« 蒲生 2006/11/05 | トップページ | 蒲生-新地 2006/11/18 »

2006/11/17

蒲生-相馬 2006/11/11-12

(11日)10:00 雨  (12日)08:30 晴れ時々曇り後雨

 この週末はカモメ類に捧げることにした。他の鳥は目をつぶって絶対に見ない,と決心して出かけた。

 11日,12日とも同じような動きをしたので,2日分をまとめて記録することとする。

_061111a_005_1 _061112_0012  11日は1日中雨(写真左)。パラパラと弱くなるときもあったが,車のワイパーが効かないほどの豪雨になった時間もあった。さらに,財布を家に忘れて一旦家に帰ったりしたので,行けたのは蒲生と鳥の海だけだった。
 12日は,一転,晴れたものの,風が強く(写真右),夕方近くからは,また雨がぱらついてきた。この日は,釣師浜海岸のカモメ類を期待していたのだが,タイミング悪く,行ったときは1羽もいない状態だった。カモメ類を観察できたのは,鳥の海と松川浦,そして釣師浜漁港だけになってしまった。
 結果から言うと,観察できたカモメ類は,ウミネコ,ユリカモメ,オオセグロカモメ,カモメの4種だけ。ワシカモメはもちろん,セグロカモメも見つからず,残念な結果に終わってしまった。以下,鳥種別に記すこととする。

_061112a_196 _061112a_003 _061112a_149  ウミネコは1年中普通に観察できるカモメだ。今回も,行ったすべての場所で観察できた。中でも,松川浦の公園沖には大きな群れ(写真左)が浮かんでいた。成鳥はクチバシの先が赤と黒になっており,また,飛ぶと尾羽に黒い帯があるので,とても識別しやすいカモメだが,鳥の海で見た個体(写真中)はクチバシの先の赤がなく,一瞬何かと思ってしまった。幼鳥・若鳥(写真右,第1回冬羽)も,クチバシの形や色で識別しやすいカモメだ。

_061111a_050 _061111_0099 _061112a_059  ユリカモメは冬鳥だ。今頃の時期にやってきて冬を越し,春の田植えの時期,頭が黒くなり,渡去してしまう。先週,蒲生で出会えたが,今回も行った所すべてで普通に観察できた。雑食性でポジションは「水辺のカラス」そのものなのだが,成鳥の優美な姿には,惹かれてしまう。淡いグレーと白の体に赤いクチバシがとても美しい。特にこの時期は久しぶりの出会いなので新鮮だ。

_061112a_117 _061111a_076 _061112a_226  白い成鳥も美しいが,マーブル模様が入った幼鳥・若鳥もなかなかめんこい。11日の蒲生で第1回冬羽の個体を,12日の釣師浜漁港で幼羽の個体と第2回冬羽(なりかけ?)の個体を撮影していた。幼羽から順に並べてみた。撮影したときはこのように整理することを考えていなかったが,意識して撮影してポーズも揃えるともっと面白かっただろう。左から,幼羽,第1回冬羽,第2回冬羽だ。

_061111a_147  オオセグロカモメもユリカモメと同様,この辺りでは冬鳥だ。ただ,東北北部でも繁殖しているらしく,夏に見ている印象もある。そういえば,ユリカモメより早い時期から来ていた。関東方面ではセグロカモメが多いようだが,この辺りの大型カモメはほとんどがオオセグロカモメだ。背中が淡い色のセグロカモメを見ることはとても少ない。

_061112_0038 _061112a_133 _061112_0024  オオセグロカモメはユリカモメと異なり,いかにも悪そうな印象だ。体が大きいことに加え,目付きが悪く見える。目付きが悪く見えるのは,白目の部分が黄色っぽく,黒目の部分が小さいので,三白眼に見えるせいだ。目の周りに黒っぽい班がある個体は,さらに悪く見える。擬人化して見てしまうこちらが悪いのだろう。。ただ,幼鳥は黒目がちなので,それほど悪く見えない。ユリカモメにならって年の順に並べてみたが,これも意識して撮影していなかったので揃っていない。それにしても幼羽はむずかしい。

_061111_0023 _061111a_114 _061112a_172  カモメも,前2種と同様冬鳥だ。来るのは,オオセグロカモメ,ユリカモメさらに遅く,今の時期になっても,まだ群れや成鳥を見ていない。いたのは幼鳥で,蒲生,鳥の海,松川浦漁港にそれぞれ1羽見つけることができた。蒲生の個体は見てすぐにカモメと判断したが,鳥の海と松川浦の個体は大きく見え,識別に悩んでしまった。カモメ類は,だから面白い。

(追記)
_061112a_314_061112a_338  2日目の夕方,加瀬沼公園を覗いてみた。ユリカモメが多いところで,何年か前ミツユビカモメの通過個体も見かけたことがある。今回はカモメ類は見かけず,もう来ていると思っていたハクチョウ類も来ていなかった。昨年もそうだが,カモ類も少なくなってきているような気がする。ただ,餌付け場なので鳥がとても近く,特にここはハシビロガモがなかなか良い。

【観察できた鳥】(カモメの仲間のみ)

ウミネコ,ユリカモメ,オオセグロカモメ,カモメ (4種)

【写真】(左上から,ウミネコ,ユリカモメ×3,ユリカモメの中のオオセグロカモメ,こんなに大きさが違う!,波に溶け込むオオセグロカモメ,顔付きがオオセグロカモメでない,正面カモメ,ウミネコに混ざるカモメ,顔がウミネコ?,飛んだのを見ている,ミサゴのボラ捕り×3,雨のカンムリカイツブリ,波打ち際のハマシギ×2,ポリポリ,マガモ,被害鳥×2)

_061112_0045 _061111_0011 _061111_0101 _061112a_251 _061112a_093 _061112_0042 _061112_0018 _061111_0257 _061111_0247 _061111a_078 _061111_0117 _061111_0147 _061111_0158 _061111_0026 _061111_0035 _061111_0040 _061111_0174 _061111_0224 _061111_0229 _061111_0207 _061112a_291 _061112a_098 _061112a_054

« 蒲生 2006/11/05 | トップページ | 蒲生-新地 2006/11/18 »

0503 宮城県/蒲生」カテゴリの記事

0504 宮城県/岩沼-亘理」カテゴリの記事

0514 宮城県/南沿岸」カテゴリの記事

0516 宮城県/加瀬沼」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蒲生 2006/11/05 | トップページ | 蒲生-新地 2006/11/18 »