« 福島-加瀬沼-大沼 2006/02/05 | トップページ | 県南沿岸 2006/02/18 »

2006/02/16

種市-久慈 2006/02/13

(種市)09:00 晴れ (久慈)10:30 曇り時々晴れ

 岩手県北部沿岸にナキハクチョウが来ているという。 珍鳥情報はすぐに行かないと後悔することになる。これまで何度もそんな失敗を積み重ねてきた。今回は土日に行けなかったので,この日休みをもらって久慈市に向かった。職場で働いている仲間には申し訳ない。

 ナキハクチョウが来ているという久慈市は種市海岸よりやや南だ。車だと30分位の距離か。この辺りの潮汐を調べてみると,9時半が干潮となっていたので,種市に寄ってコクガンを見てから,ポイントに行くことにした。久慈市街地の通勤時間帯で迷惑をかけることも回避できる。

_060213__0001 _060213__0093 種市海岸では,行ってすぐにコクガンと会うことができた。10羽位が海岸に上がっていて,同じくらいの数が海に浮かんでいる。写真左はこの日のファーストショットだ。数えてみると合計で23羽のコクガンがいた。他にはシノリガモ(写真右)やヒメウなどもいたが,久慈のナキハクチョウが気になって集中できない。ひととおり流すようにチェックした後,あたふたと久慈に向かった。

_060213__05181 _060213__0454 ナキハクキョウが来ている場所は四ツ屋さんの画像掲示板にピンポイントで紹介されていた。おかげさまで,ほぼ迷うことなく現地に到着することができた。駐車場がない,という事前情報だったが,土手に案内看板が設置されており,河原に駐車場が整備されていた。後で知ったことだが,地元の方々が持ち出しで整備されたそうだ。ありがたいことだ。頭が下がる。

_060213__0109 _060213__0130  車を降りて川辺に行くと,なんと目当てのナキハクチョウが川辺に上がって女の子からパンをもらって食べているところだった。見つけられるかどうか不安があったが,あっさりと出会うことができた。しかも,こんな光景に出会ってしまうとは・・・。東京から来たという方がいたが,苦笑い状態だった。でも,こんなに近くで見られるとは思ってもいなかったので大ラッキーだった。見ている間に驚くほど食べていたが,お腹一杯になったのか間もなく水に入っていった。

 ここのハクチョウはオオハクチョウがほとんどだったが,コハクチョウが1羽混ざっていた(と思ったが写真では見当たらなかった。ホントにいたのか?)ヒシクイも1羽いた。聞くところによると,はぐれ仲間のナキハクチョウ,コハクチョウ,ヒシクイの3羽が肩を寄せ合っているらしい。ほかにキンクロハジロ,マガモ,カルガモなどのカモ類,オオセグロカモメなどのカモメ類も水面に浮かんでいた。海に近いとは言え,こんな小河川にオオセグロカモメがいたのはちょっとした驚きだった。やや下流にはホオジロガモ♂若も浮かんでいたので,そんな場所なのだろう。

 さて,ナキハクチョウだ。

_060213__0316 _041201__0199  図鑑によるとクチバシと目の境目が太くつながって見えるのがナキハクチョウで細くつながって見えるのがアメリカコハクチョウだということだ。写真でナキハクチョウ(左)とアメリカコハクチョウ(右,昨年撮影)比較してみたがどうだろう?確かに違うような気もするが, 黄色い部分の有無で判断するのが確実かもしれない。

_060213__0378 _060213__0333_060213__0131  また,体の大きさは,オオハクチョウより大きいはずだが,小さめのオオハクチョウよりは大きい(写真左)が,大き目のオオハクチョウよりは小さい(写真中)ように感じた。首も長細いはずなのだが,この個体(写真右)は首が太くて長く,たくましい感じがした。山科鳥類研究所のお墨付きがあるのでナキハクチョウには間違いないのだろうが,典型的(?)な個体ではないかもしれない。

