキリは名前のとおりオオヨシキリより小さめの鳥で,オオヨシキリの「ギョギョシ,ギョギョシ,・・・」という声から濁点を取ったような声でさえずる。オオヨシキリの口の中が赤いのに対し,この鳥は口の中が黄色い。頭はオオヨシキリのようにボサボサしていることなく,上品な顔立ちだ。クリーム色の眉線の上の黒い線(側頭線というらしい)がチャームポイントだ。

 しばらくコヨシキリにかかりっきりになっていたが,ここで終日過ごすのはもったいない。次は鳥の海へ。

070610a_778 070610b_004  鳥の海は水が満々。シギチはもう渡ってしまっただろうが,いたとしても干潟が出ていない。河口南側に行くと,ヒバリの声とともにまたコヨシキリの声がする。この辺りはオオヨシキリがいなくて,コヨシキリだけだった。さっきお腹一杯撮影したばかりだが,またここでも撮影してしまった。良くよく見ると,このコヨシキリ,尾がない。何かトラブったのだろうか。それともただの換羽? 尾がないハクセキレイやトビを見たことがあるが,コヨシキリは初めて。何なのだろう?

 ここで,AIさんから携帯で連絡をいただいた。それほど遠くない所にコアジサシが40~50羽来ている,という。おぉ,すごい。これは見に行かなくちゃ。しかし,コアジサシはいなくならない。慌てず騒がず,その前にちょこっと浜辺のチェックをしよう。

 浜に移動すると,シギチが若干残っていた。トウネンとメダイチドリだった。トウネン1羽にメダイチドリ3羽。思いがけなかった。

 さぁ,コアジサシポイントへ。

 着くとAIさんご夫婦がスコープを覗いていた。待っていてくれたのだろうか。寄り道して悪いことをしてしまった。お話している間も,海の方から盛んにコアジサシの声が聞こえてくる。遠くに乱舞している姿も見えた。話も早々に浜辺に突撃。

070610_0243 070610_0264  浜に行くと,釣り人が何人か入っている砂浜にコアジサシが多数群れている。飛んでいるものもあれば,波打ち際に休んでいるものもある。釣り人たちの背後の砂地には抱卵しているものもあった。繁殖しているようだ。
 飛んでいる個体の中に小さな魚をくわえているものもいたので。もう雛が孵ったものもあるのだろうか,とも思ったが,どうもこのコアジサシ,とんでもない奴らで,求愛給餌以降,卵が生まれてからも,♀に♂が魚を持っていくらしい。人間世界では考えられない。・・・,人によるかな。

070610b_167  それぞれの巣にマークしてあるように見えたので,誰かが継続して観察・記録しているのかもしれない。ここでいつから繁殖していたのか知らないが,定着し,より大きなコロニーになることを祈る。釣り人やドッグランの人たちとうまく共存できると良い。それより何より,カラスが一番心配。以前亘理の浜辺で繁殖していたコアジサシは,孵ったヒナがカラスにやられていた。

 最後にもう一度岩沼の田んぼを回っていると,至近距離からホトトギスの声が聞こえてくる。しかも移動せずに留まって鳴いているようだ。車を降りて探してみると,五間堀川の向こう側の高木の天辺で鳴いていた。血を吐くような痛切な鳴き方をすることから,この鳴き声を「啼血(ていけつ)」と言うが,実際の鳴き方も,口を目一杯に開けて血を吐くようだった。

070610b_288  ところで,「啼血」の由来に ≪母が,いなくなった我が子を探して,夜を徹し,血を吐くまで子を呼ぶ声≫ というイメージがある。ホトトギスの切ない声を聞くたびに,そのように感じていた。しかし,出典が何だったのかすっかり忘れてしまった。調べてもわからない。どなたかご存知の方はいないだろうか。スッキリしない。
 鳴いて大きく開けた口の中が血の赤い色だから,という説もあるようだが,これは「声」を表現する言葉の由来としては「?」と思う。

