« 野蒜-加瀬沼 2007/02/24 | トップページ | 蒲生-大沼 2007/03/03 »

2007/03/02

石巻-白石川 2007/02/25

(石巻) 10:30 快晴
(白石川) 14:30 快晴

 懸案だった2種を確認したかった。石巻埋立地のヨーロッパトウネンと,白石川のアメリカヒドリ♀だ。前日に引き続き,鳴瀬川河口のミヤコドリにも挑戦したい。

070225_0052  石巻の現地に着くととてもよい天気。真っ青な空だ。ここに来たのがもったいないくらい。ほかに行くところがなかったのかと後悔するくらいだった。中ほどの沼にはカモ類を期待していたが,数がとても少ない。日曜日なので工事が休みだったが,どうもここも埋め立てが始まったらしい。仕方ない。写真は埋め立て始めた所をバックに飛ぶコガモだ。

070225a_013  海側の干潟に行くと満潮から潮が引いてくるところだった。前回は程近い距離で,ヨーロッパトウネン(?)を観察したが,この日は見当たらない。ハマシギの群れも入っていない。最近鳥が動き始めた気配があるので,新たに何か入っていないかとの期待もあったが,逆にいなくなっていた。タイミングが悪かった。いたシギチはシロチドリだけ。

070225a_020070225a_023 070225a_028 070225a_030   しかし,ここで面白い写真を撮れた。オオセグロカモメが大きなヒトデを飲み込むところだ。写真は4枚に絞っているが,かなり苦労して時間をかけて飲み込んでいた。飲み込んだ後,首の辺りがぷっくりと膨らんでいる。ところで,以前もオオセグロカモメがヒトデを飲み込んでいるところを見たことがあるが,こんなの食べて消化できるのだろうか? そもそも栄養はあるのか?

070225a_053 070225a_054 070225_0143 070225_0174  前回チョウゲンボウやノスリがいた場所に移動すると,今回も同じように,電柱にとまっていた。チョウゲンボウをスコープに入れて撮影を始めたら,ふわっと飛び立った。いつもならそのまま画面から消え去るが,この日は風が強く,一瞬空中に留まってくれた。デジスコでもこんな条件だったら飛翔写真が撮れる。その後も,風のお陰でホバリング画像を簡単に撮影できた。しかし,角度が悪かったのが残念。左2枚はデジスコだが,右の2枚はデジ眼だ。

 次に,前日に引き続き,鳴瀬川河口に行ったが,地元のKさんがすでに来ており。いないという。この方がいないというなら本当にいないのだろう。会えなかったのは残念だったが,探す時間が省略できた。即,白石川に向かった。

070225_0246 070225_0267 070225_0290 070225_0508  白石川には2時半頃には到着した。日暮れまでにはまだかなり時間がある。前回来たときは雨で,色が良くわからなかったので,今回はきちんと見て納得したい。しか~し,目的のアメリカヒドリ♀がなかなか見つからない。比較対照用にヒドリガモ♀を撮っておいたのがむなしく思えるようになって来た頃,ようやく見つけた。30分以上かかってしまった。
 ちなみに,ここに貼った4枚は全部ヒドリガモ。個性があって,みんな色合いが違うがアメリカヒドリではない。

070225_0320_1 070225_0422 070225_0469_1 070225_0474_1  これがアメリカヒドリと思われた個体。至近距離で,光が充分だったので,今回は色がよくわかる。ヒドリガモ♀とは全然違う色合いだった。見りゃぁわかる,って感じ。頭の色が薄くって褐色味がない。でも,これだけでは不安。個体差かもしれない。もう1点の識別ポイントを見せてくれるのを粘ってみた。
 結果,現地ではきちんと確認できなかったが,家に戻って撮影したものを見てみると,腋羽と下部大雨覆が白い。頭の色で「技あり」。翼の裏で「技あり」。合わせて「一本」。アメリカヒドリと断定。

070225_0391  しかし,良く考えてみると,♂で観察されるのは,ほとんどがヒドリガモとの交雑。♀もその可能性があるかもしれない。この個体はどうなんだろう? 図鑑に載っているアメリカヒドリ♀の特徴とぴったりなのだが,拡大してよくよく見てみると,下部大雨覆の大部分は白いものの,一部がグレーがかっている。この辺りまで詳しく書かれている図鑑はなかった。ん~,どうなんだぁ? 謎が残っていた方が良いか。

