« 三神峯公園 2006/10/26-30 | トップページ | 大沼周辺 2006/11/03 »

2006/11/03

県南海沿 2006/10/29

08:45 晴れ

 マダラヒタキ観察で林の中にばかりいたので,広々とした所に行きたかった。まだシギチがいると聞いたので,県南方面に,海を見に行くことにした。まだ早いが,カモメ類も楽しみだ。

_061029a_064_3 _061029a_088_2 _061029a_089_1  岩沼の田んぼは,すっかり稲刈りが終わり,広々とした茶色の風景が広がっていた。ひと通りチェックしたが,シギチは見つからない。貞山運河沿いの土手を流しているとき,aiさんご夫婦に出会い,この周辺にオオジュリン(写真左・中)が来ていると教えていただいた。対岸のヨシを見ると,いた。何羽も動き回っている。せわしなく動きながら,ヨシの茎を夢中で突付いている。一体どんな虫を食べているのだろう。この周辺には,ホオジロ,アオジ,カシラダカ(写真右)なども観察できた。

_061029a_176 _061029_0397  鳥の海は干潮時間に近かったが水満々だった。晴天の青い水面にカモ類が数多く浮かんでいた。ここはマガモが多いところだが,だんだんと色付いてきたようだ。ちょっと遠くって,また,途中で見失ったので自信なかったが,ハジロカイツブリも入っていたようだった。(後でaiさんにお聞きすると「確かにいた。」とのこと) また,カンムリカイツブリも入ってきており,ところどころにポカポカ浮いていた。合計で10羽位はいたかもしれない。

_061029a_119 _061029a_191  カモメ類では,ウミネコ,オオセグロカモメに加えて,ユリカモメも入ってきていた。いよいよ,そんな時期になってきた。うろついていると,バンディングをしているHさんと遭遇。聞くと,今朝はオオジュリンが沢山入って大忙しだったらしい。なるほど,ちょうど今渡っているところなのか。岩沼で見たのも,渡りの群れの一部なのかもしれない。シギチは,海岸にいたダイゼン1羽しか見つけられなかった。

 その後,冬に備えての下見も兼ね,磯浜漁港,釣師浜と南下してポイントチェックしてみた。

_061029a_205_061029_0166  磯浜漁港は,昨季とほぼ同じ状態。これまで同様に鳥見できそうだ。ただ,今はまだ時期が早く,漁港内にスズガモが1羽浮いているだけだった。時期になると,クロガモの大群やハジロカイツブリの大きな群れが期待でき,クロガモやミミカイツブリが漁港内に入ることもある。ビロードキンクロが近くで見られた年もあったが,昨季はちょっと遠かった。この冬はどうだろう。今から楽しみだ。

 釣師浜は,県境を越えて福島になるが,磯浜漁港からわずかの時間で行ける距離だ。ここの浜はカモメ類が楽しめるポイントだ。今のところ,仙台から行けるカモメ類のポイントとしては,この近辺が一番良いと思っている。ワシカモメやシロカモメも観察できるし,ミツユビカモメも出たことがある。ここではないが,近くではセグロカモメより小さいシロカモメも観察したことがある。

_061029_0290_061029_0304 _061029_0222  今年の大雨や低気圧の影響からか,浜の形状が若干変わっていたが,ここも従来どおり鳥見できそうだ。すでにオオセグロカモメ(写真左)が多数入ってきており,見ごたえのある群れになっていた。他には,ウミネコ,ユリカモメがおり,セグロカモメ(写真中)も1羽混ざっていた。盛期になると,オオセグロカモメにレンズを向けることがほとんどなくなってしまうが,今の時期はまだ新鮮な気持ちで撮影できる。ユリカモメ(写真右)もそうだ。

_061029a_307  浜の南に釣師浜漁港があり,例年,スズガモやハジロカイツブリが居付き,タイミングが良ければ,クロガモやヒメウなどが観察できることもある。また,ここから松川浦にかけてはミユビシギが毎年越冬し,至近距離で観察できるポイントでもある。今回は,もうすでにスズガモの姿を港内で確認できたが,ミユビシギたちの姿はなかった。ユリカモメが近かったので,車内から,デジスコでクローズアップ撮影してみた。

 磯浜漁港以南で鳥見の人と出会ったことがないが,時期になると結構面白いので,もっと多くの人が行って,多くの情報を流していただきたいと思う。

_061029a_365 _061029a_371  帰り道,まだ若干日が持ちそうだったので,赤沼・大沼方面に寄ってみた。赤沼はカモ類が多くなってきていたが,期待していたシギチは見つからず。しかし,大沼の方は,思いがけずハジロカイツブリ3羽の群れと出会うことができた。渡りの途中で羽を休めていたのだろう。また,コハクチョウの姿も確認できた。羽根を傷めているハクチョウ類が居ついている場所だが,これは元気そうなので来たものに違いない。

_061029a_380 _061029a_387 _061029a_454  大沼周辺を回る頃には,だいぶ日が傾いて薄暗くなってきていた。猛禽やミヤマガラスが来ていないかと巡回すると,すぐに,ノスリが確認できた。ミヤマガラスも探すことなく,すぐに出会うことができた。日没まで間もないため,ノスリを撮影しようかミヤマガラスを撮影しようか一瞬迷ったが,ミヤマガラスを撮影することにして,望遠鏡を向けたが,やはり暗くって思うように撮れない。全くダメかもしれないと思っていたが,かろうじてそれとわかる写真があった。この日は,ミヤマガラス撮影直後,日没を大沼周辺の田んぼで迎えた。鉄塔と夕陽の組み合わせもなかなか良い。

【観察できた鳥】(岩沼~鳥の海のみメモ)

アオサギ,トビ,スズメ,ハクセキレイ,ハシブトガラス,ヒヨドリ,ハシボソガラス,ヒバリ,カワラヒワ,タヒバリ,ノスリ,セグロセキレイ,ホオジロ,カルガモ,コガモ,ウグイス,オオジュリン,アオジ,カシラダカ,シジュウカラ,ウミネコ,ユリカモメ,オオセグロカモメ,スズガモ,マガモ,ホシハジロ,ヒドリガモ,カワウ,ハジロカイツブリ,カンムリカイツブリ,カイツブリ,オナガガモ,オオバン,コサギ,モズ,ハシビロガモ,ダイゼン,ヤマガラ (38種)

【写真】(左上から,採餌中のオオジュリン×3,ノスリ,アオサギ,コサギ,ウミネコ,オオセグロカモメ×3,カイツブリ,カンムリカイツブリ,はらこ飯,オオセグロカモメ,オオセグロカモメ&ウミネコ,セグロカモメ,ユリカモメ×5,ハジロカイツブリ)

_061029a_029 _061029a_046 _061029a_022 _061029a_114 _061029a_105 _061029_0091 _061029_0207 _061029_0187 _061029_0196 _061029_0098

_061029_0127_061029a_170 _061029a_187 _061029_0242 _061029_0341 _061029_0308 _061029_0266 _061029_0269 _061029a_260 _061029a_229 _061029a_253 _061029a_342

« 三神峯公園 2006/10/26-30 | トップページ | 大沼周辺 2006/11/03 »

0504 宮城県/岩沼-亘理」カテゴリの記事

0510 宮城県/大沼周辺」カテゴリの記事

0514 宮城県/南沿岸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 県南海沿 2006/10/29:

« 三神峯公園 2006/10/26-30 | トップページ | 大沼周辺 2006/11/03 »