070610b_360 070610b_355  さて,このホトトギス,かなり遠いながらも,これからきちんと撮影しようと思った矢先に飛んでしまった。残念。と思ったら,カッコウに飛ばされたのだった。のどかな鳴き声が切ない鳴き声に代わった。鳴き方もこちらはほとんど口を開けない。胸から喉で声を共鳴させて大きな音を作っている。この写真はカッコウの方だ。

 カッコウ類4種は,「切ない声・口を開ける」系のホトトギス・ジュウイチ,「のどかな声・口を開けない」系のカッコウ・ツツドリに分かれると思う。
 ところで,このカッコウの仲間,体温が一定しないので抱卵できず,やむを得ず託卵している,というのを読んだことがあるが,原因と結果はどうなんだろう。 また,姿形を見るとハイタカやツミをまねているとしか思えないのだが,それでどんな得があるのだろう? よくわからない。不思議な鳥だ。

【観察できた鳥】

(岩沼)
ヒバリ,トビ,オオヨシキリ,スズメ,チュウサギ,ムクドリ,セッカ,ウミネコ,カッコウ,ハシボソガラス,ハシブトガラス,ハクセキレイ,ヒヨドリ,ウグイス,ゴイサギ,ササゴイ,バン,ホトトギス,セグロセキレイ,コヨシキリ,オオタカ?,キジバト,カワラヒワ,アマサギ,ヨシゴイ,コチドリ,ホオアカ (27種)

(鳥の海)
コサギ,トビ,スズメ,ウミネコ,ヒバリ,カッコウ,ウグイス,オオセグロカモメ,ウsp,オオヨシキリ,スズガモ,ツバメ,アオサギ,ハクセキレイ,コヨシキリ,カルガモ,ホオジロ,セグロセキレイ,ハシブトガラス,シロチドリ,トウネン,メダイチドリ (22種)

【写真】(左上から,アマサギはさまれたドジョウ。田んぼのウミネコ,オオヨシキリ,ゴイサギ,スズメ,折りたたんで咥えられたミミズ,子ムクドリ,居残りオオハクチョウ,コアジサシ,シロチドリ,浜昼顔)

070610_0163 070610_0009 070610_0136 070610b_253 070610a_090 070610b_257 070610b_223 070610_0216 070610b_164 070610_0204

070610_0196

« 蔵王-蒲生 2007/06/09 | トップページ | サイカチ沼周辺 2007/06/16 »

0504 宮城県/岩沼-亘理」カテゴリの記事

コメント

yamameさん、こんばんは。
前日、話に出た、コ、コヨシキリ、い、いいですね。私に対する当て付けですか?(笑。
太平洋側に行っちゃおうかな。でも、マイフィールドで出すぞ。オオヨシキリの鳴き声の濁点抜きですね。これを知ってるのと知らないのでは、天と地ですね。今週末、絶対探すぞー。オー!!

投稿: KAN | 2007/06/18 23:50

KANさん,おはようございます。

≫ 私に対する当て付けですか?

実はKANさんの顔を思い浮かべながら見ていました。(^^)
今週末のご健闘をお祈りします。

投稿: yamame | 2007/06/20 07:06

Hです。みなさまお世話になっております。
コアジサシの巣にマーキングしているのは私です。巣の数を数えるためにマーキングとプロットをしていました。
毎週変動があるのですが先週から

新しくできた巣 < 無くなった巣

になってきました。
やはり車に轢かれるのが多いみたいです。
声をかけて車の移動をお願いすると殆どの方が快く応じてくださるのですが、時々怒っちゃう方もいらっしゃいます。
もちろん私にはそんな権限はありませんし、根本的な問題の解決にはならないのですが、、、怒られると怖いですし。

投稿: H | 2007/06/20 13:37

Hさん,おばんです。
マーキングされているご本人からのコメントとはとても嬉しいです。ありがとうございます。

> やはり車に轢かれるのが多いみたいです。

それはとてもとても,とっても残念です。カラスよりやっぱり人ですか。あそこも安住の地ではなかったんですね。
支部の活動でデコイを置いている蒲生だったら安心なんでしょうけどねぇ。もうちょっと北上して欲しいです。

投稿: yamame | 2007/06/20 17:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蔵王-蒲生 2007/06/09 | トップページ | サイカチ沼周辺 2007/06/16 »