« 遠別-天売 2007/0519 | トップページ | 苫小牧 2007/05/21 »

2007/06/02

天売-遠別 2007/05/20

04:00 曇り後晴れ(強風)

 天売島はこの日がメイン。海鳥のほか,渡り鳥の期待も大きかった。朝食前に島を一周し,その後,船で島周辺の海鳥を観察したり,島内の林道などで探鳥したかった。

070520_1680 070520_1716  ところが,前日の強風は朝も収まっていなかった。前日より良くなった,と思い込もうと思ったが,現実は厳しい。早く起きて4時前に歩き始めたが寒い。たぶん5℃位だったろう。朝食前,息子にとんだ修行をさせることになってしまった。前夜ウトウを観察した赤岩展望台付近までは比較的良かったが,海鳥観察小屋付近からの道は,強風がまともに当たった。島を一周する3時間超,良くがんばった。

070520_1736_1 070520_1751_1 070520_0085  朝食前に島を一周したのは,ケイマフリやウミガラスなどの海鳥やアザラシなどの海獣を期待したからだが,どちらもハズレ。見つけられなかった。オオセグロカモメやウミウ,ウミネコなどの営巣地を観察できたが,それを見せたかったわけではない。残念だった。

070520_1719 070520_0062 070520_1744  しかし,遠くに見える海が刻々と表情を変えて,とても美しかった。寒風に逆らいながら,「きれいだね~」と息子に言っても返答がない。見ると,タオルを頭に巻いて端を口にくわえていた。これじゃあ返事はできい。左端は天売島から見た焼尻島。コンパクトデジカメで撮影すると,コントラストが強調されて右端の写真のように写るときもある。

 宿に帰って朝食を取り,島の遊覧船の事務所に電話確認すると,海が荒れているため今日は出ない,という。また,元気がない息子の顔を見ると気の毒になってきた。午後3時50分発の2便で帰る予定だったが,午前10時25分発の1便で帰ることとした。それを伝えると一転表情が明るくなり元気になった。仕方ないな。また来なくっちゃいけなくなってしまった。

070520_0089 070520_1930 070520_1984  船が出る前の短い時間,天売灯台周辺の散策路を急ぎ足で回ってみた。アザラシなどはやはり観察できなかったが,ノゴマ,コムクドリ,ベニマシコなどが姿を現してくれた。上空ではオオジシギが盛んに鳴いていた。「見たことがない鳥がいる。」と息子に教えてもらい,アリスイも観察することができた。
 近くの愛鳥展望台の向かい側から上る林道は,前日の下見で鳥影が濃そうだったが,時間切れ,いつかわからない次回に期待しよう。

070520_1995 070520_2104 070520_2066  乗船のため港に向かうと,近くの海にシノリガモの群れが浮かんでいた。そういえば,前日も同じような場所にいた。港内にはウトウが1羽入っていた。これも前日港の入り口付近で1羽見かけたが,同じ個体だろうか。羽づくろいで羽ばたきはしていたが,船が入ってきても飛ぶことはなかった。怪我をしているのでなければ良いのだが。

070520_2119 070520_2122 070520_0168  皮肉なことに,島を離れる頃にようやく晴れてきた。北海道に来てから初めての青空だ。後ろ髪を引かれる思いで,遠ざかっていく天売島(写真中)を撮影した。
 羽幌への航路では鯨類が1回見えただけで,往路のような賑わいはなかった。アカエリヒレアシシギとウトウ,ケイマフリ位だった。息子がケイマフリを見たいというので,焼尻島付近で飛んでいく個体を教えてやったが,赤い足が確認できなかったようだ。近くを飛ぶヒメウでも見ていたのかもしれない。

070520_0375 070520_0300 070520_2156  翌日が月曜日で息子が通常通り学校なので,この日のうちに札幌に行かなければならない。ただ,天気が良くなり,もったいなかったので,前日と同じように遠別にちょこっと寄ることにした。
 ここでは,出た種類は前日同様で,ツメナガセキレイもチラッとしか見られなかったが,爽やかな天気になったおかげで。気持ちの良い探鳥ができた。

 天売島の渡り鳥を期待してこの時期を選んだが,北海道らしさを楽しむには時期が早かったようだ。早くても5月末。6~7月がベストシーズンかもしれない。

 札幌では,駅前の焼肉屋で息子と一緒に夕食をとり,夜は狭い息子の部屋に寝かせてもらった。何とか掃除,洗濯もしているようでひと安心。
 寝る前に,以前妻が飲み残していったというウイスキーを片付けてやった。

2007.05.17 苫小牧
2007.05.18 札幌
2007.05.19 遠別-天売
2007.05.20 天売-遠別
2007.05.21 苫小牧

【観察できた鳥】(天売のみ記録)

ノゴマ,ウグイス,ハシブトガラス,オオセグロカモメ,スズメ,ハクセキレイ,カワラヒワ,アオジ,ハシボソガラス,アカハラ,マヒワ,キジバト,クロツグミ,ウミネコ,ウミウ,シノリガモ,ヒメウ,コムクドリ,ツグミ,オオジシギ,アリスイ,ニュウナイスズメ,ベニマシコ (23種)

【写真】(左上から,天売のノゴマ×4,ニュウナイスズメ♂,♀,カップル,ウミウの編隊,ウトウの巣穴×4,ヒメウ,ウトウ,アカエリヒレアシシギ,焼尻島のカモメ類,遠別のノゴマ×2,ノビタキ,ショウドウツバメ,チュウヒ,天売島の花×2,遠別の花,牧場)

070520_0047 070520_1665 070520_1790 070520_1832 070520_1859 070520_1901 070520_1915 070520_0100 070520_1676 070520_1682 070520_1684 070520_1689 070520_1645 070520_2052_1 070520_0116_1 070520_0148_1 070520_0224 070520_0269 070520_2255 070520_0372 070520_0343 070520_0056 070520_0110 070520_0382 070520_2275

« 遠別-天売 2007/0519 | トップページ | 苫小牧 2007/05/21 »

0001 北海道/道北」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 遠別-天売 2007/0519 | トップページ | 苫小牧 2007/05/21 »