« 宮床 2006/06/10 | トップページ | サイカチ 2006/06/17 »

2006/06/16

羽黒山 2006/06/11

06:30 曇り

 杉木立の澄んだ空気の中を歩きたくて羽黒山に行った。歩いて空気を吸うだけでも良い。そのせいではないと思うが,またしても寝坊してしまい,現地に着いたのがすっかり日が昇ってしまった時間となってしまった。ホトトギスが窓の外で鳴いて起こしてくれなかったらもっと遅くなったかもしれない。

Sp_060611_0009 _060611_0002  ここも3年連続で来ることになった。これまで車を停めていた荒沢寺(こうたくじ)前のパーキングエリアが工事中だったので,月山ビジターセンターに車を停めて歩くことにした。こちらに来るとどうも目の前の池が気になってしまい,ついつい1周してしまった。朝露の付いた葉にとまったカワトンボ(写真左)が朝日を浴びてキラキラ光ってとてもきれいだった。頭の上から変な声が聞こえるので上を見上げると,道路沿いの大きな杉の木の天辺にアオサギが営巣(写真右)していた。

_060611_004 _060611_009  荒沢寺の向かいの林道入口付近では,いつもキツツキの仲間の迫力あるドラミングが聞こえる。オオアカゲラだろうか。杉の巨木の林(写真左)なのでドラミングの音が林内に大きく響き渡る。林内の緩やかな坂道を歩いていると,キビタキ,クロツグミ,イカルのさえずりが心地良い。特にここではキビタキが多いようだ。林の奥に大きなオオアカゲラの姿を見ることもできた。杉やブナの大きな木々(写真右)に囲まれた林道は歩くだけで,又いるだけでとても気持ちが良い。

_060611_0088 _060611_0097 _060611_0057  間もなく山頂に着こうとする場所で,コルリの声がした。前奏部分のチ,チ,チ,チ,・・・,を延々と鳴いている。声がとても近いので林を覗き込むといたいた。♂(写真左)も♀(写真中)もいる。♀は尾羽をしきりに立てている。これから繁殖なのだろうか? コルリを観察していると木の幹を動き回っている小さな姿が見えた。双眼鏡で確認するとキバシリ(写真右)だった。ちっちゃくってとてもめんこい。複数羽いるようだった。

_060611_0189_060611_0190_060611_0196  山頂の鏡池ではモリアオガエルがちょうど繁殖の時期だった。多くのモリアオガエルが池に面する木に登っていた。ヒキガエルの蛙合戦は何度か見たことがあるが,モリアオガエルがこんなに集まっているのでは初めて見た。1匹だけでなく2匹の♂が♀にしがみついている姿も見られた。カエルは動きや姿がなんともユーモラスで見ていて飽きない。ず~っと昔の鳥獣戯画の作者も飽きずに見ていたのかもしれない。山頂には,サッカー日本代表のシンボル,ヤタガラスもいる。

_060611_0212  山頂から神社の裏に降りていくとまた良い雰囲気の雑木林になる。陽の光に透けた葉が黄緑色に光って,歩いていて気持ち良い。と,右手にトビ大の大きな鳥がとまっている。ぼ~っとしていたので,「クマタカか」などと思いながら通り過ぎるところだった。タカはふわりと飛んで音もなくゆっくりと林内を飛び去っていった。一昨年は荒沢寺側の杉林で目の前を横切ってくれたが,今回は上から下を見下ろす形で背中側から見ることができた。尾羽の横じまがとても印象的で,大きく迫力があった。当然撮影はできなかったが網膜にしっかりと焼きついた。足元にはギンリョウソウが咲いていた。

_060611_0219 _060611_0238  山頂に戻り「斎館」の方に降りていこうと思ったが,観光客がとても多くなっていたので方向転換し,来た道を引き返すことにした。林道に入ってすぐに,チュイ,チュイ,チュイ,チュイ,カカカカカ,と繰り返し鳴く声が間近に聞こえた。キビタキ幼鳥のようだった。すぐ近くをチョロチョロしていた。しかし,往路と帰路は雰囲気が全く異なり,鳥たちの声があまり聞こえなくなっていた。やはり山の探鳥は朝に限る。先ほどコルリやキバシリなどがいてにぎやかだった場所も静かに落ち着いていた。

_060611_0294 _060611_0347 _060611_0421 _060611_104  月山ビジターセンターの前まで戻り,今度は池をゆっくりと一周した。レンズをマクロレンズに取り替えてルリイトトンボやシオカラトンボなどを撮影しながら歩いたが,林に入ってすぐにコガラの群れと出会った。巣立ちしたばかりの雛たちとその親たちのようだった。とてもにぎやかに動き回っており,人を恐れない。手が届くような近くまで寄ってくる。まだ雛たちは親に餌をねだっていた。小さな毛玉のように丸くなるものもおり,とてもめんこかった。巣立ち雛が人懐っこいのに親鳥が人に近づかないのは学習しているんだろうなぁ,といつも思う。ところで,苫小牧の手乗りハシブトガラってどんななんだろう?

 月山ビジターセンターは庄内の方々の溜まり場になっているらしく,ⅠさんとNさんご夫婦と久しぶりにお会いできた。Nさん奥さんにはキバシリを杉で見たと言ってしまったが,写真で見ると違っていた。嘘を付いてしまった。ごめんなさい。それにしてもいつもご夫婦でうらやましいことだ。

【観察できた鳥】

キセキレイ,キビタキ,シジュウカラ,ウグイス,ホオジロ,ヒヨドリ,カルガモ,アオサギ,カワラヒワ,ハシブトガラス,メジロ,カケス,ヤマガラ,アカショウビン,コゲラ,クロツグミ,オオアカゲラ,イカル,ヤブサメ,キジバト,アオゲラ,コルリ,キバシリ,ツツドリ,ホトトギス,クマタカ,ゴジュウカラ,カイツブリ,コガラ (29種)

【写真】(左上から,ガsp,カタツムリsp,シオカラトンボ♂,シオカラトンボ♀,キバシリのシルエット×2,沢山いたキビタキ×2,めんこいコガラの子×2,元気な子とやつれた親×2,タニウツギ,ヒメシャガ,マムシソウ,ハナアブsp,なんだろ?,メジロ,モリアオガエル×2)

Sp_060611_0123 Sp_060611_0338 _060611_0308 _060611_0326 _060611_0040 _060611_0058 _060611_0019 _060611_062 _060611_0382 _060611_0401 _060611_0422_1 _060611_0436 _060611_0279 _060611_0262 _060611_0207 Sp_060611_0112 Sp_060611_0300 _060611_0015 _060611_0175 _060611_016

« 宮床 2006/06/10 | トップページ | サイカチ 2006/06/17 »

0405 山形県/羽黒山」カテゴリの記事

コメント

よい時期に、よいとこ行かれましたね、うらやましいです。

明日の八咫烏、クロアチアに勝って欲しいですね。

投稿: まぐぴ | 2006/06/17 20:47

> 明日の八咫烏、クロアチアに勝って欲しいですね。

試合開始まであと1時間を切りました。この4年間のすべてをぶつけてほしいです。ガンバレ日本!

投稿: yamame | 2006/06/18 21:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105385/10520694

この記事へのトラックバック一覧です: 羽黒山 2006/06/11:

« 宮床 2006/06/10 | トップページ | サイカチ 2006/06/17 »