« 雄物川河口周辺 2006/07/16 | トップページ | 蒲生 2006/07/22 »

2006/07/22

蕪栗 2006/07/17

08:00 小雨時々曇り

 天気予報では東北のどこも芳しくない。それでも県内では北の方がまだマシのようだったので,先日消化不良に終わった蕪栗に行くことにした。

 青空が見えなくっても雨さえ落ちていなければ良いと思っていたのだが,思うようにはならない。細かな雨粒が強くなったり弱くなったりしながら,ず~っと降り続いていた。しばらくすると雨が止む時間帯も来るだろう。その間,周辺を車で巡回して時間を稼ぐことにした。

 まず,田んぼや白鳥地区の土手を眺めようとゆっくり農道を流していたら・・・,ドキッ。道路っ端の田んぼにシギがいた。そのまま通り過ぎてから落ち着いて再アプローチすれば良かったのだろうが,ビックリして思わずブレーキを踏んでしまった。当然,シギは飛んでいってしまった。鳴かなかったが,大きさと尾と背の模様からアオアシシギのようだった。飛んでからもドキドキ。もやけた頭が久しぶりに醒めた感じだった。

_060717_0095 _060717_106 _060717_094  白鳥地区の土手に沿って車を動かすと,オオヨシキリやホオアカが賑やかに鳴いている。それでも晴れている時に比べるとおとなしめかもしれない。なかにコヨシキリの声が聞こえたので,車を停めて観察していると一所懸命にさえずっているのを見つけることができた。ひとところでさえずらないで,一定のエリアのあちらこちらを移動しながらさえずっている。こういうさえずり方をあまり見たことがないが何だったのだろう? 近くにもう1羽いたようだったので,営巣や子育てと関係しているのか?

_060717_0348 _060717_0282  雨が小降りになってきた時点で,蕪栗沼に向けて歩き始めた。期待半分不安半分だったが,こんな日でもトンボやチョウは元気に活動していた。先日ここでノシメトンボを初観察して喜んでいたが,ノシメトンボはずいぶん増えた。翅の先っぽの「ノシメ」模様がうまく写せるようにがんばったが,結果はどうだったろう?他に,マイコアカネも出てきたようだ。時期が来ると真っ赤になり,鼻先が青白くなる小型トンボだが,出始めたばかりなのでまだ全体に黄色っぽい。アカトンボ系は何も期待していなかったので,思いがけず,結構嬉しかった。

_060717_0269 _060717_370  チョウも,歩くと草むらからジャノメチョウが飛び立つようになった。雨がしとしと降っているのに翅を広げかける個体もあった。ちょうど羽化の時期だったのかもしれない。見かけたジャノメチョウはどれもとてもきれいな個体だった。このチョウはとても地味な色なので,ヒカゲチョウのように薄暗いところが好きそうなイメージだが,実は陽光が降り注ぐなかを元気に飛び回る明るい性格のチョウだ。そういう意味ではちょっと気の毒な天気だった。チャームポイントは翅裏の青白い星だと思う。

_060717_0242 _060717_0232 _060717_0255  イトトンボは,先日は夕方薄暗くなってからだったので慌しかったが,今回はアジアイトトンボをじっくりゆっくり観察することができた。先日はアオモンイトトンボとの判別が不明確だったが,アジアイトトンボに間違いないようだ。とても小さくて細いトンボなので目も弱くなってきた私には判別がつらくなってきた。他にも,セスジイトトンボやモノサシトンボなどの大き目のイトトンボたちと出会うことができた。こんなか弱そうなトンボでも雨の日に活動している。当たり前だが,雨天休止では生きていけない。がんばってるなぁ。

 雨足が強くなってきたので早足で車に戻ったが,かなり濡れてしまった。雨露たっぷりの草むらを歩くつもりでいたので,下半身はがっちり装備していたが,上半身はぐしょ濡れになってしまった。

