« 飛島(3/3) 2006/05/06 | トップページ | 蕪栗 2006/05/14 »

2006/05/16

岩沼-鳥の海 2006/05/13

08:20 雨時々曇り

 飛島から復帰後の第一戦。数年前は飛島ショックでしばらく普通探鳥ができなくなったことがあるが何とか耐性ができたようだ。どこに行こうか悩んだが,やはりオニアジサシがいなくなったことを確認しなくては。で,鳥の海へ。

_060513_00252 _060513_00037  往路,まずは岩沼で田んぼでシギチ探しだ。農繁期に当たっているはずだが田んぼに出ている人影はまばらで,邪魔にならずに田んぼ回りすることができた。しかし,シギチで収穫はなし。前回同様チュウシャクシギとキアシシギのみだった。小鳥ではホオアカがやけに目に付いた。また,ササゴイには今季初めて会うことができた。

_060513_0192 _060513_00182  鳥の海も同様でパッとしなかった。時間に遅れてしまったので干潟が広がり,散ってしまったせいもあるかもしれないが,時間つぶしに一旦釣師浜漁港のイワツバメを見に行って帰ってきて潮が満ちてきても同じようなものだった。チュウシャクシギにオオソリハシシギ,キアシシギ程度だった。キアシシギの群れにはハマシギが1羽混ざってた。

_060513_00218_02 _060513_00073 _060513_00048_02  意外と面白かったのはサギ類。この周辺はダイサギ,チュウサギ,コサギ,アオサギ,アマサギ,ゴイサギ,ササゴイ,ヨシゴイと一通り見ることができる。考えてみると貴重な場所かもしれない。この日,この中で比較的難易度の高いヨシゴイのみ観察できなかったが,他は全部見ることができた。ダイ・チュウ・コは眼先の色が青・黄・赤と信号の三色なので,撮影して揃えてみるのも楽しい。ただ雨模様であまり美しく撮れなかった。

_060513_0132 _060513_0106 _060513_0046  車道に沿ってコロニーもあるので,鳥を脅かさないか,などと気兼ねすることもなく,ここではゆったりした気持ちで観察できる。道端から見えるのはコサギが多い。ゴイサギやチュウサギ,アマサギの姿も見える。ダイサギはゆったりできる奥の方にいるのか。それにしても車や人が頻々と通るすぐ頭に上で抱卵しているものもおり,神経のずぶとさに感心する。去年見つけた部分黒化のコサギが今年も同じ場所に陣取っていた。これも道端にいる。

_060513_0059 _060513_0081 _060513_0104  部分黒化コサギのいる隣の木に眼先の色がほどんどない個体がいたので眺めていると,近くにいた別の個体が上にバサバサと乗っかっていった。お,交尾か,と思い見ていると,何ともう1羽がさらにその上に乗っかっていった。何なんだコイツらは。まもなく最後に乗っかった1羽は追い払われていた。ホント騒々しい連中だ。

 シギチの日になるはずだったが,サギの日になってしまった。しかし,それはそれで楽しかった。結局,オニアジサシを見つけることができなかった。いなくなったか。

【観察できた鳥】

ハシボソガラス,バン,ダイサギ,スズメ,チュウシャクシギ,ツバメ,キアシシギ,オオヨシキリ,カワラヒワ,トビ,ムクドリ,ササゴイ,ホオアカ,カシラダカ,ハクセキレイ,ウグイス,カルガモ,コサギ,ヒバリ,ハシブトガラス,ホオジロ,イソシギ,チュウサギ,オオセグロカモメ,アオサギ,ヒヨドリ,コガモ,ヒドリガモ,ミサゴ,アオジ,セグロセキレイ,ウミネコ,ウミウ,オオソリハシシギ,ハマシギ,カッコウ,マガモ,キジバト,ゴイサギ (39種)

【写真】(左上から,雨の中翼を広げる金井かつ子,上クチバシが反対曲がりのオオソリハシシギ,濡れそぼったムクドリ×2)

_060513_000601 _060513_00197 _060513_0026 _060513_0030

« 飛島(3/3) 2006/05/06 | トップページ | 蕪栗 2006/05/14 »

0504 宮城県/岩沼-亘理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岩沼-鳥の海 2006/05/13:

« 飛島(3/3) 2006/05/06 | トップページ | 蕪栗 2006/05/14 »