« サイカチ 2005/12/04 | トップページ | 葛西臨海公園 2005/12/11 »

2005/12/14

船橋海浜公園 2005/12/11

09:20 曇り

 土曜日は仕事でつぶしてしまい,この日曜日はミヤコドリを見に出かけた。朝7時頃が干潮なので,遅くとも8時半には現地に着きたい。仙台駅06:00発の新幹線に乗って東京駅07:44着の心づもりだった。ところが,この日はこの便がなく,仙台駅06:04発,東京駅08:24着となり,予定を大幅に遅れてしまった。早く到着する便は土曜日だけだったようだ。いつものことながらおっちょこちょいだ。

_051211__0074  現地に着いたらすでに潮が大分上がってきていた。望遠鏡でくまなく干潟内を見渡すが目的のミヤコドリはいない。もう飛んでいったのだろうか。それでも,干潟内にはハマシギ(写真),ダイゼン,シロチドリ,ダイシャクシギ(ホウロクかも?),ミユビシギなどのシギチが散らばっており,雰囲気はなかなか良かった。同じ干潟にオオバンもどっさり入っていた。

_051211__0061 _051211__0085  さらっと見渡したら,蒲生で見慣れた飛び方のカモメがいた。ズグロカモメだ。ミヤコドリに会いに来て,蒲生にもいるズグロカモメに会ってしまった。谷津干潟でも観察されているようなので,この付近に複数羽来ているのだろう。蒲生にいるのは成鳥1羽だが,ここには,成鳥1と若鳥1の計2羽(写真左)いた。若鳥(写真右)は飛んでいると尾羽の先の黒いふちが目立ち,また,降りると翼に茶色い部分があるのが目立つ。大好きなカモメなので,我を忘れて撮影してしまった。

_051211__02075  ゆっくりと北側堤防まで歩き,堤防の向こう側を覗き込んだら,そこにスズガモの大きな群れがいた。この辺りはスズガモが多く,まとまって飛ぶと壮大で見ごたえがある。岸に近いところではヒドリガモもいた。目の後ろがかなり緑っぽい個体も何羽かいたが,条件が悪かったので撮影しなかった。カイツブリ類も期待して探したが,ここでは見つけられなかった。周辺にいてもたまたま会えなかっただけだと思う。

_051211__02069  堤防にとまっているカモメを見ると,ユリカモメとセグロカモメが主体だった。東北ではオオセグロカモメがほとんどでセグロカモメは少数派だが,こちらではオオセグロカモメの方が少数派だ。私の方はセグロカモメの群れをあまり見たことがないのでこれだけで嬉しくなってしまう。セグロカモメの群れのなかには足の色が肉色のセグロカモメもいた。他のセグロカモメとは明らかに色が異なっていた。来るたびに足の色が違うセグロカモメと出会うので,ここではそんなに珍しいものではないかもしれない。

 今度はじっくりと干潟のシギチたちを観察しようと思ったら,何とすっかり潮が満ちてきて,干潟が隠れてしまっていた。ショック。さっきあれほど沢山いたシギチはすっかり姿を消している。そういえば,目の隅で何度もハマシギの群飛を見かけていた。

 これ以上ここにいても仕方がない。谷津干潟に行こうかとも思ったが,今の時期出会える鳥は大体予想できる。そこで,ミヤコドリに会える可能性もある葛西臨海公園に向かった。結局三番瀬には2時間もいなかった。

【観察できた鳥】

ハシブトガラス,スズメ,ハマシギ,ダイシャクシギ(ホウロク?),オオバン,シロチドリ,ダイゼン,オナガガモ,ヒドリガモ,ズグロカモメ,セグロカモメ,ミユビシギ,スズガモ,カモメ,ウミネコ,ウsp,タヒバリ,ウミアイサ (18種)

【写真】(左上から,足が黄色でもピンクでもないセグロカモメ,ハサミムシをはさんだタヒバリ,ハマシギの色っぽい喉とお腹,ミユビシギの艶っぽいうなじ,ズグロカモメ4態)

_051211__02074 _051211__02083 _051211__0071 _051211__02037 _051211__0064 _051211__0046 _051211__0079 _051211__02064

« サイカチ 2005/12/04 | トップページ | 葛西臨海公園 2005/12/11 »

1201 千葉県/船橋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 船橋海浜公園 2005/12/11:

« サイカチ 2005/12/04 | トップページ | 葛西臨海公園 2005/12/11 »