070225_0298 070225_0300 070225_0307  アメヒを探している間,キンクロハジロの♀も楽しんでしまった。これはこれで面白い。個体差が大きいので,撮影しがいがある。嘴の模様も違うし,嘴の付け根の色も違う。追究していけば,カモ類は♀の方がうんと面白いかもしれない。今年はもう時期が終わるが,来期はもっと♀に着目してみよう。特に嘴辺りに個性が出ている種が多いかもしれない。

 日はまだ高かったが,この日も妻がいないので,娘のために早帰り。何とも落ち着かなかったがやむを得ない。

【確認できた鳥】 ※ フィールドノートを玄関に落としていってしまったため記憶にあるもの

(石巻)
マガモ,オナガガモ,ハシビロガモ,キンクロハジロ,コガモ,カルガモ,オオセグロカモメ,カモメ,ウミネコ,シロチドリ,ヒバリ,ツグミ,トビ,チョウゲンボウ,ノスリ,ベニマシコ,ウsp,カンムリカイツブリ,ハクセキレイ

(白石川)
オオハクチョウ,コハクチョウ,オナガガモ,ホシハジロ,キンクロハジロ,ヒドリガモ,アメリカヒドリ,ハクセキレイ,ツグミ,スズメ,ユリカモメ

【写真】(石巻のオオセグロカモメ,デジスコチョウゲンボウ,ノスリ,ハシビロガモ,白石川のアメリカヒドリ♀,後趾がめんこい,川に飛び降りるところ,汗をかいているオオハクチョウ,オナガガモのルツボ,ヒドリガモのウン○,ノビをしてもヒドリ,キンクロハジロ♀です,たぶんホシハジロ♀です,たぶんユリカモメ幼鳥の足,何の足だったかなぁ?,ほくそえむコハクチョウ)

070225_0004 070225a_069 070225_0216 070224_0055070225_0384 070225_0484 070225_0544 070225_0574 070225_0312 070225_0245 070225_0511 070225_0309 070225_0596 070225_0249 070225_0255 070225_0565

« 野蒜-加瀬沼 2007/02/24 | トップページ | 蒲生-大沼 2007/03/03 »

0513 宮城県/石巻」カテゴリの記事

0520 宮城県/白石川」カテゴリの記事

コメント

yamameさん おばんでございます。
アメヒ♀おめでとうございます。
さて、こんどは♂が大沼にいました。1羽です。3/2(本日)見て来ました。
農業園芸センター側の車で入れない道路から柵越しにカモ類を見ていたら、対岸の白鳥とオナガガモの群に混じっているのを見つけました。
対岸に移動し近くまで来たと思ったら、先ほど見ていたところに泳いで移動してしまい、戻るはめになってしまいました。
ヒドリガモの小群に混じって行動しているようでした。
光線状態を考えると農業園芸センター側で観察したほうが良いかも知れません。
アメヒ♂は見ているとは思いますが連絡します。

投稿: さむさわ | 2007/03/02 20:08

ps
追加情報です。
嘴がヒドリガモの色で少し長め、体色は全体的に褐色で嘴の根元が淡い
褐色、横から見た頭の形が台形で、次列風切の先端と付根が白、中心部
は黒味のある褐色、尾羽は白っぽいように感じました。
ヒドリガモと何かのhybridと思いますが?のカモもいましたよ!
以上、追加でした。

投稿: さむさわ | 2007/03/02 20:32

さむさわさん,情報ありがとうございます。

こりゃぁ行かなくっちゃいけません。実は純粋アメリカヒドリ♂はデジタルに変えてから会っていないので,データ化していないんです。明日行くところに悩んでいたのですが,決めました。近場情報ってありがたいです。
農業園芸センター方面からだったらお昼過ぎが良いんでしょうが,待っていてくれるかな~?

投稿: yamame | 2007/03/02 23:38

さむさわさん,おはようございます。

おかげ様で昨日アメリカヒドリ♂と会うことができました。情報をいただき,ありがとうございました。m(__)m
午後から大沼に行ったのですが,目論見どおり光の当たり具合は理想的だったものの,なかなか近くに寄ってきてくれす,最後までデジスコ距離でした。でも,久しぶりに純粋アメヒと出会え,良かったです。

> ヒドリガモと何かのhybridと思いますが?のカモもいましたよ!

こちらは気付かなかったのですが,マガモとカルガモの交雑と思われる個体は見つけました。画像掲示板の方に張らせてもらいました。

投稿: yamame | 2007/03/04 07:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 野蒜-加瀬沼 2007/02/24 | トップページ | 蒲生-大沼 2007/03/03 »