« 飛島 2007/05/05 | トップページ | 苫小牧航路-ウトナイ湖 2007/05/17 »

2007/05/13

飛島 2007/05/06

(6日) 島 04:30 曇り時々雨,航路 16:00 曇り

 前日なんぼ飲んでも,ここでは4時には目が覚めてしまう。いつもどおり4時半頃には宿を出た。霧が濃かったが,まずは朝食前にコウライウグイスをクリアしたい。

070506_b_452 070506_b_386  前日と同様,道端の鳥たちに引き止められながらポイントに向かった。特に,ゴドイモ畑のヒメコウテンシは大サービスで,行こうとする私の袖をつかんで離してくれない。嬉しさを分かち合おうと,山形のOさんに電話を入れたら,その瞬間,反対側の畑に飛んでいってしまった。どうも私にだけ見ていて欲しかったらしい。悪いことをしてしまった。ゴメン。

070506_b_491 070506_b_553  山形の3人はすでにポイントで待機していたようなので,私も急いでそちらに向かう。他にも待機している人たちがいる。前日は朝だけ出て,その後出なかったので,皆この時間帯を期待して集まってきていたようだ。しかし,なかなか出ない。昨日と違って他の鳥もあまり出ない。カラアカハラが出ても,皆この鳥は堪能しきったのか,あまり反応がない。7時頃まで粘ったが,結局出ずじまい。
 ところが,朝食のため宿に戻ったら,その後すぐに出た,とのこと。さらに,朝食後出かけようとすると,今また出ているという。今日は出が良いらしい。こんなのばっかし。

 山形のOさんは第一便で帰るとのことで,コウライウグイス再挑戦に向かったが,また同じ場所に行くのも嫌なので,学校側から回り,鼻戸崎方面に行くことにした。

 昨日の夕方いたハギマシコはまだここに居付いていたが,このほか,ビンズイもいた。噂のヨーロッパビンズイかと思ったが,すぐに飛んでしまい,確認できなかった。すぐにあきらめて鼻戸崎のほうに向かうと,山形のSさんから携帯で連絡があった。出た,とのこと。すぐに引き返した。

 草むらの陰にいて,最初なかなか見つけられなかったが,そこにいた方に教えていただき,見つけることができた。ちょっと遠いが何とか観察できる距離だ。確かに色が薄めで目の後の班も目立たない。ただ,この個体は胸の縦班がビンズイ並に太かった。もっと良く見て,納得したくって,ず~っとスコープを覗いていたため,撮影はできなかった。飛んでしまう直前,コンクリートブロックの上に止まったが,スコープにカメラを付けるのが間に合わなかった。デジ眼ででも撮っておけば良かった。
 今回は,学校がミステリーゾーンになってしまった。

 次,鼻戸崎へ。

070505_0226 070505_0256 070505_0298 070506_b_563  相変わらずマヒワとアオジだらけ。めげずに歩いていると,オオルリの青い個体と出会った。今回は♀ばっかりだったので,ちょっぴり嬉しい。さらに進むと,ヒガラが2羽至近距離の木で餌を取っていた。近いと思い,大喜びで撮影したが,周囲が暗かった上,動きが速いので,写真のほとんどが被写体ブレで見る影もなかった。近すぎたのも良くなかったか。

 この鳥を撮影しているとき,にわかに雨が降ってきた。幸い木の下にいたのでほとんど濡れなかったが,すぐにザーザー降りとなった。空が明るかったのですぐに止むだろうと思ったが,なかなか止まない。雨が弱くなってきたところで,雨宿りのため,近くのあずまやに逃げ込んだ。

 ここは海が見え,景色が良いが,待っていても鳥があまり来る所ではない。近くで盛んにアカハラがさえずっているが,姿は見えず。メジロ,アオジ,センダイムシクイなどが姿を見せてくれたが,基本的にヒマ。上空をジュルジュルいいながら飛ぶアマツバメ(雨燕)が恨めしかった。

