« サイカチ-鳥の海 2006/12/16 | トップページ | 蒲生・大沼周辺 2006/12/23 »

2006/12/20

福島-サイカチ 2006/12/16

(福島) 09:20 曇り  (サイカチ) 14:00 曇り

 赤い実と冬小鳥を見たい。どこの雑木林に行こうか迷ったが,福島市小鳥の森に行ってみることにした。例年雪が積もってから覗きに行くので,この時期には初めてかもしれない。

_061217_0007 _061217_012  時間は9時を過ぎていたが,雲が厚く,ISO200ではシャッタースピードが得られないほど暗かった。動きが速い鳥の撮影はちょっときびしい。歩き始めてすぐの入口近くでツグミを発見。じっとしていてくれたので,デジスコで何とか撮影できた。ツグミは今季初の撮影だったので気持ち良い。写真に関しては,もうこれで満足。

 ネイチャーセンターの方に歩いていくと,途中,エナガ,カラ類のほか,左手の林の方からはウソ,手前の池周辺の地上からはシロハラ(?)の声が聞こえてきた。ジョウビタキに似た声を頼りに探すと,ルリビタキの姿も観察できた。しかし,林側の高木の上を移動しながら鳴いており,遠い・暗い・逆光,の三重苦で撮影はできなかった。

_061217_017  ネイチャーセンターに着いて,そこにいた方に聞くと,今年は山の木の実が全くだめだという。ウソは来ているが,冬鳥はまだあまり来ていないらしい。最近イノシシが出るので,餌台にリンゴを置くことができなくなった,ともいう。あんまり,良い話を聞くことはできなかった。餌台にはヒマワリの種が置いてあり,ヤマガラやシジュウカラ,カワラヒワが集まっていた。ヤマガラが至近距離でチョロチョロしていた。

_061217_024 _061217_041  ガッカリしつつ,山道に少し入ってみたが,カラの混群がいる程度で芳しくない。ゴジュウカラの声もするが見つけられない。来たばかりだったが,戻ることとした。途中,赤い実が生っている木々があったので,ツグミやヒヨドリが食べに来ないかとしばらく待ってみたが,歩道が近く人通りもあったので,結局良い所にとまってくれず,ここもはずしてしまった。山を振り向いたら,スズメバチの大きな巣があった。

_061217_0019 _061217_0045 _061217_0052  帰り道,すぐ近くの「あぶくま親水公園」に寄ってみたが,こちらはハクチョウ見物の親子連れなどで大盛況だった。オオハクチョウ,コハクチョウのほか,オナガガモ,ホシハジロ,キンクロハジロ,マガモ,ヒドリガモなどのカモ類でも賑わっていた。カモ類では,アメリカヒドリ交雑も1羽混ざっていた。ここんとこ毎年来ている個体だろうか。例年来ているるトモエガモは探し出せなかった。

 山ではツグミしか撮れなかったので,スナップショットが心地良い。鳥たちがとても近かったので,くちばし写真を何枚が撮影してみた。

_061217_0035_2 _061217_0038_2 _061217_0073  昔,オオハクチョウ(写真左)とコハクチョウ(写真中)は,黄色い部分と黒い部分の割合や形で識別するのだと教わったが,良く見ると,顔の印象がずいぶん異なる。「オオ」の方が大人っぽく,「コ」の方がかわいい感じだ。くちばしの大きさのせいだろう。オオハクチョウを大人,コハクチョウを子供,と言って,知らない人をだませるかもしれない。今度してみよう。
 幼鳥(写真右)は単独でいたり,混ざっていたりすると「オオ」か「コ」か判別しづらいが,これは子供っぽい顔かなぁ。

_061217_0027 _061217_0028  ホシハジロ(写真左)は,クチバシに明るいグレー部分があるのがチャームポイント。オオホシハジロはまだ見たことがないが,グレー部分がないようだ。クチバシが真っ黒なホシハジロを探し出してみたいものだ。マガモ♀(写真右)はくちばし上部が黒いのがチャームポイント。これまであまり着目してこなかったが,1羽1羽の個性が現れるところだ。昨年は天童の原崎沼で,クチバシ全体が真っ黒な個体を見つけたこともある。

 さて,次は,赤い実に生る鳥を期待して伊豆沼に行こうかとも思ったが,移動時間がもったいないので,前日に引き続き,またサイカチに寄ることにした。

_061217_074 _061217_054  サイカチでは,行く手前の田んぼに,カシラダカの群れが入っていた。30羽位の群れが,さびしくなった風景をにぎやかにしてくれていた。カシラダカを見ていると,大きな猛禽が目の前を通り過ぎて,林縁の木にとまった。ノスリだ。デジスコのファインダーに入れて見ていると,お尻を上げ始めた。これはチャンスと連写したら,白いウン○が飛び出すところをばっちり撮影できた。飛び去る前に余分な物を出すことが多いようだ。