_060717_390 _060717_383 _060717_487  移動して,白鳥地区を土手から眺めると,カルガモやオオバン,居残りのコガモたちが観察できた。それと,成幼混ざったゴイサギの大きな群れも入っていた。ゴイサギはここで見ることが少ないが,見るときはこのような群れで見ている印象がある。時期的なものなのだろう。サギ類では,周辺田んぼにアオサギやダイサギが見られた。雨に濡れた田んぼの緑とマッチしてとてもきれいだった。

_060717_437 _060717_463  用水路にはウシガエルの子どもたちが数多く出ていた。まだ十分に大きくなっていないがトノサマガエル大にはなっている。外来種で悪食のようなのであまり嬉しい光景でもないのだが,これらは長いこと居付いてこの環境に組み込まれてしまっているのかもしれない。サギ類などの格好の餌なのだろうなぁ,とは思う。でも,複雑な心持だ。無数のウシガエルに混ざって,わずかにトウキョウダルマガエルを見つけることができた。

 この日は午後になっても雨が止まず,空も明るくなることがなかったので,夕方になる前の早い時間に切り上げて自宅に向かった。

【観察できた鳥】

ホオアカ,キジ,ハシボソガラス,ヒヨドリ,ダイサギ,ウグイス,オオヨシキリ,ツバメ,ササゴイ,スズメ,カワラヒワ,アオアシシギ,ヒバリ,ノスリ,コヨシキリ,ホオジロ,チゴハヤブサ?,カルガモ,オオバン,セッカ,ムクドリ,アオジ,ホトトギス,モズ,コゲラ,カイツブリ,ゴイサギ,コガモ,ハシブトガラス,アマサギ (30種)

【写真】(左上から,アマサギ,ホシゴイ,草むらのオオヨシキリ×2,キジの親子,雨の中さえずるホオアカ,ノスリ,お腹に穴が開いたヒバリ,滴とオオチャバネセセリ,ムラサキツメクサとオオチャバネセセリ,キチョウ,モンシロチョウ,とてもエレガントなガの仲間,セスジイトトンボ×2,アメリカザリガニ×3,くもの巣,ツユクサ,花×2,カワラヒワの尾羽)

_060717_469 _060717_041 _060717_064 _060717_297 _060717_0015 _060717_0004 _060717_0039 _060717_180 _060717_0425 _060717_0413 _060717_0406 _060717_0115 Sp_060717_0221 _060717_0297 _060717_0306 _060717_0387 _060717_0334 _060717_0352 _060717_0355 _060717_0392 _060717_0193 _060717_0422 _060717_0424 _060717_281

« 雄物川河口周辺 2006/07/16 | トップページ | 蒲生 2006/07/22 »

0502 宮城県/蕪栗」カテゴリの記事

コメント

いっそのこと、梅雨がない北海道へ行くにもいいかもね.....^_^;

(PS)
今晩のユアスタも消化不良でした....(-_-;)

投稿: まぐぴ | 2006/07/22 23:09

実は北海道域を伺っていたのですが,今年は不可になりそうです。月か金も休んでせめて3日間ないとねぇ。(~_~)

>今晩のユアスタも消化不良でした....(-_-;)

愛媛戦引き分けは痛いです。負けないだけ良かったかもしれませんが,J1復帰目指しているチームなら,この試合は絶対に勝っておかないといけなかったかも。

投稿: yamame | 2006/07/23 05:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蕪栗 2006/07/17:

» セスジイトトンボ。(7/24*月) [しらの風景]
山の畑の小さなビオトープ。 連日の雨で水がいっぱいになってトンボたちがうれしそうでした。 モリアオガエルのオタマジャクシも 無事にかえって池の中で泳いでいることでしょう。 睡蓮の葉の陰にはトンボの抜け殻がいくつも見つかりました。 その中で飛んでいたのがこのイトトンボ。 調べるとセスジイトトンボという名前でした。 イトトンボは可愛くて綺麗で大好きです。 小さい頃、近所の大き�... [続きを読む]

受信: 2006/07/24 12:18

« 雄物川河口周辺 2006/07/16 | トップページ | 蒲生 2006/07/22 »