_060213__0186 _060213__0248  鳴き声は,Trumpeter Swan という英名のように,大きな声らしい。そんな鳴き声を出すのを待っていたが,私がしびれを切らして立ち去るまで,この日は小声でしか鳴かなかった。左の写真はあたかも鳴いているかのようだが,口を開けているだ。鳴いているわけではない。ヒシクイ(写真右)も口を開けていたが,お腹にガスがたまったのだろうか。そういえばナキハクチョウはずいぶん水を飲んでいた。

_060213__0202 _060213__0278 _060213__0337  ここはナキハクチョウしか期待してこなかったのだが,しばらくいると結構さまざまな鳥が観察できた。小鳥の仲間ではホオジロのほか,足元のヨシではベニマシコ(写真左)もチョロチョロ動いていた。ツグミの声も聞こえてきた。カモ類ではホオジロガモ♂若(写真中)がいたし,カモメ類ではシロカモメ(写真右)も飛んできていた。ウは飛んでいる姿しか見ていないのでウミウかカワウか判断できなかったが尾が短めに見えた。こんな所までウミウが上がってくることがあるのだろうか。

 新聞やネットに情報が出たので鳥見の人が沢山来ているかと思っていたが,月曜日のせいかさほどでもなかった。私がいた時間帯,県外からは,東京から来たという方と私の2人だけだった。あとは地元の方々が入れ代わり立ち代わりいらしていた。もしかすると,今度の土日はにぎやかになるかもしれない。

【観察できた鳥】

(種市海岸)

コクガン,カワラヒワ,ワシカモメ,スズガモ,ハクセキレイ,カルガモ,ウミネコ,ウミアイサ,ハシボソガラス,オオセグロカモメ,ヒヨドリ,シノリガモ,ヒメウ,ハシブトガラス,スズメ,シロチドリ,ツグミ,ホオジロ,シジュウカラ,メジロ,キクイタダキ,ツグミsp,ウミウ (23種)

(久慈/長内川)

ナキハクチョウ,オオハクチョウ,(コハクチョウ?),ヒシクイ,オオセグロカモメ,カルガモ,セグロカモメ,キンクロハジロ,アオサギ,マガモ,ハシブトガラス,ハシボソガラス,スズメ,トビ,カワラヒワ,ハクセキレイ,ダイサギ,ベニマシコ,ホオジロ,ウsp,ホオジロガモ,コガモ,(セグロセキレイ?),(キセキレイ?),ツグミ (25種)

【写真】(左上から,キンクロハジロ,コガモ,マガモ,ホオジロ,私は誰?,くにゃくにゃ,伸び,威風堂々,羽ばたき×4,プルプル,お休み,亜種ヒシクイ×2)

_060213__0180 _060213_0274 _060213__0166 _060213__0452 _060213__0178 _060213__0221 _060213__0228 _060213__0325 _060213__0384 _060213__0391 _060213__0392 _060213__0393 _060213__0398 _060213__0449 _060213__0422 _060213__0433

« 福島-加瀬沼-大沼 2006/02/05 | トップページ | 県南沿岸 2006/02/18 »

0303 岩手県/種市海岸」カテゴリの記事

コメント

>河原に駐車場

どうも無許可でやってしまったらしく、すぐにこの看板は撤去されました。河川敷はいちおう県有地ってことらしいです。
近くのダムに若干の駐車できるスペースがあるのでそちらを使うのが良いかも。休日なら近くの中学校に置いても文句は言われないでしょうけれど。

なお、本日も午後もまだ長内川に居座っていました。いつまでいるんでしょうね。

投稿: 地元民 | 2006/03/12 23:18

コメントありがとうございます。
久慈に行った際には駐車場も整備されていましたので,安心して楽しませていただきました。m(__)m

>すぐにこの看板は撤去されました。

ボランティアで整備,設置いただいていたのに残念なことです。融通きかないものなんでしょうか。

投稿: yamame | 2006/03/13 06:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105385/8654777

この記事へのトラックバック一覧です: 種市-久慈 2006/02/13:

« 福島-加瀬沼-大沼 2006/02/05 | トップページ | 県南沿岸 2006/02/18 »