« 蕪栗 2007/03/11 | トップページ | 伊豆沼 2007/03/21 »

2007/03/21

県南沿岸 2007/03/17

(鳥の海) 10:15 曇り
(磯浜漁港) 12:00 曇り
(釣師浜) 12:20 曇り

 ここ数年,3月中旬頃に山元町の磯浜漁港にアカエリカイツブリが入る。今年もそろそろ来ているかもしれない。確認に行きたい。

 まずは,途中,鳥の海に寄ってみた。

070317a_133_1 070317a_134  プレジャーボートの船着場に行くと,50羽位のシギチがパッと飛び立った。油断していたので何か確認できなかった。ハマシギかな。港内をチェックすると,ハジロカイツブリが4羽浮かんでいるのを見つけた。4羽とも夏羽に変わりかけだ。そうか。そういう時期だったんだ。強い逆光だったが,証拠写真と思い,シャッターを切った。うち1枚(写真右)に運良くベロが写っていた。
 去年の4月上旬に来たとき,ここに夏羽のミミカイツブリが入っていたのを思い出した。

070317a_192  この近くにはいつもコガモやヒドリガモがいるが,この日は変わったカモがいた。顔はヒドリガモ風だが,体型がオナガガモ風だ。遠くてきちんと撮影できなかったのが残念だった。鳥の海のなかは,カモ類の数がだいぶ減ってきているが,種類だけはまだ揃っていた。いつもは見かけないヨシガモも観察できた。渡りの途中なのかもしれない。このときはずっと首を翼に突っ込んでいた。

070317_0002 070317_0031 070317_0051  水門付近には30羽位のハジロカイツブリの群れが入っていた。さっきの4羽はどれも夏羽に変わってきていたが,この群れはバラバラ。ほとんど夏羽になっているものもあれば,冬羽のままのものもある。ちょうど今がお着替え中。夏羽は,首から上が真っ黒になり,目の後方に金色の飾り羽が出てくる。わき腹も赤褐色になるようだ。集団で潜っては浮かび上がることを繰り返していた。

 鳥の海で遊んで磯浜漁港に着いたのがちょうどお昼頃。アカエリカイツブリを期待していたが,見当たらない。はずしてしまったぁ。ここ数年はこの時期必ずいたのにどうしたのだろう。港内にいたのはマガモと冬羽のハジロカイツブリだけだった。
 即,釣師浜漁港へ移動。

070317a_548 070317_0185  釣師浜漁港にもハジロカイツブリが5羽入っていたが,はっきりと夏羽への衣替えを始めたとわかる個体は1羽だけだった。この個体も首や脇に白い部分がかなり残っており,金色の飾り羽がまだ短い。しっかり夏羽に変わるのにどの位の期間がかかるのだろう。人間で言うと冬服を脱ぎ始めたばかりか。

070218a_540 070317a_677 070317a_611  ここにはミミカイツブリ(写真中,右)も入っていたが,これもまだ冬服を着ている。2月中旬に撮影した写真(左端)と比較してみると,気のせいかもしれないが,真っ白だったほっぺたに微かに換羽の兆しが見えるような気もする。できるならミミカイツブリという名前の由来になった飾り羽がしっかり生えてくるまでいてほしいものだ。

070218a_543_1 070317a_677_02 070317b_063  ところで,虹彩の色が赤や緑の鳥の瞳孔ってどんなになっているのだろう? カイツブリやホオジロガモなど,黄色い虹彩の鳥は,黒い小さな瞳孔がくっきり写っていないと,ぼけているようでとても気になるが,虹彩が赤や緑の鳥は気にしたことがなかった。左端は2月の晴れた日に撮影したもの。真ん中は今回曇った条件で撮影したもの。瞳孔の色が違って見える。周囲の明るさで瞳孔の大きさが変わっているためだろうか。それとも別の要因もあるのか?
 それにしても,デジスコを始めたおかげで,ここまで観察できるようになった。以前は考えられなかった。採集して剥製にしても,生きていなければわからないことも多い。これは凄いことだと思う。

