« 新潟県長岡 2006/11/19 | トップページ | サイカチ沼 2006/11/26 »

2006/11/29

蒲生-蕪栗 2006/11/25

(蒲生) 08:00 快晴 (蕪栗) 13:00 快晴

 遠くに行きたい気持ちはあったが,蒲生でズグロカモメを見ないうちは落ち着かない。居付く年は良いのだが,通り過ぎる年は今の時期でないと見られないかもしれない。

_061125_0007 _061125a_019  カモメ類の群れがいたのは南側の干潟だった。ユリカモメがとても多くなっており,ウミネコが少なくなってきた。オオセグロカモメなどの大型カモメは混ざっていなかった。群れ全体を見ると,ユリカモメにウミネコが若干混ざっている,といった感じだ。ユリカモメは,飛来初期,若鳥が多かったが,この日は成鳥がほとんどになっていた。

_061125_0030 _061125_0047  例年,ズグロカモメはこんなユリカモメの群れに付かず離れずで混ざっていることが多い。期待して探したが,混ざっていない。飛んだり降りたりを繰り返していたので,そのうち混ざってこないかと,しばらく群れを観察していたが見つからない。独特の飛び方の姿も見当たらない。まだ来ていないのか。それとも今年は来ないことにしたのか。あ~,残念。

_061125a_083 _061125a_139  日和山下まで戻って,何気なく向こう岸のヨシの生え際を見ると,何やらシギ類っぽいのが動いている。スコープで確認するとタシギ(写真左)だった。数えると8羽いる。ズグロカモメをはずして消沈していたが,これで元気回復。かわいい奴らだ。北側の水面にはミコアイサの群れ(写真右)も入っており,ぺこぺこ潜ったり浮かんだりを繰り返していた。かなり遠くだったので撮影は難しかったが,これもまためんこかった。

 せっかく来たので北側の養魚場まで歩いてみた。道沿いには,ジョウビタキやベニマシコ,オオジュリンなどの冬小鳥が約束どおりいてくれたほか,ヨシの中からツグミ類の声が聞こえてきた。恥ずかしながら,声だけでシロハラ・アカハラの区別ができない。声を頼りに探したが姿は見られなかった。よくわからないがシロハラということにしておこう。私の識別ってこんなもんだ。普通ツグミも普通にいた。

 次は蕪栗沼方面に行こう。誰かに会えればアオハクガンの情報も聞けるかもしれない。

_061125_0136 _061125_0138_02 _061125_0143  と思い,大沼付近を通ったら,電柱にとまったチョウゲンボウに,チョット,チョット,と呼び止められてしまった。車をとめて見ていると,目の前の田んぼに舞い降りた。その後,また電柱に舞い戻って,足に押さえた物を食べていたので,何か捕まえたようだ。しかし,写真を見ても何を捕らえたのかわからない。真ん中の写真では右足に何か持っているようだが,チョウゲンボウの小さな片足に隠れるほどの小さなネズミっているのか。虫系だとしたら何だろう?

_061125a_197 _061125_0217 _061125_0229  近くの赤沼には,オカヨシガモが入っていた。オカヨシガモは蒲生の養魚場などでも見られるが,私が知っている中では,陸前高田の気仙川が距離も光の角度も良くって観察しやすい。次点が奧松島の鳴瀬川河口近くか。なので,きちんと撮影するのは別の場所に行くときに取っておこう。この日はネットフェンス越しに証拠写真のつもりで撮影したが,周辺を飛び回ってくれたので,次列風切の白いところをばっちり観察できた。

 さて,ようやく蕪栗。

 沼に着く手前で,ガンの群れを観察している人を見つけた。SさんとTさんだった。ラッキー。さっそくアオハクガンのことをお聞きしたが,やはり行方不明だという。彼らが不明なのであれば,探すだけ無駄だろう。目の前の群れにはカリガネがおり,それを観察しているところだった。アオハクガンでガッカリして撮影するのを忘れてしまった。

_061125_0435 _061125_0416  それでも,一応は周辺田んぼを回って,アオハクガン探しもしたがやはり見つからない。すぐに諦めて,沼周辺の土手道を歩いてみた。小鳥類を期待してだったが,もう午後になっており,活発に動く時間帯ではない。声はすれども姿は見えず状態で,満足な撮影はできなかった。それでも,ススキの穂が逆光に白く輝いてとてもきれいだったので,こちらをパチリ。

 ところで,ここ何年かヘラサギが来ていたが,今年はまだ見かけていない。蒲生でもだ。どうしたんだろう。

_061125_0492_061125a_268   そうこうしているうちに夕方が近くなってきた。この日はとても良い天気だったので,日没を伊豆沼の三工区田んぼで見ることにした。沈んでいく太陽と赤い空を背景にガンが飛び交う姿を期待してのことだったが,数千羽のガンたちは飛び立つ気配を見せず,まだのんびりとお休みモードだった。驚かすのはもちろん本意ではないので,お休みになっているガンを前景に,沈んでいく太陽を撮影したが,案の定前景のガンたちは黒くつぶれてしまっていた。しかし,日没わずか前,順光で撮影したものは,きれいに赤く染まっていた。

