« 男鹿南磯ほか 2007/03/10 | トップページ | 県南沿岸 2007/03/17 »

2007/03/17

蕪栗 2007/03/11

13:00 曇り時々雪のち晴れ

 出るのがお昼になった。恥ずかしながら前夜の飲みすぎ。どこに行こうか悩んだが,春先の蕪栗沼も楽しいかもしれない。

070311a_038 070311a_081 070311a_179  天気の良い朝なのであれば小鳥類のさえずりも期待できるのだが,もうお昼過ぎで,雪もちらついて来た。どうなることかと思ったが,沼までたどり着くと,10数羽のタシギが迎えてくれた。思いがけなかった。長い嘴をズッポリと泥に差し込んで餌を探している。早くも渡ってきたのだろうか。

070311_0024070311a_125  タシギを観察しているとき,上空を100羽近いタゲリの群れが飛んでいった。2群に分かれて,向こう側の田んぼに降りたようだった。追いかけて見に行きたかったが,ここからでは無理。沼にも入っていないかと探してみたら,1羽だけ佇んでいるのを見つけることができた。群れからはぐれてしまったのか。それとも一匹狼ならぬ,一羽田計里で孤独が好きなのか。

 沼にはヒシクイもハクチョウも見られなくなっていたが,振り返って白鳥地区を見ると,盛期には及ばないまでも,まだカモ類が沢山観察できた。

070311a_235  コガモの群れが休んでいるなぁ,と思って双眼鏡でみると,どきっ。コガモの向こうにシギチが見えた。どれも白っぽいすらりとした体型。4羽中3羽は足が赤く,1羽はが赤くなく,嘴がやや上に反っている。ツルシギ3羽とアオアシシギだった。来ているという情報はあったが,思いがけなかった。その後,4羽が群れになって沼や白鳥地区を飛んでいる光景も観察できた。アオアシシギは独特の声で清々しい鳴いていた。

070311a_309 070311_0184  奧の方に歩いていくと,ヨシが焼かれて見通しがよくなっていた。沼の保全のため,今年から野焼きをするようになったらしい。オオセッカが繁殖する青森の仏沼も茨城の浮島もヨシの野焼きをする所。オオセッカがここを通過しているのは確実と思われるので,今後,繁殖してくれることを期待したい。いつの間にか晴れていて,上空にはチュウヒが飛ぶ姿が見られた。

 その後,真っ直ぐ歩いていられないほど風が強くなり退散し,車で周辺を回ったが,特に何もなし。次回に期待しよう。

【観察できた鳥】

ハシブトガラス,キジ,トビ,カシラダカ,ツグミ,ハシボソガラス,ハクセキレイ,アカゲラ,シジュウカラ,ジョウビタキ?,アオサギ,ダイサギ,ベニマシコ,コガモ,チュウヒ,マガモ,ハシビロガモ,オナガガモ,タシギ,タゲリ,アオアシシギ,ツルシギ,ウグイス,カワウ,オオジュリン,アオジ,ヤマガラ,カワラヒワ,ミコアイサ,ノスリ,スズメ,ホオジロ,ヒバリ,ムクドリ,コゲラ,エナガ (36種)

【写真】(左上から,アカケラ,コゲラ,コガモ,マガモ,オナガガモ,ミコアイサ,木の芽,蕪栗の空)

070311a_293 070311_0319 070311a_344 070311a_319 070311a_342 070311a_365 070311a_288 070311a_310

« 男鹿南磯ほか 2007/03/10 | トップページ | 県南沿岸 2007/03/17 »

0502 宮城県/蕪栗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 男鹿南磯ほか 2007/03/10 | トップページ | 県南沿岸 2007/03/17 »