070317a_495 070317a_477 070317a_482  さて,広い方の港にはクロガモが入っていた。最初はいなかったが,何度も行ったり来たりする間に,♂2羽♀1羽が港に入って,近くに寄ってきていた。港内のやや遠方にも数羽見える。海が荒れてきたので,群れの中の道楽者が港内に入ってきたのだろう。幸運なことに水面で伸びをしてくれたので,黒くって大きな足ヒレ(写真中)も撮影できた。やはりでかくってたくましい足だった。

070317_0393 070317_0395 070317a_405 070317b_067  海水浴場の方は幸いまだカモメたちが残っていてくれて,カモメ,ユリカモメ,オオセグロカモメ,セグロカモメ,ワシカモメなどを観察することができた。大型カモメやウミネコは頭が真っ白の夏羽になった個体が多くなってきたが,カモメやユリカモメは夏羽になるまでもうちょっと時間がかかりそうだった。左から順に,オオセグロカモメ,ワシカモメ,カモメ,ユリカモメだ。

070317a_722_1 070317b_266_1 070317b_182_3  帰り道,磯浜漁港と鳥の海に再度寄ってみたら,磯浜漁港にはミミカイツブリとクロガモが新たに入っていた。ここのミミカイツブリもまだ冬羽だった。鳥の海ではお昼前に寝ていたヨシガモが起きて顔を出していた。頭に夕陽が射して金属光沢が輝く所を狙ったが,なかなかうまくいかないものだ。カワセミの声がしたので,探してみると,コンクリートの縁にとまっていた。最後におまけをもらった気分。

 この日はアカエリカイツブリを探しに行ったのだが,カイツブリ類ではアカエリカイツブリにだけ会えなかった。しかし,ハジロカイツブリは行く所行く所で出会うことができ,夏羽に変身中の個体も観察できた。まもなくいなくなるのだろう。また寂しくなる。
 シギチの到来が待ち遠しい。

【観察できた鳥】

(鳥の海)
ハクセキレイ,カワラヒワ,カワウ,トビ,マガモ,ユリカモメ,アオサギ,ハシブトガラス,ツグミ,ウミネコ,オオセグロカモメ,カンムリカイツブリ,カイツブリ,オオバン,ハマシギ?,ハジロカイツブリ,スズガモ,オナガガモ,マガモ,ヨシガモ,ホオジロガモ,キンクロハジロ,コガモ,カルガモ,カワアイサ,ハシボソガラス,イソヒヨドリ,アオジ,シロチドリ,ホオジロ,スズメ,ムクドリ,ダイサギ,コサギ,カワセミ (35種)

(磯浜漁港)
クロガモ,マガモ,ハジロカイツブリ,コサギ,オオセグロカモメ,ウミウ,ヒドリガモ,ミミカイツブリ (8種)

(釣師浜)
ハクセキレイ,ユリカモメ,ウミネコ,スズガモ,ミミカイツブリ,カモメ,オオセグロカモメ,ハジロカイツブリ,クロガモ,カンムリカイツブリ,ウミウ,トビ,ワシカモメ,セグロカモメ,シノリガモ,カイツブリ,ムクドリ,スズメ (18種)

【写真】(左上から,ウミネコの欠伸,夏羽になりきれていないカイツブリ,夏羽のカンムリカイツブリ,3羽のコガモ,海岸のシロチドリ,夏羽のウミネコ,夏羽のオオセグロカモメ,頭が白くなっていないカモメ,海面に寝そべるクロガモ,クロガモの羽と足,クロガモの尾羽,立ち姿が格好好いセグロカモメ,スズガモ♂,スズガモ♀,九官鳥でなくムクドリ,ワシカモメの着地,ワシカモメとオオセグロカモメのツーショット,ヒドリガモがこんなになってしまった)

070317a_001 070317a_038 070317b_100 070317_0067 070317_0069 070317a_347 070317_0559 070317a_425 070317a_472 070317a_476 070317a_486 070317a_421 070317_0340 070317_0583 070317_0365 070317_0404 070317_0413 070317a_703

« 蕪栗 2007/03/11 | トップページ | 伊豆沼 2007/03/21 »

0504 宮城県/岩沼-亘理」カテゴリの記事

0514 宮城県/南沿岸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蕪栗 2007/03/11 | トップページ | 伊豆沼 2007/03/21 »