« 葛西臨海公園 2005/12/11 | トップページ | 福島市岡部 2005/12/24 »

2005/12/26

伊豆沼 2005/12/23

09:50 雪時々晴れ

 朝,周囲が明るくなってからゆっくりと家を出た。当初は蕪栗に行くつもりだったが,移動中吹雪がひどくなってきたので車での探鳥が可能な伊豆沼に行き先を変更した。途中東北自動車道の通行止めがあり到着がやや遅れた。

_051223__0001  現地に着いたら雪が積もっていたので,ツグミやアカハラが赤い実を食べに来ていないかチェックに向かった。しかし,まだ時期が早かったのかスカだった。獅子ケ鼻からの眺めは一面の氷で氷の上にオオハクチョウたちがいる。望遠鏡で覗くとわずかに水面が出たところにカモ類やヒシクイがぎっしりと溜まっていた。こちら側の水路には例年通りコガモ(写真)とミコアイサが入っていた。

_051223__02247  沼が結氷すれば氷上にオジロワシも期待できる。三工区に回りこんでチェックしたら,いた。去年と同じ個体かはわからないが去年見たのと同じように,同じ所に2羽佇んでいた。遠くて私のデジスコでは限界を超えている。証拠写真のみ確保した。もしかすると飛んだとき撮影チャンスだったかもしれないが,今季初だったのでついつい白い尾羽を見入ってしまった。

_051223__0231 _051223__0179  その後,車で三工区,二工区などを巡回したが,ほとんどの時間帯が雪模様で,晴れ間はわずかだった。しかし,秋田,山形など日本海側は一旦雪が降ったら晴れ間がのぞくことなくず~っと降り続けるが,それを思えば太平洋側に移り住んでホントに良かったと思う。この日は降りしきる雪の中の鳥と冬日が当たっている鳥(写真左ホオジロ,右オオハクチョウ)の両方を楽しむことができた。三工区ではカシラダカがとても多かった。

_051223__02532  途中から体調が悪くなりそろそろ帰ろうかと思ったとき,何気なく沼を双眼鏡で覗いたら,いた。フィールドで「いた!」という言葉を発する時ほど幸せな瞬間はない。他の人はわからないが,「いた!」と言いたい自分が常にどこかにいる。今回はまさか会えると思ってもいなかったので,本当に嬉しかった。初対面のサンカノゴイだった。

_051223__02523 _051223__02479 近くにアオサギとダイサギ(写真左)がいたのだが,比較しても見劣りしないくらい大きい。ヨシに体を半分隠すようにして魚を待ち,捕らえる。水路に接しているせいか魚が多いようで,同じ所にじっとしていながら,見ている間に5匹も捕らえていた。移動せずにじっとしている。この間,吹雪がひどくなってしばらく見えなくなった時間帯もあったが,ずっと同じ場所にいた。

 帰ってからすぐに図鑑を見て確認したが,間違いなくサンカノゴイだった。千葉や茨城でなくても冬鳥として観察できるらしい。しかし,宮城県支部で発行している「宮城県の鳥類分布」によると県内の観察例はまだ少ないようだ。ヨシの中にいることが多いと思うので,大きくても目に付きにくいかの知れない。体色もヨシと同じだ。今回は天気が悪く,また,夕方に近くなって薄暗くなってきたのが幸いしたのかもしれない。

 ラッキー。

【観察できた鳥】

マガン,オオハクチョウ,マガモ,オナガガモ,カルガモ,オオバン,ホシハジロ,スズメ,ハシブトガラス,コガモ,ミコアイサ,モズ,カワアイサ,カシラダカ,オジロワシ,ベニマシコ,シジュウカラ,アオジ,ツグミ,オオジュリン,ハシボソガラス,ミヤマホオジロ,アオサギ,タヒバリ,コハクチョウ,キンクロハジロ,タシギ,ノスリ,ヒヨドリ,セグロセキレイ,トビ,ヒシクイ,エナガ,ハヤブサ,ダイサギ,サンカノゴイ (36種)

【写真】(左上から,雪の中のオオハクチョウ,同じくアオサギ,同じくタヒバリ,同じくノスリ,同じくマガン,雪にワーイと喜んでいるエナガ,よく見ると周囲に足跡がない不思議なオオハクチョウ,大ボラ吹きの友人を軽くいなしているオオハクチョウ,雪を食べたカシラダカ,コガモ夫婦のシンクロ,力強く未来を見つめるコハクチョウ,ひと目を避けたいタシギ,木の枝の向こうのツグミ,ミヤマホオジロをバックにしたヨシ,雪の中のハヤブサ,働けど働けど我がお腹満たされずじっと足を見るハヤブサ,風が作った雪ダルマ,鶴巣亭ラーメンセット)

_051223__0018 _051223__0095 _051223__0065 _051223__02314 _051223__0055 _051223__0106 _051223__0190 _051223__0192 _051223__0010 _051223__02324 _051223__0204 _051223__0098 _051223__02343 _051223__02305 _051223__02423 _051223__02384 _051223__0253 _051223__02244

« 葛西臨海公園 2005/12/11 | トップページ | 福島市岡部 2005/12/24 »

0501 宮城県/伊豆沼」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。
先日は、大変失礼しました助かりました。
伊豆沼行きまであと1月を切りました。
大変楽しみにしています。お天気が心配で
す、又ご連絡します。かぜを、ひかぬよ-に
がんばります。
鹿沼市野澤より

投稿: 野澤和雄 | 2006/01/05 23:13

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

2月にいらっしゃるんでしたね。
幸運をお祈りしています。
東北は記録的な豪雪になっていますが,宮城県はそうでもないです。おかげで本来秋田方面にいるガン類まで南下して来ているようです。伊豆沼近くの蕪栗沼も良いようですよ。

投稿: yamame | 2006/01/06 06:49

2-3日おきにブログ見させていただいております。うらやましいです、いよいよ2月4日が、近ずいてきました、朝9時鹿沼出発約6時間
で当着です、約15名だそうです、幸運を祈りて
そして感動をいただきに。
会の紹介をします栃木鹿沼は、日光の南隣に位置し、人口は、約10万人農業工業木工業
いちご、にらが有名です。皆さん鳥自然が、だいすきです、すばらしい会です。でわ又・・・・

投稿: 野澤和雄 | 2006/01/29 00:06

伊豆沼楽しみですね。15人の大勢でいらっしゃるとのこと。幸運をお祈りします。

ただ,いらっしゃるときは寒さがまたぶり返してくるようなので,車の足回りと防寒着は必須です。耳まで隠れる帽子と厚い手袋も必要です。これがないと朝の飛び立ち観察は辛いですよ。

投稿: yamame | 2006/01/31 07:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105385/7832587

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆沼 2005/12/23:

« 葛西臨海公園 2005/12/11 | トップページ | 福島市岡部 2005/12/24 »