« 蕪栗 2005/12/25 | トップページ | 男鹿南磯 2005/12/30 »

2006/01/04

秋田南沿岸 3005/12/29

11:30 曇り時々雪

 秋田の冬鳥をチェックしておきたい。仙台からは月山越えをして酒田から徐々に海岸沿いを北上するのが良い。冬は荒れた鉛色の日本海を見ないことには収まらない。

_051229__02926 _051229__0009  象潟は真ん中の海水浴場(写真左)を挟んで,南側の漁港と北側の浅瀬が広がる湾とがポイントになる。海水浴場もカモメ類が多数集まっているが,冬季はいつも海風が強く,鳥見どころではない。南側漁港では去年と同じ所に去年と同じようにしてワシカモメ(写真右)が待っていてくれた。ピンポイントで同じ所に来ていた。海面にはシノリガモやウミアイサが浮かんでいたが,残念ながら外洋系の海鳥は入っていなかった。

_051229__0059  象潟海水浴場をはさんで北側はウミアイサやヒメウがよく見られるところだ。この日は遠くの波間に見え隠れしており,近くには来てくれなかった。浅瀬の湾にはオオセグロカモメなどのカモメ類のほか,ウミウとマガモ(写真)がどっさりと入っていた。冬は荒れる日本海だが,ここは波を比較的避けられるのかもしれない。

_051229__02916 _051229__02924 _051229__02923  ウミウは繁殖羽になっているものもいた。若鳥と繁殖羽の成鳥(写真左)が混ざって岩にとまっている。湾の中に1羽色合いが他のウと異なっており,何だろうと思って撮影した(写真中,右)が,これってホントに何だろう? 光沢の色が周辺のウとは異なっている。口の周りの模様や背中の光沢の色などから,カワウのようにも見える。

 去年一昨年と大量の打ち寄せられていたブリコ(ハタハタの卵塊)はほとんど見られなかった。カモメ類が咥えているのは目撃していたが,打ち寄せられているものはない。一体どうしたのだろう。

_051229__0246 _051229__02948  ここから北上すると,金浦を経て平沢漁港につながる。平沢漁港は,冬季,カモメ類(写真左)の数が物凄い。宮城県内では見られない光景だ。多分伊豆沼,蕪栗沼にくるガン類の数以上のカモメ類が来る場所だ。この狭いエリアにこれだけのカモメ類が生きていけるだけの豊かな恵みがあるのだろう。11月後半から沿岸に大量に来るハタハタも大きな役割を果たしているのかもしれない。魚体はもちろんブリコ(写真右)も食糧になっているようだ。

_051229__0132 _051229__0182  平沢地区では,一番南側の小さな漁港から北端の海岸線まですべてがポイントだが,今回はまず真ん中の漁港からチェックした。中小型カモメではウミネコが多い。そのほか,象潟ではあまり見られないカモメ(種名)もとても多い。絶好のチャンスなので鉛色の日本海を背景に飛翔写真を沢山撮影(写真)した。この辺ではユリカモメはほとんど見られなく,カモメがユリカモメに相当する位置を占めているのかもしれない。

_051229__0355 _051229__02981  中心の漁港をチェックしてから,南側の空き地に車を止め,防波堤沿いに南端の漁港まで望遠鏡を担いで歩いた。その間,シノリガモやウミアイサなどのほか,アビ(写真左,たぶん・・・)やハシブトウミガラス(写真右,たぶん・・・),ウミスズメの仲間などが波間に多数見られた。特にアビはパラパラと多数浮かんでおり,少なくとも20羽,多分30~40羽いたと思う。一時にこんなに多くのアビを見るのは初めてで大感激だった。ただ,遠いのと波が荒いのとで撮影ができなかったのが残念だった。

_051229__0215  ところで,去年一昨年とブリコ(写真)が象潟から平沢にかけて大量に打ち寄せられていたが,今回は平沢漁港の一部にその片鱗があったのみだった。何年も何年も関係者が苦労して,また,秋田県民みんなが食べるのを我慢して,ここまで回復してきたのに,ちょっと心配になった。それに加え,袋やバケツを持ったブリコ拾いの人間を何人か見かけた。一部の不届き者だが情けなく思う。恥ずかしい。

【観察できた鳥】

(象潟)

トビ,ハシブトガラス,オオセグロカモメ,ウミネコ,オナガガモ,カルカモ,ヒドリガモ,ハクセキレイ,ウミウ,シノリガモ,ワシカモメ,スズガモ,ハシボソガラス,セグロカモメ,マガモ,ウミアイサ,ヒメウ,アオサギ,イソヒヨドリ (17種)

(平沢)

カルガモ,ウミネコ,オオセグロカモメ,マガモ,ハシブトガラス,ハジロカイツブリ,カモメ,イソヒヨドリ,ハクセキレイ,スズメ,シノリガモ,カンムリカイツブリ,オナガガモ,アビ,ハシブトウミガラス,ウミスズメsp,ホシハジロ (15種)

【写真】(左上から,人間じゃないからブリコを拾って食えるウミネコ,カモメ,オオセグロカモメ,日本海&カモメ類,強風に姿勢を低くするウミネコ,海水浴場で海水浴していないカモメ類,セグロカモメ,日本海&カモメ類,鉛色の海のシノリガモ♂,シノリガモ♂♀,突進するシノリガモ♂と必死に逃げるシノリガモ♀×2)

_051229__0003 _051229__0232 _051229__0066 _051229__0096 _051229__02928 _051229__0014 _051229__0023 _051229__0353 _051229__02962 _051229__0282 _051229__0344 _051229__0337

« 蕪栗 2005/12/25 | トップページ | 男鹿南磯 2005/12/30 »

0204 秋田県/象潟-平沢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋田南沿岸 3005/12/29:

« 蕪栗 2005/12/25 | トップページ | 男鹿南磯 2005/12/30 »