« 伊豆沼-蕪栗沼 2006/07/01 | トップページ | 蔵王 2006/07/08 »

2006/07/07

岩沼-蒲生 2006/07/02

09:00 雨

 下界が雨や曇りでも蔵王のお釜付近は晴れていることがある。そんなときは雲海が見事だ。この日も僥倖を期待して蔵王に向かった。しかし,幸運はなく,雲は熊野や刈田より高くにあり,エコーラインのピーク付近でも雨が降り続けていた。次のことを考えていなかったが,この日のテーマを「雨の中の鳥たち」と切り替えて,山を岩沼方面に向かって降りていった。岩沼に着いてちょうど9時頃だった。

_060702_095 _060702_013  田んぼの稲は,雨のせいか緑が生き生きとして見える。まずはサギ類を探そうと思った矢先,電線にツバメの子がずら~っと並んでいるのが目に入った。まだ親に餌をもらっているものもいる。暗くってうまく撮れなかったが何とかぶれていないものも何枚かあった。ツバメの子たちを撮影していると,ムクドリたちもやってきた。特にムクドリはビショ濡れに見える。

_060702_127 _060702_287  岩沼から亘理にかけてはサギ類が多い。コサギ,チュウサギ,ダイサギ,アオサギ,アマサギ,ゴイサギ,ササゴイ,ヨシゴイ,ぜ~んぶ揃っている。ここでは,田んぼの四季の移り変わりの風景にいつもサギ類がいる。この日は伸びかけた稲をバックに雨に濡れたサギたちがいた。田んぼの中にはハクセキレイやバン,イソシギなども見かけた。チドリもいたが,羽が濡れて何だかよくわからない。いつもいるのはコチドリだがコチドリに見えない。

_060702_452_1 _060702_493  せっかくなので鳥の海まで足を伸ばしたら,イソシギが2羽道路際に出て餌を取っていた。雨粒が背中に付いていた。海岸近くの松林の縁では雨の中アオジが一所懸命にさえずっていた。「ふくや」の弁当は「はらこ飯」から「ほっき飯」へ,そして,今回は「しゃこ飯」に切り替わっていた。「しゃこ飯」が一番高かった。

_060702_529 _060702_546 _060702_599  次は,大沼にちょこっと寄って,蒲生に行ってみた。だいぶ小降りになってきたので,周辺を歩いてみた。松林ではオナガがギューイギューイとやかましく騒いでいた。河口付近にはウミネコが沢山いる。養魚場に行く道は伸びた草に雨がかかり,歩くと全身びしょ濡れになってしまった。道の両側にはいつものとおりオオヨシキリやコヨシキリ,アオジなどがいた。

 そのうちまた雨足が強くなってきたので,ここでこの日に引き上げることとした。

【観察できた鳥】

(岩沼-鳥の海)

ダイサギ,ムクドリ,ツバメ,ハシブトガラス,ゴイサギ,アマサギ,チュウサギ,ハクセキレイ,バン,イソシギ,イカルチドリ?,オナガ,ササゴイ,ヒバリ,ハシボソガラス,カルガモ,コサギ,オオヨシキリ,モズ,カッコウ,トビ,スズメ,アオジ,カワラヒワ,カワウ,シロチドリ (26種)

(蒲生)

オナガ,カッコウ,オオヨシキリ,ウミネコ,ハシボソガラス,スズメ,カワラヒワ,ヒバリ,ハクセキレイ,シジュウカラ,ヒヨドリ,コヨシキリ,セグロセキレイ,アオジ,シロチドリ,トビ,ハシブトガラス,ヨシゴイ (18種)

【写真】(左上から,アオサギ,ダイサギ,チュウサギ,コサギ,何となく大黒に似ているアマサギ,ゴイサギ,バン,ハクセキレイ,シロチドリ親子?×3,アオジ,あやまっているウミネコ,カワウ,カルガモ親子,モズ,小麦色の小麦)

_060702_322 _060702_118 _060702_151 _060702_353 _060702_217 _060702_325 _060702_169 _060702_0001 _060702_0047 _060702_0050 _060702_410 _060702_389 _060702_454 _060702_480

_060702_0033 _060702_0065 _060702_0112

« 伊豆沼-蕪栗沼 2006/07/01 | トップページ | 蔵王 2006/07/08 »

0504 宮城県/岩沼-亘理」カテゴリの記事

0503 宮城県/蒲生」カテゴリの記事

0510 宮城県/大沼周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岩沼-蒲生 2006/07/02:

« 伊豆沼-蕪栗沼 2006/07/01 | トップページ | 蔵王 2006/07/08 »