« 石巻 2007/05/03 | トップページ | 飛島 2007/05/05 »

2007/05/07

蕪栗 2007/05/04

08:40 晴れ

 もうホオアカなどの夏鳥が来ているらしい。黒くなったツルシギの群れも見たい。家でやることもあるが,少しだけ蕪栗を覗いてみることにした。

070504_a_167 現地に着くとオオヨシキリの声が迎えてくれた。うかつなことに頭にはオオヨシキリのことが全くなかった。もうあちらこちらでギョギョシ,ギョギョシとにぎやかにさえずっている。この鳥のこの声がすると,「夏」の到来を感じさせる。春が来た,と思っていたが,初夏の季節ももうそこまでやってきている。油断できない。

070504_a_137 070504_0024  目当てのホオアカはすぐに目にすることができ,また歩いているとき多数の個体と遭遇したが,不思議なことにさえずっている個体は少なかった。時間が遅かったせいだろうか。この時期以降,ホオアカを見たいときは蕪栗にくれば必ず見られる。コムクドリたちもお約束どおり来てくれていた。

070504_a_073  また,この時期はキジ♂の姿も良く目にする。この日も複数のキジが姿を現してくれた。ときどきケーン,ケーンと大きな声で鳴き,翼をばたつかせていた。光沢のある緑色が日に当たってとてもきれいに光っている。冬に鉄砲を担いだハンターと会うことがあるので,猟友会に放鳥されたものなのかもしれない。ところで,ラムサール条約湿地に指定されたのだが,まだ禁猟区になっていないのだろうか?

070504_a_097 070504_a_118  水辺は,蕪栗沼にはコガモ程度。しかし,白鳥地区にはまだカモ類が多数残っていたほか,期待どおり,黒くなったツルシギの群れを見ることができた。40羽を数えたが,もっといたかもしれない。群れに混じってアオアシシギが5羽+。それとツルシギやアオアシシギより背の低いシギも1羽混ざっていたが,遠かったのでよくわからなかった。
 近くにはマガン,ヒシクイの群れがまだ残っており,なかにサカツラガンも混ざっていた。サカツラガンは昨年もずいぶん遅い時期(5/14確認)まで残っていたが,同じ個体なのかもしれない。

 田んぼも行くには行ったが,連休の田植作業の盛期。こんな所で鳥見をしていたのでは迷惑をかけてしまう。早々に退散した。帰り道,伊豆沼も覗いてみたが,満水状態。水が引かないとシギチなどは期待できないか。

【観察できた鳥】

キジ,ヒバリ,ツバメ,ムクドリ,スズメ,ハシボソガラス,ハシブトガラス,ウグイス,ダイサギ,トビ,ヒヨドリ,カルガモ,セッカ,オオヨシキリ,オナガガモ,コガモ,ハシビロガモ,マガモ,ヒドリガモ,カワラヒワ,モズ,コムクドリ,ホオアカ,ホオジロ,カイツブリ,オオバン,アオサギ,カワセミ,キジバト,アオジ,ツルシギ,マガン,ヒシクイ,サカツラガン,アオアシシギ,ウミネコ,シジュウカラ,オナガ,オカヨシガモ,メジロ (40種)

【写真】(左から,移動時には姿勢を低くするキジ,コムクドリの凧,田んぼに移動するサカツラガン,オオヨシキリの後姿)

070504_a_062 070504_0012

070504_0062 070504_a_178_1

« 石巻 2007/05/03 | トップページ | 飛島 2007/05/05 »

0502 宮城県/蕪栗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 石巻 2007/05/03 | トップページ | 飛島 2007/05/05 »