 月山池ほとりのポイントに行って歩き始めると,シメが足元から飛び立った。姿を見たのは今季初。結構うれしい。近くからルリビタキっぽい声が聞こえてきたが,こちらは視認できず。この間,ずっと脇の林からキツツキ類の声がしていた。アカゲラか? それともアオゲラか? どっちだろう。登って回り込んで探してみると,枝に見え隠れしながら,至近距離にアオゲラがいた。すぐに飛んでしまったので,うろうろ探していると,今度はアカゲラも出てきた。「どちらか」ではなく,両方いたようだ。

_061217_0081 _061217_0132 _061217_0173_02  なかなか撮影できる所に出てきてくれなかったので,しばらくグズグズしていたら,今度は,エナガやヤマガラ,シジュウカラ,コゲラなどの群れがやってきた。この群れにはゴジュウカラも結構混ざっているようだった。かなり暗くなってきていたので,動きが速い鳥の撮影はきびしかったが,止まって写っているものも何枚かあった。
 例年に比べ,今年はゴジュウカラも良く目にする。

 ところで,今年は山に食べ物が少ないことは確かなようだ。例年の冬であれば山で冬を過ごせる鳥が里に降りてきている状況なのかもしれない。しかし,里に食べ物があるのか,と,いうと,それもどうなんだろう? いずれ,今季は鳥たちにとって厳しい冬越しになりそうだ。これから寒波が来ると,もっと冬鳥が渡来するが大丈夫なのだろうか。
 餌台を設置することについては色んな意見があるようだが,自宅の庭の餌台には,例年どおりヒマワリの種を置き,そのほか,今年はリンゴも置くことにした。(ここの町内会はゴミ対策をきちんとしており,自宅周辺でカラスを見かけたことがないので,カラス対策の心配もない。)

【観察できた鳥】

ヒヨドリ,ホオジロ,コゲラ,ツグミ,シジュウカラ,エナガ,アカゲラ,ウソ,シメ,カケス,ヤマガラ,ルリビタキ,ハシブトガラス,ゴジュウカラ,キクイタダキ? (16種)

(参考:サイカチの一部)
ノスリ,カシラダカ,ホオジロ,エナガ,ゴジュウカラ,ヤマガラ,シジュウカラ,アオゲラ,アカゲラ,シメ,ルリビタキ,ウソ

【写真】(左上から,アメヒ交雑,大人,子供,珍しいカルガモ,キンクロハジロ,間違って張ってしまった,ホシハジロ♂,マガモ♂,ゴジュウカラと間違って撮ったコゲラ,テレポーテーション中のゴジュウカラ,腹は白くない,花なしのオケツフラワー,その一瞬前,スッキリ,居付きホオジロ,シジュウカラ,月山池風景×2,朝食ラーメン,昼食ラーメン)

_061217_0055 _061217_0013 _061217_0015 _061217_0040 _061217_0020 _061217_0040_1 _061217_0009 _061217_0016 _061217_0183 _061217_0155 _061217_0159 _061217_0164 _061217_053 _061217_057 _061217_085 _061217_0085 _061217_0090 _061217_0091 _061217_002_1 _061217_045_1

« サイカチ-鳥の海 2006/12/16 | トップページ | 蒲生・大沼周辺 2006/12/23 »

0507 宮城県/サイカチ」カテゴリの記事

0601 福島県/福島市」カテゴリの記事

コメント

福島の野鳥の森に、イノシシ出るんですか!
あ、来年はイノシシが干支ですもんね.....^_^;
冗談はさておき、積雪が減ってきたからなんでしょうか。

今年は、北海道の平地にギンザンマシコが来てるという情報があるそうなの
で、ここにも何か来るかもしれないですね。

投稿: まぐぴ | 2006/12/20 22:25

ギンザンマシコですか。たぶん一生見ることのできない鳥のひとつと思っています。(~_~)

> で、ここにも何か来るかもしれないですね。

まだ本格的寒波が来ていないようなので,これから期待したいです。

投稿: yamame | 2006/12/21 06:50

実は、宮城県内でも随分昔、涌谷と八木山に来たことがあるんです。
確か、どっちも見にいった覚えがあります。

投稿: まぐぴ | 2006/12/21 21:08

> 実は、宮城県内でも随分昔

仕事一筋時代だったかも。
この冬はどうなんでしょうね。

投稿: yamame | 2006/12/22 07:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サイカチ-鳥の海 2006/12/16 | トップページ | 蒲生・大沼周辺 2006/12/23 »