_061125_0617 _061125_0619 _061125a_316 _061125a_332  いよいよ落雁。三工区側の唐木崎近くの土手で待っている人たちもいたが,私はこの日も2工区側の水門脇の土手で観察した。日没後の4時20分ころから4時40分頃がピークだったと思う。いつもながらすごい迫力だ。「無数の」という表現をするとカウントしている人に怒られそうだが,そのように表現したくなるほどの数のガンが,頭上を通り過ぎ,きりもみするようにして沼中央部に落ちていく。この迫力は,写真や映像では絶対に表現できない。現地に行って,空気の匂いや動きとともに,自分の体で感じないとわからないだろう。
 この日,空には三日月が浮かんでいた。

【観察できた鳥】 ※ 蒲生と蕪栗のみ記録

(蒲生)
ユリカモメ,ウミネコ,ハシブトガラス,カワラヒワ,ツグミ,コゲラ,シジュウカラ,タヒバリ?,ダイサギ,アオサギ,コサギ,スズメ,ハクセキレイ,カワウ,ミサゴ,カイツブリ,ミコアイサタシギ,ハシビロガモ,コガモ,オオバン,オオジュリン,トビ,ベニマシコ,ヒヨドリ,シロハラ?,ホオジロ,ウグイス,アオジ,ジョウビタキ,カワセミ (32種)

(蕪栗)
マガン,カリガネ,ホオジロ,オオジュリン,オオハクチョウ,オナガ,ハシボソガラス,ミヤマガラス,ジョウビタキ,スズメ,アオサギ,ダイサギ,コハクチョウ,ウグイス,ハシブトガラス,ハクセキレイ,モズ,ベニマシコ,キジ,ノスリ,シジュウカラ,ツグミ,トビ,アオジ,チュウヒ,エナガ,タゲリ,オナガガモ,ヒシクイ,ヒドリガモ,セグロセキレイ,オオタカ,アカゲラ (35種)

【写真】 (左上から,夏羽っぽいカイツブリ,カワウか?,コサギ,電線にとまる,朝一のダイサギ風景,何かを捕らえた瞬間,青い空とトビ,電線ノスリ,木にとまるミヤマガラス,青空とミヤマガラス,蕪栗沼を騒々しくしているオオハクチョウ,飛んだキジ,チュウヒです,ヒシクイも相変わらず,ホオジロも,青空とマガン×2,蕪栗周辺のマガン,三日月とマガン×2,この日の昼食)

_061125a_110 _061125_0061 _061125a_007 _061125a_159 _061125a_001

_061125_0133_061125_0082_061125a_149_1 _061125_0189 _061125_0191 _061125_0385 _061125_0354 _061125_0403 _061125a_255 _061125a_246 _061125_0445 _061125_0468 _061125a_258 _061125_0583 _061125_0563 _061125a_236

« 新潟県長岡 2006/11/19 | トップページ | サイカチ沼 2006/11/26 »

0502 宮城県/蕪栗」カテゴリの記事

0503 宮城県/蒲生」カテゴリの記事

コメント

yamameさん こんにちわ
yamameさんが伊豆沼に行ったあと、私とTさんは蕪栗の東と南の
田んぼを見ましたが、雁の群がいないので北の群を堤防の上から
再度観察しましたら、シジュウカラガンが5羽(3羽と2羽の別々
の群)を見つけました。
これらはどうしても5羽いっしょにはなりませんでした。
以上、お知らせいたします。

投稿: さむさわ | 2006/11/29 09:45

さむさわさん,おばんです。
コメントいただきありがとうございます。

そうですか。あの群れにシジュウカラガンもいたんですか。見られなくって残念。その後,亀の子堤の近くに結構大きな群れが入ってきていましたが,何も見つけられませんでした。というか,頭の中には「アオハクガンを探せ!」しかなかったです。(^^ゞ

またフィールドでお会いすると思います。今後ともよろしくお願いいたします。m(__)m

投稿: yamame | 2006/11/29 22:30

ヘラサギは、秋田で出たそうです。
http://blogs.yahoo.co.jp/wbsj_miyagi/42456696.html

奥羽山脈を越えて行ってしまったとか.....^_^;

投稿: まぐぴ | 2006/12/01 05:33

まぐぴさん
情報ありがとうございます。

秋田に出ましたか。秋田ではもっと希少なクロツラヘラサギがしょっちゅう出ているイメージがあったのですが,むこうでは普通ヘラサギの方が珍しかったようですね。

もしかしてこちらに来る途中かも。

投稿: yamame | 2006/12/01 06:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新潟県長岡 2006/11/19 | トップページ | サイカチ沼 2006/11/26 »