 ヒマなので,昼寝でもしようと思っていたところに山形のSさん,Kさんが現われた。ヘリポートからこちらに移動して来たらしい。お聞きするとヘリポートはなかなか良かったようだ。昨日見かけなかったキマユホオジロ♂も出ていたらしい。写真も見せてもらった。だらだらしていた気持ちがシャッキリしてきた。

 さぁ,雨が上がった。ヘリポートへ。

 昨日と異なり,人が1人しかいない。その人もまもなくいなくなった。私だけ。人が少なくなると鳥が近くなる。

070506_c_109070506_c_097 070506_c_130070506_c_131  まず,コホオアカ。この鳥は飛島でしか会ったことがないが,逆に,飛島に来て会えないと,何か欠けたような寂しい気持ちになる鳥だ。ホオジロの仲間では最も小さい鳥で,スズメより小さい。手元の図鑑によると,12.5~13cm。コガラ程度の大きさだ。冬羽も良いが,夏羽の赤茶色の顔がなんとも言えずめんこい。子どもが塗り絵をしていて,茶色のクレヨンがはみ出したような顔だ。
 じっとしていたらすぐ近くまで寄ってきてくれたので,アップにしてみた。頭の天辺はこういう風になっている。茶髪と黒髪の縞模様だ。ちょっとした不良か。

070506_c_235_01 070506_c_317_01 070506_c_254  次はキマユホオジロ。この場所ではこの鳥を期待していたのだが,なかなか見つけられない。諦めようと,念のためコンクリートの向こう側の草地を覗き込んだら,そこに♂♀そろって餌を採っていた。♂は顔が黒いので,その対比で眉の黄色が鮮やかに見える。メスは優しげな色合いだ。2羽が行動を共にしており,ひとつのフレームに収めることができた。距離が近かったので,被写界深度が確保できなかったのが残念。贅沢か。

070506_c_049 070506_c_284 070506_c_293 070506_c_321  この鳥も,コホオアカ同様,至近距離で撮影できた。左から♀♂♂♀の順に並べてみた。頭の上を見てみると,♀は頭央線が嘴近くまで来ているが,♂は後頭部のみとなっている。そういえば,人間のお父さんたちもこのような頭の人を良く見かける。私もそろそろかな。

070506_c_159 070506_0369 070506_0394  ここにはホオジロ類が数多く入っていて,他にもカシラダカ,ホオジロ,ホオアカ,アオジ(シベリアアオジ)などを観察することができた。カシラダカ♂の黒白はっきりした顔もとてもきれいだったが,撮影するのを忘れていた。何て失礼なことをしてしまったんだろう。嫌われてしまったかもしれない。♀は至近距離にいたので数枚撮影していた。ホオアカもず~っと至近距離にいたが,コホオアカほど丁寧に撮っていなかった。ホオジロの写真は1枚もなかった。申し訳なかった。

070506_b_623  このアオジは亜種シベリアアオジ♂と思われる。アオジはお腹の黄色が喉付近まで来ているが,シベリアアオジは胸から上が灰色だ。前回来たとき,アオジとは違うアオジのような謎ホオジロ♀が2羽いたが,あれがシベリアアオジの♀だったかもしれない。何人かで議論したが結論は出なかったように思う。アオジ♀より黄色味が少なかった。尾羽両脇が白かったのでクロジではなかった。遠くって満足な写真が撮れなかったのが残念。あのとき一緒にいたAIさんはきちんと撮影したかもしれない。

 山ほどのホオジロ類を独り占め状態だったので,いつまでもいたかったが,この日に帰らなければならない。ホオジロたちが引き止めるのを振り切って,次に移動することとした。コウライウグイスにも再挑戦しなければならない。

 白瀬沢ダム(トイレのある畑の下の砂防ダム)には必ず寄ることとしている。ここはダムに溜まった水に発生する虫を狙って,ヒタキ類やムシクイ類,ツバメ類などが居つくポイントとなっている。私のお気に入りのポイントのひとつで,ここにいると時間を忘れてしまうことも多い。ほとんどのとき,誰もいない,ってのも良い。

070506_0525 070506_c_332 070506_0505  ダムに続く小道の脇には菜の花畑があり,その手前にネギ畑がある。前回は,菜の花をバックにネギ坊主に乗っかった黒頭巾ちゃん(ノビタキ)の撮影に失敗したが,今回はメジロがネギ坊主の頭に乗っかっていた。ネギ坊主を止まり木にしているのではなく,花粉or蜜を食べに来ていたので,ずっとネギ坊主の上にいる。じっくりと撮影できた。今回は霧がかかっていたり,雨が降ったりと天気が悪く,写真も暗いものになりがちだったが,ようやく明るい写真を撮影できた。これは大きな拾い物だった。

070506_c_414 070506_0582 070506_c_568  さて,白瀬沢ダムには,この日も,人は誰も入っていなかった。鳥は,キマユムシクイなどの珍し系は入っていなかったものの,キビタキ,オオルリ,センダイムシクイ,ウグイス,キセキレイなどが入っており,特にキビタキとセンダイムシクイはサービスが良かった。ちょっと覗くだけのつもりだったが,鳥の動きを見ていると飽きることがなく,案の定,時間を忘れてしまった。暗かったが,撮影も何とかでき,楽しい時間を過ごさせてもらった。

 いつの間にか帰る準備のために宿に戻らなければならない時間が近づいてきた。最後に,コウライウグイス挑戦の悪あがきだ。

070506_0632  このポイントでは相変わらずカラアカハラが出ていたが,ここにいた誰もが興味を示さない。皆コウライウグイス狙いだったようだ。それにしても,ここのカラアカハラ,出ずっぱりだ。酒田のNさんご夫婦も来ており,一緒に粘っていたが,時間切れ。思いがすべて叶ってしまうと楽しみがなくなる。今回はこれで良かったと思うことにしよう。
 船着場に向かう途中,最後にシメを観察。奇しくも,シメが文字通り「締め」となった。

 復路の航路も往路と同様なかなか良かったが,イルカは残念ながら出なかった。

 今回は4月末のリベンジだったが,カラアカハラ君たちのお陰で,快い充実感を感じることができた。感謝。
 また,今回も,川崎のⅠさん,岩手のYさん,Tさん,宮城のNさん,酒田のNさんご夫婦など多くの方々にお世話になった。山形のSさん,Kさん,Oさんには夜まで付き合わせてしまった。心から感謝申し上げる。

 また秋に!

【観察できた鳥】

アビsp,オオミズナギドリ,翼の裏も黒いミズナギドリsp,ウミウ,アマサギ,ダイサギ,トビ,ハイタカ,ハヤブサ,ヒレアシシギsp,オオセグロカモメ,ウミネコ,コアジサシ,ウミスズメsp,ウトウ,カラスバト,キジバト,ツツドリ,アオバズク,アマツバメ,アカゲラ,ヒメコウテンシ,ツバメ,キセキレイ,ハクセキレイ,ビンズイ,ムネアカタヒバリ,タヒバリ,サンショウクイ,ヒヨドリ,モズ,コマドリ,コルリ,ジョウビタキ,ノビタキ,イソヒヨドリ,トラツグミ,カラアカハラ,アカハラ,シロハラ,マミチャジナイ,ツグミ,ヤブサメ,ウグイス,オオヨシキリ,エゾムシクイ,センダイムシクイ,キビタキ,オオルリ,ヒガラ,ヤマガラ,シジュウカラ,メジロ,ホオジロ,ホオアカ,コホオアカキマユホオジロ,カシラダカ,ミヤマホオジロ,アオジ,アトリ,カワラヒワ,マヒワ,ハギマシコ,ベニマシコ,イカル,シメ,ニュウナイスズメ,スズメ,カケス,ハシボソガラス,ハシブトガラス (計72種)

【写真】(左上から,アトリ♂,アトリ♀,ホオジロ類を追い払うアマサギ,白瀬沢ダムのウグイス,シンクロするウミネコ×2,オオルリ♀,花をバックのキビタキ,コホオアカの指名手配写真×4,白瀬沢ダムのセンダイムシクイ×4,ニュウナイスズメ♂,ノビタキ♂,ノビタキ♀,ビンズイ,ムネアカタヒバリ,マヒワ×2,菜の花畑,出発前の勝浦港)

070505_a_248 070506_b_571 070506_0432 070506_c_479 070506_0639 070506_0640 070506_c_347 070505_0105 070506_c_123 070506_c_126 070506_c_130_1 070506_c_131_1 070506_0588 070506_c_391 070506_c_501 070506_c_543 070505_a_417 070505_a_203 070506_c_156 070505_a_036 070505_a_127 070505_0137 070505_0168 070506_c_590 070506_c_594

« 飛島 2007/05/05 | トップページ | 苫小牧航路-ウトナイ湖 2007/05/17 »

0401 山形県/飛島」カテゴリの記事

コメント

yamameさんこんばんは。2回目の飛島よかったですね。何か非常に楽しそうで文面が踊ってます。コウライウグイスは残念でしたが、その他の名まえを見ると、私にとってはうらやましい限りです。私は今年初めて行きましたが再度いきたいと思ってます。今度は山形の皆様とともに一杯やりたいものです。

投稿: yas | 2007/05/14 22:33

yasさん,おはようございます。
今回は天気が悪かったのですが,とても楽しい探鳥ができました。来年といわず,できれば秋に再訪したいところです。
後でお聞きしたところでは,9日前後も良かったようで,コルリやマミジロなどがどっさりだったようです。時期をずらしてみるのも面白そうです。
またご一緒したいですね。

投稿: yamame | 2007/05/15 07:25

yamameさん,こんにちは。

ブロク少し悔しい思いで拝見させて頂きました。(笑)
GWの後半は珍鳥系がでたんですね。おめでとうございます。
再訪のかいがありましたね。
私もカラアカハラ,コホオアカ,ムネアカタヒバリを見たかったです。

それにしても,ほんの数日で見られる鳥が違うので,飛島には1ヶ月位居続けたいと思ってしまいます。

yamameさんのブログを拝見していつも感心するのですが,周辺の風景まで楽しんでられて,写真に撮ってこられますよね。素敵だなぁと思っています。私もこうありたいと思っていますが,ついつい鳥見一辺倒になってしまいます。

投稿: konpas | 2007/05/15 21:12

konpasさん,おはようございます。

> ブロク少し悔しい思いで拝見させて頂きました。

申し訳ありません。(^^ゞ
本当に数日違いで鳥が入れ替わるので,宿の人と話していたら,毎週来ていた人もあったようです。上にも書きましたが,私の後も結構良いのが出ていたようです。
本当に1ヶ月くらい居てみたいですね。

> ついつい鳥見一辺倒になってしまいます。

私の場合,ついつい鳥以外にも興味が行ってしまうかも。鳥そのものも好きですが,鳥がいる場所の「空気」も大好きです。

投稿: yamame | 2007/05/16 07:07

yamameさん 2回目の飛島いいですねえ。
私はいつもゴールデンウィークばかりなので時期をずらしたいといつも思っていますが、関東からだとなかなか難しいです。

>鳥がいる場所の「空気」も大好きです。

yamameさんのおっしゃる「空気」にぴったりなのが誰もいない白瀬沢ダムですよね。ここで過ごす時間が私にとっても黄金の時間です。

投稿: 綱さん | 2007/05/19 21:05

綱さん,おはようございます。
レス遅れてすみませんでした。

> ここで過ごす時間が私にとっても黄金の時間です。

あそこはなかなか良いですよね~。団体さんが入る所ではないですし,落ち着いて楽しめます。

ところで,先週末から渡り鳥を追いかけて天売まで行ったのですが,雨交じりの強風のため,惨敗でした。(>_<)

投稿: yamame | 2007/05/23 06:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 飛島 2007/05/05 | トップページ | 苫小牧航路-ウトナイ湖 2007/05/17 »